このページは、共通のメニューを読み飛ばすことができます。直接本文をご覧になるかたは「このページの情報へ」というリンクをクリックしてください。
サイト共通のメニューへ
このページの情報へ

院長ブログ

  • 味噌汁のみたいわ めっちゃ

    休日はたまに自分で料理したりします。

    外食行くにしても、不特定多数の他人のいる環境では感染症リスクもありますから、やはり自宅にいるのが良い。

    手抜きの度合いに応じて、手ごろなものが売られているのも良いですね。

    たとえばチャーハン食べるにしても、1)炊いたご飯、焼き豚、ネギ、卵と食材をそろえて作る方法

    から2)ごはんは、パック米、調味料はチャーハンの素を使うなどして、一部を手抜きする方法

    から3)冷凍チャーハンを買ってきて、家ではレンジでチンするだけ

    まで手抜きの度合いによっていろいろあります。

    レシピといえば、かつて海外に滞在していたとき、私は現地の人にウケる日本食を作ろうと外国人にもわかる日本料理の本を現地で買いました。英語圏の人の書いた、「Cooking Japanese(日本料理の作り方)」の本です(写真)。

    写真がきれいなので、まだ保管しています。

    西洋人の目で書かれた日本食の料理本だけに、日本人の私が読むと、けっこう面白い。

    do’s and dont’s of japanese etiquette(日本料理のエチケット)」というところを読むと、

    「新しい割り箸や竹の箸を使うときはそれらを二つに割り、片方の箸でもう片方をこすって木のトゲをこそぎ取るようにすべし」と書かれている。

    これって、悪いマナーじゃなかったっけ?

    「熱い茶やスープ、麺類をすするときにチュルチュル、ズルズルと音を立てるのはアクセプタブル(acceptable:オーケー)である。

    これは味わっているというサインであるし、熱いものを冷ますためである」

    日本人は何気なくズルズルとラーメン食べるけど、あれって西洋人は気にするようですねえ。

    この本には、日本人がよく食べる、寿司、刺身、味噌汁、そばの作り方が

    載っていますが、名前の訳し方が面白い。いくつか紹介すると

    ツナ・ロール(Tuna rolls)」は「鉄火巻き」

    ということはある程度想像がつく一方

    「いなり寿司」は「seasoned tofu pouch調味された豆腐の袋)」

    と直訳される。

    なんのこっちゃ?という感じである。

    「煮込みうどん」は「individual udon casserole」である。

    キャセロールは聞いたことあるが日本育ちの私は知らない。

    「thick omelette」と書いてあるので

    日本料理でもオムレツを作るのか、と思ってよく見たら

    厚焼き卵」のことでありました。

    「お好み焼き」は「savoury pancake」と訳されている。

    直訳すれば「風味のあるホットケーキ」になります。

    ここの作り方には

    「アオノリは河口や湾の岩の上に成長する藻類から作られ、これを乾燥させ粉末にしたものが売られている」

    と説明がされている。レシピーを読みながら、

    (こんなもん、食うのかよ!)

    と顔をしかめている読者の顔が想像されます。

     

    岡崎体育のヒット曲「留学生」の歌詞で

    「I messed up ,should’ve known last time I met ya (君に会った時にバカなことして後悔してる)」

    が「みそしる飲みたいわ めっちゃ」と聞こえるのが笑えます。

     

     

  • 男性の助産師

    今、私のクリニックに助産師実習の学生が来ています。

    その期間にお産がありそうな妊婦さんに、協力のお願いをしております。

    ある日一人の妊婦さんが、「前別の病院でお産した時に、男性の助産師実習の学生にあたりましたよ」と教えてくれました。

    男性の助産師は、日本では、まだいません。(外国(オーストラリア、イギリス)では存在しています)

    産婦人科の医者に男性がいるんだから、助産師も男性がいていいだろう。

    nurse_man2_shock男性の職場に女性が進出しているんだから、女性の職場に男性が入っても・・・

    という意見もあります。実は20年以上前から議論されています。

    保育士のように、男性ばかりだった職場に女性が入っていくことはよく話題になりますが、しかし「助産師」の学校では、男女応募可能とうたっているにもかかわらず、入学試験で男子学生は合格させてもらえないそうです。

    男性の産科医である私から見ても、男性の助産師はちょっと大変かも・・・と思います。

    助産師の仕事はお産だけではなく、授乳の指導でおっぱいの形を見たりマッサージしたりとか、悪露(産後のおりもの)の交換でナプキン見たりとかするので、産婦さんが嫌がるんじゃないか。

    ただ、お産に興味を持つ男性は、一定数いると思います。

    今まで私が他の病院で働いてきた中でも助産師実習をする男子 看護学生を数人見たことがあります(チャレンジャーだなと思いました)。

    夫や、時に子供が立ち会って臨む「立ち合い出産」が増えてきている昨今、お産(分娩)を扱うのは女性助産師だけと規定しているのも、時代が変わると考え方も変わるかもしれません。

    ちなみに11月19日は「国際男性デー」だそうです。

    メディアではやたらと「男らしさ」「女らしさ」を」強調したり、トランスジェンダー云々の議論をしています。

    産婦人科医をしている男性の私としては、(お客さんからの希望でいうとデメリットはありますが、)普段の生活の中で私自身がデメリットを感じることは全くありません。

    男とか 女とか、どっちでもいいじゃん。

    という意見は今は受け入れられないのでしょうか。

     

     

  • イモ掘った

    私の趣味で畑で作っていたイモ。

    今年は大きいのが獲れました。

    イモホリ日和でした

    私のクリニックに持っていって、食材に使ってもらっています。

     

    クリニックで出た食材の廃棄分は、生ごみ処理機で乾燥させた後、私の畑に軽トラックで運んでいって、肥料の足しにしています。

    うまくリサイクル。

    サツマイモは「飢饉の作物」といわれ、やせた土地でも育ち、病気にも強い。私のような初心者でも簡単に栽培できます。

    ビタミンCと繊維質が豊富で、美容と健康に良い。

    意外とカロリー低いのでダイエット志向の人にもお勧めです

    さて、磐田は干しイモもよく作られています。冬場には「遠州のからっ風」が吹くのでイモを干すには都合が良い。

    さつまイモをゆでて、スライスしたものを天日で干したものが、干しイモです。

    できたてはもっちりやわらかく、食べると噛みごたえがあってほんのり甘い。

    乾燥すると固くなりますがちょっとあぶったり、レンジで暖めるとさらにおいしい。

    中途半端に乾いているとカビが生えやすいので、スーパーで売られているものは乾燥材が入っていて価格も割高になりますが、できたてのものを食べられるのは幸せです。

    私も仕事の合間、ちょっと小腹がすいたときにかじっています。

     

    ただしイモを食べた後は、オナラも増えませんか。

    オナラをして恥ずかしいシチュエーション、いろいろあります。

    あなたは経験ありませんか

    1.静かな本屋さんで立ち読みをしていて、ブッと音のするオナラをする。

    2.自分一人で乗ったエレベータ内でオナラをしたが、その直後に容姿の美しい異性が乗り込んでくる。

    3.友人の子供を抱っこした時に、音の出るオナラをした。

    「いやー大きな音させるね、この子は」と、責任を人になすりつける

     

    私は。。。。。どれも経験しています

    土の中で固く抱き合う二人

    土の中で固く抱き合う二人

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    お互いを愛して一生を遂げる 人参カップルです

    お互いを愛して一生を遂げる 人参カップルです ハメハメ人参カップルと名付けました

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ちゃんと間引きしなかったのでこんな結果になってしまいました。

    ちゃんと間引きしなかったのでこんな結果になってしまいました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  • インフルエンザとシャツ

    インフルエンザワクチンの予防接種のシーズンです。

    今年は「ウイルス」「ワクチン」に敏感な人が多いのか、お問い合わせが多いです。

    妊婦さんもぜひ打ちましょう。昔は「妊婦はうたない方がいい」という考え方でしたが、最近は「妊婦もうったほうがいい」となっています。

    「インフルエンザワクチン」という名称が長ったらしいので、業界では「インフル」とか「フルワク」と呼んだりします。

    昔アメリカにいるときに

    おまえ古シャツ持っているか

    と聞かれて、最初何のことかわからなかったのですが

    インフルエンザのワクチンを打ちましたか」という意味と後でわかりました。

    米語圏では「インフルエンザワクチン」のことを「Flu shot (フルー・ショット)」と言います。

    Flu shotが「古シャツ」に聞こえたのです。

    シャツにまつわる笑い話ですが、1970年代、日本人がアメリカに入国するときに検疫でこう聞かれたそうです

    おまえカラーシャツ持っているか?

    サラリーマンのその人は、背広とワイシャツだけで、色のついたシャツはなく、変なことを聞かれたとおもったのですが、

    「コレラのワクチンを打ちましたか」という意味だったそうです。

    コレラ(Cholera)ワクチンをCholera shot(コレラ ショット)と呼び、「カラーシャツ」と聞き間違えたとか。

    シャツと言えば、最近 私「ヤバいTシャツ屋さん」のCDを買ったのですが、「Tank top of the world」などの歌詞を聞いていると、昔「ランニングシャツ」と呼んでいた、肩の出たシャツは今では男も女も「タンクトップ」と呼ぶと気づきました。

    私、「ランニング」は男性が呼ぶ呼称、「タンクトップ」は女性が呼ぶ呼称と思っていました。

    ヤバTは結構笑えます!

    好きなバンドです。

    下半身に目を転じると、「ズボン」「トラウザー」「スラックス」と男性が呼ぶところの衣類を、女性は「パンツ」と呼ぶのだ、と医者になってかなり年数が経つまで信じていました。

    産婦人科の専門医になって、「ぱんつ」は(一般の男女にとっては)同じものを指すことがわかりました。(ファッション雑誌の「pants」はおそらく別世界のものだろう)

    産婦人科の診察をするときに、昔は「下ばきをお取りください」とか、あいまいな表現をしていましたが、最近では「ぱんつ脱いでください」とダイレクトな表現です。

     

     

  • 学会場にて

    今がチャンスだ! 子宮頸がんワクチンを知ってもらおう!

    私は久しぶりに学会発表をしてきました。三島まで行ってきました。

    コロナウイルス感染症の影響で困っている人もおりますが、

    「ワクチン」とか「PCR」などの一般には耳慣れない言葉が広く認知されているこの時こそ、女性の命に重要な子宮頸がんワクチンを知らしめるチャンスじゃないか、

    という演者の熱いメッセージを会場で感じてきました。

    ここ最近はオンラインの学会が多かったのですが、私が出席したこの集まりは若い医師の発表の場として、リアルで質疑応答に慣れてもらいたいという趣旨で、オンラインではありませんでした。

    リアルの良いところは、休憩時間に知っている先生と交流できることです。

     

    「よお、久しぶり、今どうしてるの?」

    という会話があちこちで聞かれます。

    同年代の知り合いの先生とは、久しぶりに会えて楽しいのですが、嫌いな人に会ってしまったりすることもあります。

    以前の学会の時ですが、私、トイレの中で、バッタリ以前の上司に会ってしまったことがあります。こわもて上司。

    コロナ以前から、男性用の小便器に立つときは「一つおきの法則」があって、お互い離れて立ちます。

    オシッコをしにトイレに入ったとき、苦手だった自分の元上司がオシッコしている所に自分が来てしまうと気まずいものです。

    「きょっ、今日はいい天気ですねえ」

    「ああ・・・」

    なんてその場の会話を取りつくろって、ひたすら自分の〇〇〇に目を落とす。

    さらに気まずいのは、後から入った自分が上司より先に放尿を終わらせてしまうこと。

    年を取ってくると前立腺肥大になるのかオシッコを出し終えるのに時間がかかる

    だから、どうしても若い自分の方が先にオシッコし終わってしまう。「お先に失礼しまーす。」なんてさっそうとトイレから出て行くわけにもいかないし

    「先生、出し終わるまで付き合いますよ」なんて言えないし、変にドギマギしてしまうのです。

     

     

  • 髪を切る

    最近、私の髪の曲がりのクセが強くなって、見苦しかったのですが、本日髪を切ってもらい、スッキリしました。

     ららぽーと磐田に「1200円で散髪 15分」という店ができてからはそこにばかり通っています。

    予約の必要なく、すぐにカットしてもらえる。なんといっても安い

    クセ毛の私は、いずれ髪がはねてしまうので、とにかく切ってさえくれればいい。

    カットはしたものの変わった印象はない

    カットはしたものの変わった印象はない

    さて、今までにあちこちの店で髪をカットしてもらったことがありますが

     初めての美容院や理髪店は入るとき勇気がいります。

    昔の話ですが 海外に出ることの多かった学生の頃、好奇心からあちこちの国で散髪してみたことがあります。

    顔ぞりの最中に頚動脈を切られて金取られたらどうしよう、
    なんてビビりながら、おそるおそる店に入る。

    コトバが通じない場所もありましたが、床屋らしい店に入ってジェスチャーで

    髪を切るしぐさをすれば、世界のどこでも大丈夫です。

    床屋の値段も国際比較すると面白いです。

     オーストラリアのシドニー滞在中に寄った床屋は12豪ドル

    (約1000円)だいたい予約が必要でしたが、予約なしでもやってもらえました。

    この時、金髪の欧米人でも、茶髪に染める人がいることをはじめて知りました。

    1997年アメリカのアトランタ滞在中に散髪をしたことがあります。

    このとき近所の安そうな床屋に入って7ドル(約800円)でした。

    「外国で髪を切ってもらうのって、緊張しますよ」

    と黒人の理容師のオバサンに言ったら、おばさんは、面倒くさそうに

    「宗教上、女性に髪を触られたことがない男性客がいたわね、まあ、たいしたことないけど」

    と適当に相槌をうってくれて、ザックザクと私の髪を切ったのでした。

    2009年旅行中にドイツのベルリンの表通りの店で散髪した時は

    10代の若いお姉さんが「私英語わからないから」とか言いながら、

    コワゴワ私の頭をいじってくれましたが1600円程度。

    インドネシアのジャワ島で行った床屋では日本円にして約200円でした。

     おしゃれなおねえちゃんがラジカセのBGMの音楽にあわせて体を揺らせながらカットしたのが印象的。

     国や文化が違っても、「髪を切る」という本質は驚くほど共通でした。

    散髪から世界が見えます。

      コトバがわからなくても、散髪屋にお客が入ってくれば、何をしたいかはわかるわけで、「サカナを売ってくれ」などという人はいませんよね。

  • よい睡眠 悪い睡眠

    超一流スナイパーのゴルゴ13。私も愛読したコミックですが、主人公は世界をまたにかける狙撃の名手。依頼された仕事は100%やりとげる。

    主人公は敵に拘束され、拷問にかけられても決して口を割らない。

    拷問にもいろいろ種類があって、ムチでうたれる。逆さ吊りにして水攻めにされる、ヘッドホンから大音響を流す、などのいろんな拷問が出てきます。

    眠らせないのも拷問の一つとわかったのは、仕事で私の睡眠時間が少なかった時です。

    拷問でした。

    私も日中頭がぼんやりして、感情も高ぶってしまい、マルチタスクの仕事ができません。

    ネコまくら 気持ちいいです

    ネコまくら 気持ちいいです

    よい眠りを確保したいものですね。

    さて、当クリニックには、中年以降の女性で「眠れない、困った」という方も多く来ます。女性ホルモンが低下すると、不眠や頭痛、めまいなどの症状が出ることもあります。

    またホルモンの影響なくても40代から50代 60代と年齢が上がるにつれて、徐々に必要な睡眠時間は短くなってきます。早めに布団に入るのはベッドで目が覚めている時間が長くなり睡眠の効率が悪くなってしまいます。

    できれば薬など使わず良い眠りを確保したいもの。

    良い眠りを導くいくつかの心得があります

    1.毎朝同じ時刻に起床。朝日を浴びて体内時計のリズムを整える

    2.午後3時頃までの軽い昼寝は良い

    3.夕食前後に軽い運動をする、寝る直前の激しい運動は避ける

    4.夕方からのコーヒー等のカフェインは控える

    5.夕食は寝る前3時間前までに済ませる

    6.アルコールは入眠効果はあるが、睡眠の質が悪くなる

    7.寝る前のスマホ パソコンは避ける

    8.熱くない入浴

    9.寝室は寝る目的だけに使い、眠くなってから布団に入る

    などを守ることで良い睡眠につながります。

    さて、どんな拷問にも耐えるゴルゴ13ですが、いろんな拷問の中で、マンガでは絶対に出てこない(であろう)拷問があります。

    指を切断する拷問です。

    これをやってしまうと、ゴルゴの続編が描けなくなります。

     

     

     

     

     

     

  • スクワット・・・仕事で 自宅で

    最近私の見る動画でハマっているのが筋トレ

    筋トレしていると前向きな気持ちになります。

    自宅でスクワット。ジョギングと腕立て伏せはルーティン。回数は?恥ずかしくて言えません。

    コロナのご時世、ジムに通わなくても、自宅でできる自重筋トレが流行ってます。

    ウンコ座り、相撲のシコ、ヤンキー座りに共通する人間の基本動作の一つです

    とにかく体を鍛えたい、だけど何からやったらいいの?という方にはまず「スクワット」をお勧めします。腸腰筋や大腿四頭筋など、生活を維持していくための重要な起立筋の筋力維持になります。

    量については、人それぞれでいいと思いますが、大事なのは継続できること。一度に負荷をかけすぎてイヤになっては元も子もありません。

    自宅から勤務先まで、あえて歩く、とか、職場の診察室でも、患者の呼び入れを付き添いのスタッフに頼まないで、自分で椅子から立ち上がって呼ぶとか、仕事の中にも体を動かす要素を入れて、筋力維持に努めています、

    私は産婦人科医として、膣の中を見る内診という診察を日々していますが、実はあれ、医者にとっても負担が大きいのです。カーテンの向こうでやっていることなのでご存じないかもしれませんが。

    膣鏡というもので、子宮の入り口を観察する。膣の大きさも人によってさまざま。痛くないように、そおっと入れる。片手で膣鏡を持っている間、中腰。膣鏡を持つ手は絶対にぶれてはいけない。最小限の時間で済ませる。

    その姿勢で、体をねじって、背後から、スタッフの差し出しているピンセットやら、細胞採取器具を受け取る。やってみたらわかりますが、けっこうキツいです。

    子宮内膜細胞診で器具がうまく入らなかったりすると結構きついんですけど、このキツさ、誰もわかってくれません。

    つま先立ちしてかかとにお尻をおろす「蹲踞」の姿勢もとりますが私は身長が高いので体を曲げる角度が大きい。

    他の先生はたぶん、膝をついて状態を支えるとか、椅子を出してもらって座るとかしているかもしれません。

    大事なのは、患者さんにとって負担を感じない診察ですが、もっと私が年とったら、こういう中腰の診察は難しくなるかもしれません。

     

     

     

  • 風呂が気持ちいい季節

    寒くなってきましたね。

    夏は体あらうのもシャワーだけでしたが、今月に入って浴槽にお湯を入れて入浴するようになりました。

    あたたかい湯につかるのは気持ちいいですね。深部体温が下がるので入眠しやすくなり、寝つきも良い。

     

    お産をあつかうこの業界でも、浴槽に入ってのお産が話題となった時期がありました。水中出産といいます。

    赤ちゃんはもともと水の中で暮らしていたので、産まれてからも水中のほうがリラックスできるのではないか、と考え方で一時流行したことがあります。

    私も水中出産した経験者に話を聞きにいったことがあります。自宅の風呂でお産をしたそうです。

    妊娠中は助産院に通院していて自宅で助産師の介助のもと出産する予定でしたが、陣痛が来て自宅の浴室で産まれてしまった、とのことです。

    お産のスタイルのひとつとして、興味はあります、安全かどうかは? 私もわかりません。

    10年ちょっと前までは、産まれた赤ちゃんを「産湯につける」行為は当たり前のこととされていました。昔の映画では、奥さんが産気付くと「早く湯を沸かせ!」というセリフが当たり前でした。

    新生児の急激な体温変化を避けるため、「産湯(うぶゆ)」を行う産科はもうどこにもありません。乾いたタオルで軽く拭くのが正しいとされています。親の世代と今では「標準」とされることも違っているので、お母さん方も口を出していいのかどうか迷うと思います。

    さて、生まれて間もない子供は羊水の中にいたときのことを覚えているといいます。こういう話はネットでよく出ていますが、本当でしょうか。

    子供が育って言葉を使い出す頃に、一回だけ、自分の生まれた時の記憶を話す、といいます。

    一回しか話さないそうです。

     

    さて私事ですが、10代の頃、自分は、お風呂でおぼれる夢をよく見ました。

    きまって試験の前に見る夢でした。

    溺れてしまう風景がありありと思い出されるのですが、そういう場合には試験の結果は良いのでした。

  • 秋とテストステロン

    秋も深まってまいりました。

    秋といえば男性には抜け毛の多い季節。

    男性ホルモンとして知られるテストステロンも一年のうちで秋に一番分泌量が増えるそうです。

    秋には食欲が亢進し、筋肉量も増えますが、このホルモンのおかげです。

    女性の体にも男性ホルモンがあります。男性と比べると量は少ない。

    病院に来る女性で更年期障害に悩むうつ症状の人に産婦人科ではホルモン補充療法を行ないますが、   この時、男性ホルモンが少し入ったホルモン剤を注射すると、見違えるように元気になる人もいます。

    女性の体の中での男性ホルモンは病的に多いとやはり問題になります。

    卵巣の働きがうまくいかないために起こる PCO(多のう胞性卵巣)症候群はテストステロンが上昇しますが、同時に 生理が止まったり、多毛症になったり 不妊症を引き起こします。

    hage

     

     

     

     

    話は変わりますが、

    20代の頃、同僚の医者で毛が薄いのを気にしている男がいました。

    彼は神経質な男で、つねにビクビクしているのでその精神的ストレスが彼をハゲにしていると 私は思っていましたが、

    そんな気苦労の多い彼を気遣ったのか、からかったのか 仲間が寄って来て、お酒を飲みながら彼をなぐさめる会を開こう、ということになりました。

    参加者は私の周囲の酒好きの人ばかり数人。   街の居酒屋に全員が集まると、幹事が

    「今宵は**君を励ます会を開きましょう」と言いました。   その後、みんなは口々に

    「**くんをはげ・ますですね」 と言う。

    「はげ」と「ます」の間に、ワザと一呼吸置くので   「ハゲ・増す」会である。   みんな勝手に酒を飲んで盛り上がりましたが、酔うと彼を気遣う人は誰一人おらず、

    薄毛で気弱な彼は居酒屋の隅で小さくなっていました。

    こないだ彼に久しぶりに会ったら、彼の頭は以前と違って フサフサだった。

    どうもカツラをつけはじめたらしい。   イキイキしていた。

     

    とってもハゲまされた。

  • 診療予約
  • 採用情報
  • ブログ
アクセスマップ

〒438-0002
静岡県磐田市大久保896-39

診療時間

9:00~12:00 15:00~18:00

水・土は午前のみ/日・祝は休診

アクセスマップ
ページの先頭へ
トップに
戻る