このページは、共通のメニューを読み飛ばすことができます。直接本文をご覧になるかたは「このページの情報へ」というリンクをクリックしてください。
サイト共通のメニューへ
このページの情報へ

院長ブログ

  • むかか = イチジク

    秋のフルーツも出回っていて、イチジクも旬ですね。

    おいしそうだったので、買ってきました。

    地味なフルーツですが、花が外から見えないので「無花果(むかか)」という別名もあります。

    イチジクは旧約聖書の中にも登場していて栽培される果物としては世界最古の歴史があるといわれています。日本には江戸時代に中国から入ってきました。

    栄養的には甘い糖分以外にも、クエン酸などの有機酸、ポリフェノールが含まれ、緩下作用や去痰作用があります。

    たんぱく分解酵素を含むため肉料理にも合い、胃の消化を助ける働きもあるとか。

    痔の治療には葉を煎じた液で局所を洗うと良いといいます。

    さて、イチジクといえば、私の世代は「浣腸」を思い出してしまうのですが、形が似ているので命名されたという説があります。

    一昔前までは、産科ではお産の陣痛がはじまった妊婦全員に浣腸をしていました。

    産道の邪魔にならないように、浣腸による刺激が陣痛を促す目的で、また赤ちゃんが母の便で汚染されないようにという目的でした。

    しかし浣腸の効果についてのエビデンス(科学的根拠)がないことから、10年くらい前からは浣腸の習慣は廃(すた)れています。

    医療の上で必要だからと、点滴とったり、薬を与えたり、お産をするときにも介入することがありますが、不必要な介入はできるだけ避けたいと思っています。

    イチジクを眺めていると口に「入る」ところから「出る」ところまで、いろいろ思いが湧き出てきます。

  • 近くの山登り

    コロナウイルス感染症の流行で、毎年開かれていたマラソン大会も今年は開催されません。

    練習をしなくなった代わりに、山歩きをするようになりました。

    県内の、地元の人にしか知られていない低い山に登りに、休日を使うようになりました。

    あまり他の人と密接になることもなく、汗もかくし、気持ちも体も洗われるようです。

    本日は静岡市の東にある浜石岳というところに行ってきました。

    富士山から駿河湾、伊豆半島をぐるっと一望でき、すばらしい景色でした。

    登山には良い時期でした

    私、高校では山岳部に所属していて、学業以外は自然と親しむ生活をしていましたが、

    あちこちの山に登りに行っていました。

    高校の登山活動がインターハイ(高校総体)としての種目になってたこと、みなさん知ってますか?

    登山のインターハイとは、体力だけでなく、チームワーク、歩き方、テントの張り方以外に

    食事はちゃんと作れるか、地図の読み方・天気図の描き方などまで採点されます。

    決められた山道のルートの途中に審査員が隠れていて、疲れて遅れて歩いているメンバーがいないかチェックしたりします。

    テントを設営している場所では、リュックの中の荷物がすぐに取り出せるかどうかチェックされます。

    自分たちの学年も、インターハイに挑戦したことがありました。

    私たちは重い荷物を時間通りに運ぶだけの体力はあったのですが、

    知識面が弱い(頭脳が足らない)とされ、おしいところで全国大会逃しました。

     

  • 秋とテストステロン

    秋も深まってまいりました。

    秋といえば男性には抜け毛の多い季節。

    男性ホルモンとして知られるテストステロンも一年のうちで秋に一番分泌量が増えるそうです。

    秋には食欲が亢進し、筋肉量も増えますが、このホルモンのおかげです。

    女性の体にも男性ホルモンがあります。男性と比べると量は少ない。

    病院に来る女性で更年期障害に悩むうつ症状の人に産婦人科ではホルモン補充療法を行ないますが、   この時、男性ホルモンが少し入ったホルモン剤を注射すると、見違えるように元気になる人もいます。

    女性の体の中での男性ホルモンは病的に多いとやはり問題になります。

    卵巣の働きがうまくいかないために起こる PCO(多のう胞性卵巣)症候群はテストステロンが上昇しますが、同時に 生理が止まったり、多毛症になったり 不妊症を引き起こします。

    hage

     

     

     

     

    話は変わりますが、

    20代の頃、同僚の医者で毛が薄いのを気にしている男がいました。

    彼は神経質な男で、つねにビクビクしているのでその精神的ストレスが彼をハゲにしていると 私は思っていましたが、

    そんな気苦労の多い彼を気遣ったのか、からかったのか 仲間が寄って来て、お酒を飲みながら彼をなぐさめる会を開こう、ということになりました。

    参加者は私の周囲の酒好きの人ばかり数人。   街の居酒屋に全員が集まると、幹事が

    「今宵は**君を励ます会を開きましょう」と言いました。   その後、みんなは口々に

    「**くんをはげ・ますですね」 と言う。

    「はげ」と「ます」の間に、ワザと一呼吸置くので   「ハゲ・増す」会である。   みんな勝手に酒を飲んで盛り上がりましたが、酔うと彼を気遣う人は誰一人おらず、

    薄毛で気弱な彼は居酒屋の隅で小さくなっていました。

    こないだ彼に久しぶりに会ったら、彼の頭は以前と違って フサフサだった。

    どうもカツラをつけはじめたらしい。   イキイキしていた。

     

    とってもハゲまされた。

  • 怖いもの見たさ

    台風が離れて行ってほっとしている10月11日です。

    雨の量が増えてくると、テレビで「決して川のそばには近寄らないでください。川を見に行こうとしてはいけません!」と繰り返し流されますが、

    川を見に行ってはいけないんですか?

    私、見に行きましたよ。

    自分だけは大丈夫と思っている

    近所で流量の多い天竜川は、上流にダム、下流には堤防があり、他の地域と比較すると氾濫のリスクは低い、と考えていますが、そもそも危ないか危なくないか、行ってみないとわからないでしょ。

    今私が仕事している産科という業界ですが、他の診療科(内科とか耳鼻科とか)の医師からすると産科は「大量の出血が起こることがあるし、妊婦の急変もあるし、怖くて、そんなリスクの高いところで仕事できない」らしい。

    (危ないか 危なくないか、やってみないとわからないでしょ)と言いたい。

    私はただ運がよかっただけなのでしょうか。

    自分の能力を過信してはいけないと常に肝に銘じながら 日々やっております。

    私は昔 アフガニスタンに1年滞在し医療援助のNGOの仕事をしていたことがありますが、警官どうしの銃撃戦を間近で見ていたことがあります。

    警官どうしが」ですよ。

    ある朝、バスン、バスンと銃声らしき音が、家の近くで聞こえました。

    なんだろう?と思って二階の物陰から様子をうかがってみると
    遠くないところで警官らしき人が数人もみ合っていました。

    警察のある部署がその違法出店の露店を、引っ張っていこうとしたのですが、仲の悪い別の部署の警察官がそれを止めようとして言い争いになり、最後に発砲をはじめたらしい。

    アフガニスタンのある地域では警察組織の中にも軍閥どうしの派閥争いがあり、いざこざがありました。

    この一件、私は安全な距離で物陰から見ていたつもりだったのですが、日本の事務所からは

    「どうしてすぐに安全なところに隠れてじっとしていなかったんですか」と誤解され、かなり評価を下げてしまいました。

    本部には「すみませんでした」

    と一応謝りましたが、

    (危ないか危なくないか、行ってみないとわからないでしょ)

    と思っていました。

     

     

     

     

     

  • ポケモン?

    「掘ったイモいじるな」

    と言うと、英語圏の人には

    「今何時(What time is it now?)」

    と聞こえるのは有名な話。

    数年前、私のところにイギリス人が泊まっていって話をしたのですが、いろいろ面白かったです。

    KIMG1096

    私は、茶道やお茶の作法など、全然知らないのですが、

    案内したイギリス人のために、掛川城の横の茶室を訪問してみました(写真)。

    和室に通されて、お茶とお菓子を出され、私は普通に正座しお辞儀をしただけなのですが

    「すごーい」と感心されました。何がすごいのか、よくわかりません。正座をすることすら、彼らの日常にない動作です。

    イギリス人でも方言があって、私たちが学校で教わるような発音をしないので時々聞きづらいです。

    「日本の子供だったら、あの有名なパーキマーンのアニメ好きなんだろ?」

    パーキマーン?)

    何回か聞き返してしまったのですが会話の前後の流れから判断するとポケモンのことです。

    綴りは「pokemon」で英語圏の人に発音させると「パーキーマアア」(下線部を強く発音する)に聞こえます。

     

    イギリスでタクシーに乗って「上杉謙信」と言えば West kensingtonに行き

    「さるすべり」と言えばSalisburyに向かうそうです。

    「アゲドーフ」と言えばI get offと理解されて、タクシーをおろしてもらえます。

    イギリスでも最近大きな国民投票があり、日本でも 先日の7月10日はたまたま選挙の日「Election day」で話題になったのですが、日本人が発音すると、えてして「勃起の日(Erection day)」になってしまうので注意が必要です。

     

    ネットで検索していると、このような事例はいろいろあって笑えます。

     

    「アホみたい」(Ah, hold me tight)

    「チャック開いてるよ」(Chuck, I tell you)

     

    実際 使えんのか?

  • 食い逃げ犯人と間違えられたことがある

    餃子大好き!

    私は昔中華料理屋で「タダ食い」(無銭飲食)の犯人と間違われたことがあります。

     大学の頃、北海道で大学生をしている友人のところに遊びに行った時のこと、友人に「腹いっぱい食べるならここに行け」と教えられ、行った先の中華料理屋で、餃子・チャーハン3人分をいっきに平らげました。

     (食った~)と思って、レジまで行った時に、サイフを置いて出てきてしまったことに気づき、がく然!

     「あの~サイフを忘れてしまったんですけど・・・」

    (無駄と知りつつ、ポケットを探すフリをする私)

     「しょうがないねえっ じゃあ いいよっ!」

     はき捨てるような大声で、私をにらみつけた、店のおばちゃん。

     次の日、ちゃんとお金を持って払いに行ったら、

     「あら~ありがとうねえ」

    と予想していなかったような笑顔でした。

    明らかにあの時、私は食い逃げ犯人と思われていました。

    友人のところに行くのに、関東から自転車で野宿しながら一週間。

    顔は日焼けと汚れで真っ黒、服はボロボロ。

    当時なぜか自衛隊の隊員と間違えられたり、暴走族あがりの兄ちゃんと間違えられたりしていたので、店のオバさんにも怪しまれたようです。

  • 麻薬と鎮痛剤

    ハンコや無駄な書類をなくそう

    ハンコを押すためだけに会社に行くとか、書類をそろえるためだけに、あっちこっち行くのは無駄だ、という教訓を今回のコロナウイルス感染症はもたらしてくれました。

    しかし、こんな世の中の動きに、依然として逆らっているのが、行政や保健所に出す書類です。

    2年ごとに更新です

    今回2年ぶりに麻薬を扱う許可証の更新をしていますが、申請書類のこことここに押印しなさい、あなたの診断書もつけなさい、コピー2部つくりなさい、といろいろ面倒でイヤになります。

    分娩の痛みを取る時にある種の鎮痛薬を少し加えるとぐっと効きがよくなるので、この免許が必要なのですが、

    麻薬の使われ方では、世界の中で日本は厳しい方です。

    ガンの末期の患者に、なぜ日本の医者は麻薬をもっと使って痛みをとってあげないのだ、と海外から批判にさらされた時代もありました。

    しかし、最近では、簡単に麻薬が処方されてしまうアメリカなどでは、医療用の麻薬中毒で苦しむ人が激増して問題になっています。

    私の友人の医師が、たまたま尿路結石にかかって、激痛のため、治療の時にペンタゾシンという麻薬性の鎮痛剤をうってもらった経験を話してくれましたが、「フワフワとして気持ちよかった」そうです。(2回や3回の注射では麻薬中毒にはなりません)

    毎年9月には、私のいる磐田市の見付で裸祭りという大きな祭りが開かれています(今年は中止)

    この祭りの見ものは 腰ミノだけをまとった大勢のハダカの男衆が、見付の宿場町を練り歩くのです。

    ワッセー・ワッセー」と大声をあげて通りを練り歩く人々に、見物客が参加して、大きな盛り上がりを見せます。

    そこにしかない高揚感と一体感。

    調子を合わせて歌や踊りをするものですが、歌い続けていると、一種のトランスの状態になり、エンドルフィンと呼ばれる脳内麻薬がバンバン出た状態になります。「ハイ」になります。

    すっぽんぽんは禁止です

    すっぽんぽんは禁止です

    麻薬はうたなくても、脳内で作ることができます。

     

  • 混雑する耳

    出勤時に身支度が面倒になっていることに気づきました。

    私の耳には、メガネがかかっていますが

    出勤時には

    *ひも付きの帽子をかぶる

    *ヘッドセットを耳に入れてポッドキャストを聞く

    *マスクをつける

    ことで耳の周囲にいろいろなものがぶらさがったり引っかかったりするようになりました。

    耳にいろいろなものがくっついている

    まさに「混雑する耳」です。

    耳の穴にしっくりくるものがなくて Bluetoothヘッドセットは何回か買い替えました。

    Amazonのサイトで、日本でよく知られているブランドのものを買ったのですが、レビューの評価が低かった割には、音もよく長く使えています(自分の印象です)。今の形のものに落ち着くまでAmazonで探したのですが、このHeadsetほどamazonのレビューが怪しいものはありませんでした。

    高い評価がついていて、見たことのないアルファベットのブランド(中国っぽい)には日本語の製品説明が細かく書かれているのですが、売り口上がとても怪しい。

    日本語として間違ってはいないが、日本人だったら、普通こういう表現しないよなあ、という表現がちりばめられています。Amazonでheadsetを検索すると筆頭に出てくる製品説明には、以下のような説明があります。

    「通話時間が長い人には是非AnpoowのBluetoothヘッドセットがおすすめます。」

    通話時、声をしっかり届ける必要があるので、弊社のBluetoothヘッドセットは全指向性マイクを採用して、集音する方向性がなく全方向からの音を拾いますので、会議や環境の音を集音するのに適しています。」

    着信が来る時そのまま着信応答できて、両手が自由なので、顧客と会話しながら様々な作業ができて便利です。さらに、ミュートボタンがあるので、通話時ミュートボタンを押すと、相手は相手はこちらの声を聞こえません

    「しっかりしたデザインで耳に直入し、外しちゃったりしません。」

    (以上原文そのまま抜粋 下線は私)

    中国人が翻訳ソフト使って書いたんだろうと思われるような評価多数あり、文字数が多ければ多いほど怪しい感じが払しょくできません。

    中国で作れそうな電気製品については、Amazonの評価を参考にしないようにしています。

     

  • 倍返し

    「倍返しだ!」

    で有名になったドラマ「半沢直樹」、

    普段はテレビのドラマ見ない私もつい最後まで見てしまいました。

    主人公・堺雅人の笑っているのか泣いているのかわからないような表情や脇役たちが引き立てる、時代劇のような大振りな間合いが面白いです。

     

    さて、私のやっている医療の仕事で

    「倍になって返ってくる」ものといえば・・・

     

    双胎(ふたご)の妊娠です。

    苦労して不妊治療をしていたら、妊娠反応あり、クリニックを受診。

    エコーで見たら、胎児の入る袋(胎嚢)が二個見えてました。

    不妊治療の努力の結果妊娠したのを1倍としたら、結果が2倍になってきた感じです(当事者は大変ですが)

    むかしは体外受精をすると「3倍返し」「4倍返し」になってしまうこともあるのですが、最近は調整して「1倍返し」で済むようにルールが決められています。

    私が小さいころには5つ子などもありました。

    不妊治療のこの業界、生命とか自然現象を相手の仕事なので

    投げたものが「まったく返ってこない」とか、

    「何も悪いことをしていないのに いきなりトラブルが降りかかってくる」

     

    ことがあり、言葉のキャッチボールをしているような

    「倍返し」の世界がうらやましかったりもします。

  • 住居が水びたし

    住んでいるマンションが水びたしになった、とうちのスタッフが教えてくれました。

    2階に住んでいたが、階上の3階で水道工事をやっていたらしく、仕事から帰ってきたら家の中が水びたしになっていた。床の上に足がつかるくらい水位があって、家電も使えなくなってしまった、とのことでした。

    最近転居して住み始めたばかりなのに残念なことで同情を禁じえません。

    なにを隠そう、私自身も階下を水びたしにした経験があります。

    医者駆け出しの3年目くらいの頃です。

    私は木造アパートの2階を借りて住んでいましたが、朝、洗濯機をかけて仕事に行き、夜になって帰ってきたら、部屋が水びたしになっていました。排水口のホースが外れていたようです。

    当然階下にも水が流れて水びたしに。階下の住人は私と同年代くらいの男性で、お詫びの品を持って行って、土下座するくらい謝って、許してもらいましたが、今となっては痛い思い出です。水びたしになった家具の弁償とかしないで済んだのですが、私もお金に困っていると思われたのかもしれないです。安い木造賃貸だったので。

    その当時は、阪神大震災の1年後くらいの時期で、付近の建物は地震で倒壊したものが多く、物件を借りるのにとても苦労しました。

    かろうじて倒壊をまぬがれた昭和の木造アパートの物件を借りましたが、風呂がついてないので、勤め先の病院のシャワーを風呂代わりとし、近所に駐車場もないので、場所を変えてクルマを路駐していたところ、窓を割られて現金を取られたこともありました。

    でも自分なりに夢は持っていて、自室の壁に「人生の成功の条件10か条」みたいのを書いて貼って毎日念仏みたいに唱えていました。

     

  • 診療予約
  • 採用情報
  • ブログ
アクセスマップ

〒438-0002
静岡県磐田市大久保896-39

診療時間

9:00~12:00 15:00~18:00

水・土は午前のみ/日・祝は休診

アクセスマップ
ページの先頭へ
トップに
戻る