このページは、共通のメニューを読み飛ばすことができます。直接本文をご覧になるかたは「このページの情報へ」というリンクをクリックしてください。
サイト共通のメニューへ
このページの情報へ

院長ブログ

  • シロウト考え

    膣(チツ)の中になにかデキモノができている、と心配になってクリニックに来た人がいました。

    本人の自覚症状はないが、夫に指摘されたのだそうです。

    私が診察で膣の中をみると、普通の子宮の入り口が見えていました。 子宮の入り口は、膣の奥で盛り上がっているように指で触れるので「なにかできている」と思ったのかもしれません。

    「陰部がかゆくて、市販のフェミニーナ軟膏塗っていたけど良くならない」と言ってクリニックを受診する人も時々あります。カンジダ膣炎だったり、イボだったりと、市販の軟膏では効かない原因があったりします。

    更年期症状と思っていたら、甲状腺の病気だったとか、陰部がむくんできたので婦人科にかかったが、実は心不全が見つかったとか、私の患者さんで私もいろいろ経験しましたが、「シロウト判断」はいけないでしょうか?

    ケース・バイ・ケースだと思います。

    私は医療には一般の人より知識がありますが、その他についてはシロウトです。周りは女性スタッフばかりで、機械類のトラブルにあまり詳しい人がいないので、機械の故障はまず自分でなおそうとします。クリニックの設備の故障や修理も、自分の力でなんとかなおそうと試みますが、シロウトだから手を出さない方がいい部分もあります。ベッドやテーブルの塗装をやりなおそうとして、シロウト考えで削ったり余計に塗料をつけたりして、逆に汚くなってしまったこともあります。客室のドアのノブの動きが悪いのでシロウト考えで「KURE 5-56」という潤滑油をスプレーしたら、後で建具屋さんに「余計なことするから直しにくくなった。シロウト判断しないで、ここは私たちに任せて」と怒られました

    今日は、窓が閉まらなくなるトラブルが発生。火災などの時の非常用の排煙窓ですが、このところコロナ感染症の予防のために頻繁に開け閉めするようになりました。もともと頻繁に開け閉めするために作られていないのか、今日は母親学級の後で開いた窓が閉じなくなってしまいました。

    窓が閉まらなくなりました。自分で直そうとしたらドツボにはまりました

    いつもならガシャガシャハンドルを動かしているうちに、回るようになってくるのですが、今日は開いた状態から閉じるための回転ハンドルが1ミリも動きません。修理を依頼するくらいなら、自分でやってみよう、と思い、ドライバーを持ってきてハンドルの周囲に見えていネジを外しました。すると意外とアッサリ表面のケースが外れました。中に据えられている金属のワイヤを巻き付ける器具の部分がありました。さらに中に出ているねじを外していくと・・・

    ビヨーンとスプリングが飛び出して来て、金属の部品がバラバラになって、床に飛び散ってしまいました。

    ああ、大変なことをした、シロウトがこんなことをするんじゃなかった・・・

    修理のために建築屋さんを呼ばないといけないけど、それまで、雨降って開いた窓から水が入ってきたらどうすんだ、はぁ~

    悲嘆に暮れていましたが、考え直して、他の場所にある防炎窓のハンドルのところに行って、バネが飛び出ないように今度はゆっくり外してみることにしました。

    そうすると、バネが飛び出す前の状態が確認でき、元の状態に戻す手がかりを得ることができました。

    床に散らばった部品を集めて、最初の状態におさまるように慎重に戻していくと、なんと幸い、ハンドルが動かなくなった前の正常な状態に戻りました。

    結果論でいえば、シロウト考えでなんとかなってしまったのですが、シロウトがやってみていいのかどうか、本当にケースバイケースだと思いました。

  • 日曜日はボートに行こう

    日曜日はボートに行こう

    と言っている人がいたので、ボート・レースつまり競艇に行くのかと思い、(選挙の日にギャンブルなんて)と思っていたら

    Vote(ヴォート:投票)に行こう、でした。

    私自身は今まで政治にあまり関心を示してきませんでしたが、投票自体はちゃんと行ってました。投票率が低いといわれますが、行くきっかけがないからだと思います。私は政治のことよくわかりませんが、行かないと罰金とか、行ったらポイントたまるとか、なにかあったほうがいいと思います。

    今回の選挙にも面白そうな人、いろいろ立候補していました。

    NHK党って、もともと「NHKをぶっ壊す党」とかいっていましたが、「NHKを守る党」と間違えられませんか。たしかに受信料の徴収の仕方に文句のある人は、私だけではないことはよくわかります。

    ガーシーって誰? よくわからないけど私芸能人にはうといのでとりあえずパス。

    今回の選挙戦では、安倍元首相が撃たれるという悲しい出来事がありました。 私も意外なことに、自分の親戚が死んだくらいの喪失感を覚えました。

    英語の国際ニュースでは、「Electionのキャンペーン中に撃たれた」と報道されていましたが、ちなみに投票日のことを英語でElection dayエレクション・デイ」と言います。

    これも日本人はまちがえやすいのですが、日本人が発音すると「(Erection day)」

    と発音されてしまうことが多いとか。erectionとは「(男性器が)硬くなる」ことを意味するので

    Erection dayとは

    「勃起の日」ということになってしまいます。

     

     

     

  • 電話と電気は止まったら困る

    停電がありました。

    本日、局地的な雷と豪雨があり、うちのクリニックは10分ほど停電になりました。

    数十分前まで真夏の暑さで青空が広がる天候だったのに、いきなり雷の落ちる音が近くでドドド~ン、ドド~ンと散発的にあり、いきなり停電。

    その後すぐ非常用照明が点灯と発電機のエンジンがかかるゴォーッという音がして、あちこちの電子機器が電源が切れたアラーム音を流していました。

    私のクリニックは電気が来なくなると困るので、非常用電源があります。停電になると同時にディーゼルエンジンが稼働して発電します。

    軽油の非常用発電機はすぐ作動するのですが、一回の給油で6時間程度しか稼働せず分娩室と手術しか電気供給しません。そこでガス発電機も使えるようにしています。容量が小さく、院内すべての電源を賄えませんが、ないよりましです。

    うちみたいな産婦人科の医院ですと、入院している人の食事やトイレの問題があり、保育器や胎児心拍モニタ、黄疸の治療器、薬の入った冷蔵庫など医療機器を動かすだけの電力が必要になります。タンクに水を供給するポンプも動かないのでシャワー用の十分な水が使えません。

    電子カルテなので、急に止まったら困るサーバーはいくつかのにはUPS(無停電電源装置)を入れています。

    「最悪××になる」という「最悪」をいくつか考えておかなければいけません。

    電気もないと困るのですが、インターネットもつながらないと困りますね。

    4日前に某通信会社の障害があって3900件に影響が出たとニュースがありましたが、人体でいえば神経のようなものです。途切れては困る。

    うちでは電子カルテのデータは(オンプレミスで)院内に保管しています。電子カルテの種類によっては、サーバー上に患者データを保管しているものがあるのですが、通信障害や漏洩(ろうえい)が怖くて、とても採用する気になりません。

     

    「なくしてわかるありがたさ 親と健康とセロテープ」

    というキャッチコピーがセロテープの工場に書かれているのを、新幹線の三河安城駅の近くで窓から目にした人はいませんか。私このコピー好きなんですけど

    今回の停電は

    「なくしてわかる ありがたさ 親と健康と 電力供給」

    です

  • 頭痛

    今日は頭痛がひどかった。

    私は頭痛で困ることは、普段あまりないのですが、一定の条件が重なると出るようです。

    本日早朝5時代に分娩が一件あり、私が自宅を出てクリニックに出向き、お産に立ち会ったのは、いつものことでしたが、8時から年に数回ある私の地域の資源回収(廃品回収)があり、当番なので出席。

    私のクリニックで出産されたお母さま達も資源回収に来ているので、ダラダラした格好は見せられないと(Tシャツのラフな格好でしたが)新聞・雑誌の回収に奔走。

    作業の途中で、緊急帝王切開の呼び出し。こんなことは2カ月に一回あるか、ないかの頻度ですが、作業の途中で一人その場を抜けるのは、やはり気が引けるものです。

    緊急手術なので、スタッフをそろえるのに気をもんだり、手術中トラブルがないように気を使ったりと、気疲れしました。

    手術が終わるころになって、頭の芯から「ズン・ズン」とひびくような頭痛。手術が終わったころには、吐き気も感じるほどに。体もだるくなって、立っていられなくなり、私が必要な部分が終わったら、待機室のベッドで横になって、寝込んでしまいました。

    数時間後、意識が戻ってくると、外は雨の音。朝は曇り空でしたが、台風が近づいているんでしょう。

    ああ、低気圧で悪化する頭痛だな、と納得しました。心身のストレスもあり、悪化したものと思われました。

     

     

    さて

    頭痛の種類はいろいろあり、比較的頻度の高いものに「血管性頭痛」があります。「片頭痛」は若い女性に多く、目がチカチカするなど前触れの症状があります。生理前に悪化する人もいる。「群発頭痛」は男性に多く、夜間に起こることが多いです。また、「筋緊張性頭痛」も良く見られる頭痛の一つで天気が悪い日、睡眠不足、精神的緊張から起こることもよくあります。

    神経痛、緑内障、副鼻腔炎(蓄膿症)、虫歯などからも頭痛が起こることがあり、一口に頭痛といっても原因はいろいろあります。

    妊娠の初期にも頭痛を自覚する人は結構多いです。

    軽度の頭痛であれば、アセトアミノフェンが良いですが、バファリン イブ セデス ノーシンなどの市販薬も短期的には問題ありません。

    さて、若い年代にはまれで高齢者に多いのですが頭痛の原因に「慢性硬膜下血腫」という病気があります。

    本人も大したことはないと思うような、たとえばクルマに乗るときにコツンと頭をぶつけた程度の打撲でも発症することがあります。

    症状の出方がゆっくりで、頭痛の程度も軽いことがあり老人なんかでは認知症と間違えられて見逃されることもあります。

    現在ではCTで簡単に診断がつき、手術によって非常によく治ります。

    ちなみに、脳外科の専門医の間では「慢性硬膜下血腫(まんせいこうまくかけっしゅ)」のことを、略して、「マンコー」と呼んでいます。

    総合病院の医局のカンファレンスで脳外科の専門医たちが

    「このマンコー、大きいなあ」

    と真剣な顔で議論しているところに居合わせた私には、なぜか耳障りに聞こえてしまうのでした。

  • 暑さの記憶

    このところ暑いですね。35度を越えた地域も多数。

    さて、私が今までの人生で経験した中で、最も暑かった外気温は40度でした。(サウナは除く)

    2002年にアフガニスタンにいた時です。

    私たちの活動拠点の診療所は砂漠の中にある集落のようなところで、やってくる男性患者の95%は農家。

    日陰のない屋外で一日中農作業をしているせいか、太陽に当たりすぎた熱中症の患者が多かったです。

    40度を越える猛暑でも、農民は長袖の服を着ている点が日本と違うのですが、

    カラカラに乾燥している地域では直接皮膚に太陽が当たらないほうが涼しいのです。

    診療所の患者の中には、真夏なのに、日本の冬のドテラみたいな厚い服を着ている人がいます。

    脱水の治療の前に、(お前、その服脱げよ)と言いたくなったのですが、
    アフガニスタンの人にとっては裸でいるよりドテラを着ている方がマシなのだそうです。

    農民の患者のリクエストで多かったのが

    「点滴してくれ」

    でしたが、点滴すれば病気が治ると思っている人の数は日本以上でした。

    さて、アフガンのような暑くて乾燥した気候では、農家の作物も限られ、日本で食べている食材の多くが手に入らない(納豆や豆腐など大豆食品や、魚 豚肉)のですが砂漠でも育つ種類のメロンだけはおいしかったです。水分が少ないだけに糖度が高く、ジューシーでした。

    アフガンの服 右から二番目が私

    アフガンの服 右から二番目が私

    日本で買ったら数千円もするような味のメロンを毎日パクパク食べていたわけで、日本に帰った時に「アフガンでは毎日メロンばかり食べれるよ」とやせ我慢して自慢したのですが、

    「メロンばかり食べている」のは、実は「メロンしか食べるものがない」ということです。

     

     

     

     

     

  • 実のなる季節

    暑くて、雨も降って、イヤな季節・・・と思われるかもしれませんが 私には待ち焦がれていた、楽しみな季節です。

    雨が降ってくれると、作物がよく育つ。

    一年のうちの、この季節限定のイベントですが、果物の実が生ります。雨の降った翌日には、実に水分を一杯に吸い込んだスモモの実が重くなって、枝を揺するだけでボトボト落ちてきます。

    色は違うけどアンズの実も同じ時期に生ります。私のクリニックのあんずの木は開業の時に植樹して、10年になりますが、今年は10個ほどの実をつけました。

    クリニックのあんずです

    あんずの実

    産婦人科医として仕事をしていて思うのは、植物も人間も子孫を残そうとする点では同じということ。次の世代に命をつなぐリレーを見ているようです。

    さて、私の畑では試行錯誤、トライ・アンド・エラーを繰り返しながらいろいろな作物を作っているのですが、今年は2年ぶりにまともなスイカができそうです。

    今までスイカの畑に雑草が生えないように、段ボールでシートにしていたのですが、発育が良くないことに気づきました。今年はシートを入れず、あえて雑草を適当に生えさせていたのですが、そのほうがスイカの生育が良いようです。外敵に気づかれにくいのかもしれません。

    果物の実って、一見外からわからないように実をつけるのですが、

    ここでクイズ

    下の写真、実は今年のスイカを植えた場所です。

    今年のスイカ畑です どこにスイカが隠れているか、わかりますか?

    写真の中にスイカが映っているのですが、どこにあるかわかりますか?

    お答えは

    スイカは隠れるようにして実を作ります

    虫、ウイルス、カビ、細菌、カラス、ハクビシンなどなど、油断をするとやられっちゃうのでまだまだ気をつけないと。

  • 梅雨時の悩み

    梅雨時はキライです

    なぜなら、髪の毛の収拾がつかなくなるから。

    クセ毛(天パー)の私の毛は、湿度に敏感に反応し、

    梅雨時には、クシでといてもコントロールできなくなります。

    起き抜けの私のくせ毛はひどい

    眠りから目を覚ました時にはバクハツしている。

    仕事柄、夜中の分娩に立ち会うこともありますが、分娩が終わって部屋に戻ってきて、鏡を見た時、変なくせ毛がつんつんしている自分の頭を見つけて

    ハッ となります。

    恥ずかしい!

    私のくせ毛は10代の頃からで、「おまえ将来ハゲるだろ」と友人に言われていました。

    さすがに50代に入ってだんだん髪が細くなってきましたが、ハゲておりません。ハゲない代わりにクセ毛はひどいままです。

    また私の先輩の開業医が開業後に白髪を増やしているのを見て、開業医になるとシラガが増えるのかと思っていましたが、

    シラガは増えない代わりにクセ毛はひどいままです。

    かつて私が学生の頃、産婦人科を選ぶと言った私に「産婦人科医ってアブラぎっている先生多いよな、お前も将来あぶらぎってくるぞ」と予言していた友人がいました。当時の教授陣には浪花節の歌手みたいな人や、ゴルフをやっていて小太りで、ウイスキーも飲むが仕事バリバリ、そういう医師が多かったので、自分も年を取るとそうなってしまうのではと気にしていました。

    今のところ脂ぎっていないと思います。

    女性を相手にする職業柄、頭髪はスキンヘッドとか、短髪とか男っぽいスタイルではなく、男女兼用のニュートラルな感じを出したいと思っているので、髪の長さはある程度に維持したいのですが、そうなるとクセが目立ってしまう。

    しばらく悩みが続きそうです。

  • 男の尿モレ

    私の住む磐田市の公共のトイレに、「男性用サニタリーボックス」が設置されることになったと最近のニュースで知りました。

    女性トイレにサニタリーボックスがあるのは当然として、男性が尿漏れ用のパッドを使うことが増えたからです。

    前立腺がんや前立腺肥大で排尿トラブルを抱えた男性が増えたからです。

    尿道の長さが違うので、男性は女性より尿漏れが起きにくいと言われますが、男性も尿漏れで悩んでいる人は多いはず。

    かくいう私も、体調が悪い時とか酒に酔った時など、漏れることがあります。20代の頃から。

    それでも私は正常範囲と思っていますが、私が男性用の公共のトイレに入ると、私より先に排尿していた男性が、私が出し終わって便器を離れた後もずっと同じ場所に立っていることがあり、やはり排尿トラブルを抱えている人は多いと推察します。

    動物の排尿時間はどの動物も21秒である、ということを発見した日本の研究者が2015年にイグノーベル賞をもらったことも記憶に新しいです。

    私が20代の頃、合コンで、新しく出会った女の子たちとお酒を飲む機会もよくありましたが、

    深夜になって、ビールや酒が入ると、トイレの回数も増えてしまうものです。

    ある合コンでトイレに立った私は、おしっこをした後、ちょろっと漏れてしまい、下を見ると、ズボンの表面にかすかなシミができてしまいました。

    女の子がいる手前、おしっこのついたズボンなんて見せられないし・・・と思って、考えた末に、「手を洗っている時に洗面所の水道の水が股間にかかった」ことにしようと思いました。

    ただ、それをやってしまうと、ズボンの濡れたところがますます目立ってしまう・・・と思ってやめました。

    トイレから出た私は股間を隠すように、ちょっと前かがみになって合コンのテーブルに戻ったのでした。

    しばらく後、合コンに参加していた私の友達がトイレに立ちました。

    数分後「洗面台の水しぶきで濡れちゃってさあ」と言いながら、私たちのテーブルに戻ってきました。

     

    合コン用の一張羅のズボンの股間が水しぶきで濡れている。

     

    この男も漏らしたな、と確信しました。

     

     

  • さらば アイ・イー

    今まで親しかったアイツもついにお別れの日がやってきました。 その名は・・・

    インターネット・エクスプローラー(IE)です

    思えば20年前から、ライバルのNetscape Navigatorをパクり、Firefoxを蹴落とし、頑張ってここまで生きながらえてきましたが、ついにご臨終の時を迎えることになりました。

    個人のパソコンや、大企業のパソコンは、EdgeやChromeに、とっくの昔に変えているはずですが、うちみたいな小さな会社(クリニックも含め)や中小企業ではいまだにIEを使っているところも多い。ネットにつながっていないパソコンは今後使い続けても問題ないですが、ネットにつながっているパソコンでは今後IEが使えなくなり、最近になって対応を迫られています。

    例えば患者のデータを保管している電子カルテは、クラウドにデータ置くと漏洩のリスクがあり、ネットにつながっていないパソコン(オンプレミス)で運用。

    エコーの画像を記録する12インチタブレット1台がIEのままだったのですが、「時限爆弾のように」6月16日になると自動的に使えなくなる、と業者に脅かされ前日の15日になってやっと、イヤイヤ修正作業をしました。予約システムの業者の電話サポートを受けながらやったのですが、電話で指示されるのはとても面倒で時間がかかります。

    業者「右上のバッテン押してください」

    私「ウインドウを閉じる、ですよねえ」

    業者「設定を押して、その下に何か見えませんか」

    私「何も見えません」

    ・・・

    などと不毛な会話を延々続けました。

    タブレットでコピペしたり文字入力するのは、マウスとキーボードに慣れた自分には、結構イライラさせられます。URLの入力で「ハイフン」と「アンダーバー」を間違えて、画面下からせりあがってくるキーボードのボタンの中に「アンダーバー」が見つけられず、タブレットで入力できず5分くらい四苦八苦しました。

    老眼で小さい文字見えづらいし。

    つらいよお!

    私「もう、大変なんで、明日に延期できませんかあ」

    業者「だめです、明日には使えなくなります!がんばりましょう!」

    夏休みの最終日に泣きそうになりながら宿題をやっていた小学校の記憶がよみがえってきました。

     

     

     

  • 幸せはゆっくり来る

    雨ひどいですね。

    今日も畑で野菜の収穫・・・と思っていたのですが

    大雨で作業できず残念です。

     

    雨といえば・・・

    いつも通りかかる近所の家の玄関に、雨の日になると広げられて乾かしてある傘がありました

    幸せはゆっくり来ると書かれてます

    この家に住む、幼稚園の女の子の傘です。

    傘には

    Happiness comes slowly (幸せはゆっくり来る)」

     

    という文字が目に入ります。

     

    (そうか、幸せはすぐには来ないんだなあ・・・)

     

     

    疲れた私の頭にそんな考えがよぎりました。

    ゆっくり来る⇒ すぐに来ない

     

    私が病院勤めをしていた頃、独身のナースも大勢いた職場では

    「ゆっくり結婚する人」とは「まだ結婚できていない人」のこと

    アメリカの教育現場では

    「ゆっくり学ぶ人(Slow learner)」とは「なかなか学力が上がらない人」を意味します。

    「先日ご連絡した件、まだお返事いただいてないのですが、メール読んでいただいたでしょうか?」

    という詰問のメールを最近いただいてしまいました。

    読んだけど、忙しくて返信忘れてました!

     

    ゆっくりメールの返事を書いています

    ということにしました。

     

     

  • 診療予約
  • 採用情報
  • ブログ
アクセスマップ

〒438-0002
静岡県磐田市大久保896-39

診療時間

9:00~12:00 15:00~18:00

水・土は午前のみ/日・祝は休診

アクセスマップ
ページの先頭へ
トップに
戻る