このページは、共通のメニューを読み飛ばすことができます。直接本文をご覧になるかたは「このページの情報へ」というリンクをクリックしてください。
サイト共通のメニューへ
このページの情報へ

院長ブログ

  • 阪神大震災と避妊の話

    避妊とは妊娠しないようにする方法のことです。コンドームやピルによる避妊の他にIUD(IUS)や手術による避妊法がありますが、相談を受けた際に

    よく引き合いに出す私の経験談があります。

    26年前。それは阪神大震災が終わってちょうど1年くらい経ったときの話。
    場所は神戸市内の病院の分娩室。

    今までに3回出産の経験がある42歳の女性が、今まさに出産を終えたところでした。

    「おめでとうございましたあー、男の子ですよ」

    助産婦は生まれたばかりのベビーをママの方に見せてあげました。

    すると、その女性はいきなり泣き出したのです。
    うれしくて泣いているのです。

    40過ぎの4人め出産のおばちゃんが、普通こんなうれし泣きするのでしょうか。

    ママは泣きながらふところから一枚の写真を出した。

    「あんたたちにも弟ができたのよ。よかったわねー。」

    と写真に向かって声をかけている。

    そしてまた泣いた。

    見ると3人の元気そうな子供が写っている。

    「子供さんですか。」と私

    「ええ、でも今3人とも死んでしまっていないの。あの地震のとき、3人とも死んじゃったんです。」と母。

    彼女は地震の被害が一番ひどい所に住んでいました。地震で家が全壊したそうです。

    「ダンナと私は助かったの。私だってたんすの下敷きになって、3時間そのままだった。大怪我だったけど命は助かったわ。」

    地震に子供全員の命を奪われて、自分たちだけ生き残ってしまった。

    つらかっただろうに。

    「年齢が心配だったけど、ダンナと相談してもう一度作ってみようって。そしたらできたのよ。」

    「ごらん、あんた達の弟だよ。」

    とうれし泣きをしていた40代の母を私は思い出します。

    3人出産して、卵管結紮とか避妊を考えている人に、こういう私の経験も話をしています。

    阪神の震災後のフォト95年

     

  • 冬場にクルマをダメにした話

    冬のオリンピックも近づいてきましたね。

    冬のスポーツといえば、スキー・スノボ。

    私も昔(といっても20代の頃)は近場のスキー場にクルマでよく通いました。

    事故車と同型のゴルフ

    事故車と同型のゴルフ

    神戸にいた頃は六甲山を超えて、日本海側へ行きます。

    冬の夜明け前、裏六甲の凍てついた道を車で走ったときのことです。

    市街地から離れてすぐ、なので当然タイヤも普通のタイヤ。

    友人(男)と二人、車の中でふざけて、

    「こういう路面が凍った道で、ドリフトすると、すぐテール(後部)がスライドするんや」

    と、レーサーを気取って、ちょっとハンドルを強く回したのが、誤りのモト。

    冬の凍てついた、六甲の路面。しかも下り坂。

    「あっ!」

    ハンドルをひねった瞬間、クルマのコントロールが効かなくなり、路上で車がスピン。

    道路の右側壁面のコンクリートにガツンとぶつかってクルマが止まりました。

    クルマは頑丈にできていたので命の危険は感じませんでしたが、

    自分の乗っていたフォルクスワーゲンの先端の角が、かなりひしゃげ、ボンネット、バンパー、フェンダーがゆがんだ。

    一応走り続けることはできたので、そのままスキーに行ってきましたが、

    後日修理代が、70万円近くかかる、といわれ、泣く泣くそのクルマ、廃車で手放すことにしました。

    痛い思い出です。凍結した路面で素人は、慣れないこと、するもんじゃありません。

    雪国に住んでいる人には笑われそうなエピソードですが

    若い頃はバカばっかりやってました。

  • 寒さの記憶

    寒いですね。体が縮こまりそうです。

    コロナ対策で、窓を開けて換気しているので、冷たい風がヒューヒュー入ってきます。気温が低いと、ちょっと窓開けただけでヒューヒュー勢いよく空気が入ってくるのが感じられます。

    ちょっと暖かいと、寒い空気は入ってこないかわりに、感染予防に換気がされているのか不安にもなります。

    おなか出したり、下半身出して診察を受ける妊婦や患者の方には大変申し訳ないです。

     

    寒いといえば、今まで私が生きてきた中で「厳しい寒さ」と感じたのは

    アフガニスタンの冬、高校時代の雪山登山、27年前の神戸の震災の後の冬です。

    アフガンの峠越え:寒かった!

    アフガンには1年間住んでましたが、夏は40度以上になる一方、その年の12月にマイナス11度を記録しました。

    寒波の後、水道管は凍ってしまい、水が出ず料理、洗濯、トイレの水を流す水が確保できなくなりました。

    電気は停電で止まっていて明かりや暖房も使えない。朝や夜はろうそくの明かりを便りにし、

    部屋の中でも寒いので、セーターを着て寝ないと眠れず、寒すぎて布団から顔を出して眠ることすらできません。

    アフガンの峠超え 寒いです

    屋外では不凍液を入れていなかった車のエンジンが壊れ、水道管はあちこちで破裂してしまいました。

    アフガニスタンの現地人は着るものが十分ないので 数十人単位で人が死んだはずですが

    ニュースにすらなりませんでした(新聞等メディアが発達してないので)。

    高校生の頃には山岳部に所属していて、信州の雪山に登りに行くことが何回かありました。標高2500メートルの雪上にテントを張り、ピッケルと使った滑落停止とかアイゼンの使い方とか、練習に行った時でした。外はマイナス18度。

    登山覚えたての高校生なので、汗で濡れた体が冷えて、テントの設営地について休んでいたら、眠くなってきて、気温はマイナス18度で、幸い他の部員もいて、助かったのですが、あのまま眠っていたら、もうこの世にはいないところでした。

    1995年1月の阪神大震災では、私は神戸の真中に住んでいたのですが地震の後、電気や水道・ガスのライフラインが止まってしまい、不便な生活を強いられました。

    雪は降りませんでしたが、部屋の中にいても温める電気やガスがないと寒いものです。夜は真っ暗。

    とくに水は困りました。

    都会では、排泄するにも水が要る(野グソはできない)ので、ウンチができなくて、困ってしまうのです。

    電気がなければ医療機器を動かすこともできません。仕事にならない。

    地震の後しばらくお風呂に入れてもらったり水をもらいに行きました。

    自衛隊が設営したテントの風呂もありがたかったです。

    神戸の冬は気温は寒かったですが、人の心の温かさを感じました。

  • 1月1日が誕生日

    年が明けて1週間。

    今年もいろいろ新しいことに出会えるでしょうか。

    「1月1日が誕生日の人が、アフガニスタンでは圧倒的に多い」というニュースがありました。

    今まで公的な出生記録のなかったアフガニスタンでは、自分の生まれた日がいつなのか知らない人が大勢いました。

    しかし、近年アフガンにもインターネット、facebookなどのSNSが普及してきて、最初に自分のアカウントを登録するのに生年月日が必要とされることが多くなったのです。

    「誕生日? よくわからないけど 1月1日にしておこう」

    ということで勝手に誕生日を1月1日にしてしまう人が多い。

    アフガン人全員が1月1日生まれのような気がする」とインタビューを受けた人は答えていました。

     

    私も2000年代初頭にアフガニスタンに1年住んでいたことがあります。人が生まれて、役所に行って出生届を出すこと自体、結構いい加減なことがわかりました。出生届を出さなくても生活に影響しないのです。

    人の年齢とか誕生日、知ってて当たり前のような気が、日本人はするかもしれませんが、アフガン人とつきあってみると誕生日なんて知らなくても全然困らないのです。

     

    アフガニスタンの子供たちと

    私がアフガンで現地スタッフの就職面接をした時、生年月日を含めて身分証明になるものを持っていないので、本人申告を信じるしかないのですが、

    「私は30歳、助産師の仕事を20年以上やってきました」と何のためらいもなく言うので、こちらも

    「あんた10歳の時から助産師の仕事しているのかよ」

    と突っ込むのを忘れてしまうほどでした。

    現地の人の患者の年齢を聞いても、「私? 年齢? 25歳ということにしといてよ」で済んでしまうので、アンケート結果が本当にアテにならないのです。

    自分の年をカウントするなんてどうでもいいことでしょ?

    というと日本では信じられないかもしれませんが、間違ってないかもしれない気がします。

    私は90年代にインドネシアの離島で住民の年齢構成を調べる調査をしたことがあります。

    住民の年齢、性別が調査の基本になるのです年齢が本当にあてにならないのです。

    住民台帳はあるらしいのですが実際はあまり役に立たない。だから年齢は自己申告となります。

    私は調査員となって山村の家々を回り、
    「あなたは、おいくつですか?」
    と尋ねます。

    バナナの葉っぱで手を拭きながら出てきた、農作業中のオヤジは
    「うーん、5,6年くらい前に30歳になったはずだからなあ・・・」
    といい加減な答えをするのです。

    「正確にはおいくつですか」

    「そんなのわかんねえよ」

    自然に囲まれて暮らしていると、自分の年齢がいくつかなんてどうでもいいのです。

    「じゃあ、35歳ということにしときますよ」

    まあ、そこらへんにしといてくれよ

    という具合にアンケート調査が進んでしまうのです。

    「まあ、そこらへんかな」

    という人が沢山いるせいで本来はきれいな「人口ピラミッド」の図形を描くはずが
    30歳、40歳とか節目の所にばかり数が集中してしまい、のこぎりの歯のような人口ピラミッドができあがってしまうのです。

    どうみても、60歳代にしか見えない老人に「ワシは今年で93歳になるけど元気じゃよ」と言われてみたり、

    「私は21歳よ」と言われては見たが、明らかに3人の子供がいて、30過ぎにしか見えないオバサンがいたり、

    本当にアテになりませんでした。

     

  • 未来予測

    新聞を見ても大したニュースがないのは、記者がお正月休みをしているためで、内容に期待していないのですが、

    毎年、年の初めには「〇〇年の予測」というタイトルで、これから起こることを予測するようなコンテンツを目にします。

    いままでの人生を振り返って、私にとって、「子供の頃は本気で心配していたけど、はずれた予測」があるので紹介します。

    1.ローマクラブ「成長の限界」

    70年代初頭に、世界中の頭のいい人たちが精緻な将来予測をしたのですが、「成長の限界」という研究報告書を発表し「このまま人口増加や環境汚染などの傾向が続けば、資源の枯渇や環境の悪化により、100年以内に地球上の成長が限界に達する。」「世界経済の崩壊と急激な人口減少が2030年(平成42年)までに発生する可能性がある」と世間の話題をさらいました。

    当時心配されていたのは、環境破壊、原油がなくなる心配、世界中の人口の増加でした。環境破壊は相変わらずですが、原油がなくてもなんとかなりそうになってきて、あのインドでも出生率が2(将来人口が減少する水準)になったとニュースを聞き、「人口爆発」はなさそうな雰囲気に変わってきました。

    2.ノストラダムスの大予言

    1973年に世に出た五島勉作「ノストラダムスの大予言」は、1965年生まれで当時小学生だった私にはかなりショックな内容でした。同世代だったちびまる子ちゃんの作者も漫画「ちびまる子ちゃん」に、ノストラダムスの予言を扱ったエピソードがあって「1999年、7の月 空から恐怖の大王が降ってくる」という人類滅亡の予言を信じ込んだまる子が、「どうせ1999年には死ぬんだもん」「遊んでくらすよ」と宣言し、家族を困らせるというくだりがあります。

    3.自分の髪

    先日高校生向けの研修会で同席した戸田君は、私の高校の頃からの同級生です。高校生を前にして、自分たちが高校の頃にした約束を思い出しました。高校生当時、私も彼も額(ひたい)が広くて、将来髪の毛がなくなるのではないかと言われてました。

    「将来、お互いどっちがハゲているか賭けよう。2000年になってハゲている方が、磐田市内のレストランのメニューを全部タダでおごることにしよう。」

    卒業から40年近く経ちましたが、どちらも髪の毛はなくなっておらず、この賭けは引き分けでした。

     

     

     

     

  • 今年もいろいろ あったなあ

    年賀状書いていて、ここ一年の出来事を思い返しています。

    写真に使う自分の顔にはシワが目立つようになりましたが、面白いことをいろいろやった一年でした。

    楽しむことに環境の制約も、年齢も関係ないと感じました。

    来年もよろしくお願いいたします。

  • 好きな仕事 きらいな仕事

    年末に研修医1年目の人たちと話をする機会がありました。

    彼らが気にしているのは、将来何科に進むか。

    私が研修医だった頃と違いを感じたのは「どれだけ当直が少ないか」「時間外勤務が少ないか」自分の時間がどれだけとれるか、ワークライフバランス、コスパがどうとか。医師も自分のキャリアをそういう選び方をする時代になったか、と感慨深かったです。

    私から若い医師にサジェスチョンするなら、「きついけどやりがいのある仕事」 か、「楽だけどやりがいをあまり感じない仕事」の選択になると思いました。

    私がいままで経験した中で「きつくてやりがいを感じなかった仕事」は学生時代の新聞配達です。

    朝3時起き 新聞店に行って、広告を新聞に折り込んで、配達する家の順に、配る新聞を並べてカブの荷台に乗せる。

    12月から1月の寒い時期、外は真っ暗、配達する家の順番を覚えていないとどうしても時間がかかってしまう。

    年末年始で、セールの広告ばかり多く、積んだ新聞がやたらと重い。

    凍った道路で転倒し、荷台に積んだ新聞がバラバラになってしまい、泣きそうになったこともありました。バイクの免許取り立てで、スーパーカブの扱い方が荒っぽかったらしく、転倒したときに車体のカバーを壊してしまい、修理代を請求され、わずかばかりのバイト代が修理代でなくなってしまったことも。

    自分の学費を稼ぐために、朝3時から7時まで新聞配達、日中は勉強していた大学生もいましたが、私はこれでは他のことができない、とアルバイト2か月で退職してしまいました。

     

  • 年賀状を書く

    幸せをお祈りしております」の文字を書こうと思ったら

    幸せと書くところを「辛(つら)せ」と書いてしまったり

    「お祈り」を「お折(お)り」と書いてしまったり、「(ネ)しめすへん」を「ころも衣へん」に書いてしまったりと

    文字の書き間違いが年々ひどくなって、(お前物忘れ大丈夫かよ)と自分に問いかけながら年賀状書いている、年末の、この頃です。

    年賀状を書くことが年々少なくなっているとは言われますが、クリニックの院長をしていると、取引している業者様も多数あり、やはり年賀状のあいさつは必要。

    前年クリニックでお産をしていただいた方にも年賀状を送らせていただいています。

    出産をした方にとっては、出産までが一つのストーリー。苦労してお産になった人にはなにかコトバを伝えたくて、自分も挨拶の文章を入れることがあります。

    プリントされた文字だけでは伝わらないものが、自分の手で書くことで伝わるような気がします。

    普段年賀状を書くこの季節、寒い時期なので、手が乾燥しています。たくさんの年賀はがきを数える時に手がすべってしまい、困ります。

    コロナ禍で手を洗う回数がふだんよりさらに増えたことも原因で、加齢もあいまって、指の皮膚の脂分がガサガサになりアカギレになって困ります。

    ハガキを数えたり、紙の書類を数えるのに役に立つのが指サックです。

    若いころは必要感じず、コンドームみたいとバカにしていて使わなかったのですが、年をとって皮膚のうるおいがなくなってくると、これなしではハガキの整理ができません。

     

    以前は指サックといえば、上記のようなものしかなかったのですが、今使っていて便利なのは「めくりっこ」です。

    サイズもS~LLまでいろいろあります。

    ネットで探すと「ハニワ」の形をした指サック(ハニサック)が売られていることを発見しました。

    https://www.lion-jimuki.co.jp/products/introduction/hanisack/

    かわいいでしょ! これはヒットするかも!

     

     

  • 年末の飲酒運転 取り締まり

    コロナ禍の年末ですが、忘年会もやらないところが多いかもしれませんね。

    年の瀬の忘年会の時期、夜の長い時期になると、おまわりさんの飲酒運転の取り締まりを思い出します。

    何年か前、12月のある夜(9時ごろ)、私がクルマで外出した時のこと。

    渋滞の道路を避けて、ウラ道を迂回して運転していったところ、
    道路の真中で待ち構えていた警察官に呼び止められました。

    運転席に座っている私に

    「すんませーん。ちょっと、免許証を見せていただけますか?」

     

    おまわりさんは妙に愛想がいい。

    私が免許証を見せた後、

    「はーい、どうもありがとうございます。じゃあ、ちょっと息を吹きかけてみてもらえますか?」と警官。

     

    はは~ん、飲酒運転の検査だな 酒気帯び運転の摘発だ

    吐息の中に直接アルコールの臭気を嗅ぎ取るのが手っ取り早いのだろうか。

     

    ・・・

     

    ちょっと考え込んでいる私に、けげんそうな声で警察官は続けた。

     

    「あの、ちょっとだけ、ハアってやって息吐いてみてもらえます?」

     

    私は少しためらった。

     

    酒を飲んでいたわけではない。クルマに乗る前に食事をしたが、酒アルコールは飲んでない。

     

    ・・・

    私をのぞきこんでいる警察官の声にいらだちが見えた。

     

    「あのね、酒気帯び運転のチェックしてるんだけど、ちょっと息を嗅がせてもらえる?」

     

    私は覚悟を決めて、胸一杯に空気を吸い込むとおまわりさんの顔に向けて、思い切り息を吐きかけた。

    じつは・・・

    クルマに乗る前、中華料理店でニンニクたっぷりのラーメンとギョウザ、
    そしてニラもやし炒めを腹いっぱい食べてきた後だった。

     

    「ハァーッ」

    「ウッ・・・」

    おまわりさんの小さなうめき声が聞こえた。

  • 逆子と出産

    おなかの中の赤ちゃんの位置で「逆子」というのを聞いたことあるでしょうか?

    赤ちゃんは産まれる時に頭から出てくるので、出産前には赤ちゃんは頭が下になるのですが、お尻が下になっている赤ちゃんのことを逆子とか骨盤位と言い、医療現場では「ベッケン(ドイツ語由来)」とか「ブリーチ(英語)」とも呼びます。

    骨盤位

    なぜか最近うちで逆子の出産が多く、通常一カ月に1回あるかないかの逆子が、ここ一カ月で5件もありました。まったくの偶然で、逆子になりやすい原因などは知られていません。母体に原因があるわけでもない。3%から5%が妊娠の終わりまで逆子の状態と言われ、基本は帝王切開が勧められます。逆子体操はエビデンスがないと言われて久しく、条件が合えば私は外回転術も行っています。

    帝王切開をしないとどうなるかというと、お尻や足から赤ちゃんが産まれてきます。だいたい正常に産まれますが、中には頭が最後にひっかかって、その後の発育に障害が出る赤ちゃんもいます。赤ちゃんが問題なく産まれる確率を100%に近づけるために、20世紀に入ってからは「逆子は帝王切開」が常識となりました。産科医の中でも私の世代が、逆子を経腟分娩(下から産む)させる技術を知っている最後の世代です。

    長年産科の医者をしていると、信じられないような光景を目にすることが多々あります。

    私が病院勤めの勤務医の頃、陣痛が来ていた妊婦を診察(内診)したところ、赤ちゃんの頭より先(膣の方)に手の拳(こぶし)が触れたことがあります。産道の中で手が先に出てきてしまうと、赤ちゃんの体が産道にひっかかって通れないので、帝王切開をしないと産まれない、というのが常識でした。

    現場の助産師や若手のドクターが慌てて、「早く!緊急の手術だ!」と右往左往している中で、私は「いや待て、慌てるな、下から産まれるかもしれないからもうちょっと様子を見よう」と言いました。

    その産婦が前回出産したときにすごく安産だった事、診察してみると産道が普通の人より広く、赤ちゃんもそのまま出て来れそう(な気がした)だったからです。一対多数の意見で手術をしたほうがいい、ということになり、その産婦は手術室に運ばれて行きましたが、なんと帝王切開を始める直前の手術台で、下から赤ちゃんが産まれました。元気な赤ちゃん。

    助産師は「先生がそんなにノロノロしてるから、カイザー(帝王切開)間に合わなかったじゃないですか!」と激怒している一方、

    私は「だから帝王切開しなくていいって言っただろう!」(結果論なのは知ってますが、私も意地になっていたので)

    と普段は温厚なスタッフの間で大ゲンカになりました。

    おそらく一番不安だったのは、出産する当の産婦で、「帝王切開しないと赤ちゃん死んじゃう」と言われて動揺したはずです。

    後で本人が私に笑顔で語ってくれたのは「この子の名前、拳(けん)にしました。」ということでした。拳が先に出てきたからだそうです。

    世の中を見回すと、これ以上に奇跡的な出産がいろいろあって、その最たるものはシャム双生児とか結合双生児と呼ばれるものです。

    双子で、胴体や下半身がくっついて産まれてくる先天異常です。20世紀初頭から世界のあちこちで報告がありますが、帝王切開もできない時代、どうして下からあのような状態で産まれたのか、とても不思議です。

    お産の世界は不思議なことがたくさんあります。

  • 診療予約
  • 採用情報
  • ブログ
アクセスマップ

〒438-0002
静岡県磐田市大久保896-39

診療時間

9:00~12:00 15:00~18:00

水・土は午前のみ/日・祝は休診

アクセスマップ
ページの先頭へ
トップに
戻る