このページは、共通のメニューを読み飛ばすことができます。直接本文をご覧になるかたは「このページの情報へ」というリンクをクリックしてください。
サイト共通のメニューへ
このページの情報へ

院長ブログ

  • 開院祝い

    近所で知人の医師が開業するので、花を贈りました。

    本日5月9日の日曜日に、手配を依頼した花屋に行って支払いの処理をしてきました。

    花屋と言えば コロナでイベントが減り、収入が減ったとも聞いていましたが、この初めて入った花屋は、やたらと客が多くて、自分の番が来るまで待たされました。気が付くとお客は男性や子供ばかり。

    そうです。今日は母の日。母に贈る花を求める人が多数。

    さて、開業のお祝いの花というと、クリニックでは蘭の花が多いのですが、私のクリニックが開業したときに、私に「イモ」の鉢を送ってきた友人の医者がいました。

    イモは「クワズイモ」という観葉植物ですが、カラオケクラブの「規約」が開業祝いのメッセージになっていて笑わせてくれました。

    どうせ割り勘

    病院の仕事がいくら遅くなっても、カラオケ代金はワリカンでした。20時から0時過ぎまで歌っているので、遅れて参加できないことはなかった。

    その友人の医師も、今年は奄美大島の離島で開業することになり、漁として海に出ながら、片手間に医者をやるという、素晴らしい生活をしています。

     

     

     

     

  • エヴァンゲリオン

    この連休、どう過ごしましたか?

    私はアニメのDVDを観ました。

    以前から見たいと思ってた「新世紀エヴァンゲリオン」です。

    私はしばらく時間が経って評価が定まったものを見るタイプです。良い作品を効率よく見ることができます。なにより視聴コストが安いです(ただし、時間が経って、忘れてしまうことがあります)。

    この作品もTV放映直後よりも時間が経ってじわじわと反響を呼んだ作品のようで、2000年代に「新劇場版」など続く作品が展開されています。

    「宇宙戦艦ヤマト」や「ガンダム」シリーズ同様、一番最初に世に出た作品を見るのが一番良い。

    安いDVDのセットをネットで探すと、TV放映のDVDがセットで入っていて、新品3000円で売られているものがありました。

    取り寄せてみてビックリ。全部フランス語です。

    日本のアニメをフランスでDVD化したもののようです。

    DVDをそのままプレイしたらいきなりフランス語で始まったのですが、言語を「日本語」に直してちゃんと聞くことができました。

    人間の入ったロボットが怪物を倒す、というパターンのアニメかな、と思って見始めたら、なんと第一話でいきなり相手に倒されるではないですか!

    主人公が、機械(エヴァンゲリオン)に「乗りたくない」と言ってゴネていたり、登場人物がそれぞれ人間関係の悩みを抱えていたりと、一癖も二癖もあるシナリオ作りで、最後まで引き込まれてしまいました。

    人間とは何か」なんて、フランス人の好きそうな哲学的な問いかけが随所に出てきて、かの地フランスでウケたのも納得です。フランス人は、アメリカ映画のようなわかりやすくてスカッとする映画よりも、このエヴァンゲリオンのように、影があって、なんかモヤモヤしているものが好きなんでしょう。

    それにしても、設定とか世界観が「風の谷のナウシカ」と似てませんか。

    女が強い。

     

     

     

  • 5月のタタキ

    5月はカツオのおいしい季節。

    表面をあぶって、お醤油につけて食べるカツオのタタキは最高ですね。

    以前、バイク仲間とツーリングで南国の土佐にカツオのタタキを食べに行ったことがあります。

    カツオのタタキを食べるためだけにバイクを走らせる、というツアー。

    私は「一杯のコーヒーを飲むためだけに、真冬の夜、100㎞の道のりをバイクで行く」

    というような変なことにあこがれていた時代がありましたがなぜか

    私のアイデアが共感を呼んで、20代の女の子も含めて、バイクの免許を持っている12人が参加しました。

    旅程はというと、

    西宮の港からフェリーに乗り四国へ。

    二等客室は、移民船のザコ寝状態でした。汚れたTシャツ着て貧乏な格好の私たちも船内の風景に妙になじむ。

    翌朝早く四国に上陸し、高知県の観光地を転々としたあと、ある料理屋で、土佐ならではのカツオのタタキを腹いっぱい味わいました。

    その後四万十川を遡行し、四国の林道を抜けて、本州に戻ってきました。

    人口のまばらな山中、3ケタ表記の国道は、林道と呼ぶにふさわしくそれこそ、ジャングルの中。

    現代のお遍路さんは、菅笠のかわりにヘルメット、白衣のかわりにバイクジャケットですが、

    バイクがコケないように、ひたすら前の路面に集中したおかげで 煩悩はふっきれました。

  • さい帯血とは

    再生医療で今までなおらなかった病気が治るようになった等いろいろニュースがありますが、さい帯を使った再生医療も再び注目を浴びています。

    さい帯って何だかわかりますか? 「へその緒」つまり生まれるときに赤ちゃんのおへそにつながっている血管のことです。医学用語で「臍帯」英語でUmbilical cordです。

    さい帯から幹細胞を取る試みは今に始まったことではなく、20年くらい前にすでに技術が確立されていて、私も臍帯血バンクに提供する血液を採っていたこともあります。

    当時から「子供が白血病になったときのために役立つかもしれない」と言われていましたが、20年経った現在では、自閉症の治療に効果があるのではないか(phaseⅠで臨床応用はされていない)と言われています。

    臍帯血は採取するのは簡単ですが、保存と管理が難しい。 20万円くらいかかります。

    公的な臍帯血バンクもありますが、民間の会社の活動が大きいです。

    。「臍帯血を取りましょう」と積極的なCMを展開していたのは血液製剤のバッグを販売する某医療機器メーカーでした。自分とこの製品が売れるのだから、積極的に宣伝しているはずです。

    白血病にかかる頻度は少ないので、割にあわないと私は思いましたが、そう思わない人もいるでしょう。

    コストの問題が解決でき臍帯血を有効に使うことができれば、いいものだと思います。

     

    さて、臍帯を触ったこと、ありますか?

    釜揚げうどんのように白っぽくてツルツルしています。子宮の中で赤ちゃんの圧迫を受けるので、つぶれないようにコラーゲンの繊維がたっぷり入っています。

    釜揚げうどんを食べる時、ちょっと臍帯のことを思い出します。

    臍帯は断面がカエルの顔みたい

  • 眼は口ほどにものを言う

    鼻から入れた牛乳を目の涙腺のところから出してどのくらい遠くまで飛ぶか世界記録に挑戦した人のことを
    先日あるテレビ番組で披露していました。

    「目」は重要です。

    マスクで顔を隠して仕事をしているこのご時世、口や顔の表情筋が見えないので、「目」「眼」はコミュニケーションのための重要なパーツです。

    診察の時でも、私は患者さんの目をよく見るようにしています。

    妊婦健診の時に体重増加が多くて、「あなた食べすぎていないでしょうねえ」と聞く時とか、ピルの処方をする前に タバコの臭いがする人に「タバコ吸っていませんよねえ」と聞く時など、おそらく捜査官なみの注意力で相手の瞳を見ていると思います。

    じっと見ていると、不自然に大きいカラーコンタクトや、不自然な美容整形の二重まぶたなども発見しますが、「眼は心の窓」で、相手の感情の変化がわかりやすい。

    私が医学生の時、意表をついた質問をして学生をびっくりさせる脳外科の教官がいました。

    「君、目をみて何がわかる?ん?」

    席の前の方で、当てられた学生は、いきなりの質問にびっくりしましたが、一呼吸置くと彼はこう答えました。

    先生、愛がわかります。

    教室は爆笑の渦につつまれました。

    でも確かこの人は脳外科の試験に落ちたと思う。

  • ワクチン 

    コロナワクチンの接種が進んでいますが、先週私もコロナワクチンうってきました。

    通常のインフルエンザワクチンより痛みが強いような噂を聞いていましたが、私の場合は、打った部位の痛みが翌日ちょっとあった程度で大きな問題ではありませんでした。

    ワクチンは自分を守るだけではありません。接種をした人の割合が社会の中で増えることで

    「集団免疫」と言ってウイルスが広がりにくくなります。

    さて、日曜の夜にはNHKの大河ドラマ「晴天を衝け」を観ているのですが、今回主人公の子供が「はしか」で死んでしまうシーンがありました。実はこの時代、20年から30年ごとにはしか(麻疹)の流行が起こっていて、そのたびに大量の死者が出ていました。ドラマの時代でも20万人(コレラと合わせて)死にました。

    はしか(麻疹)はワクチンで予防できる病気ですが、昔だったら死んでいた病気で死ななくなったのはワクチンをうっているおかげです。百日咳、B型肝炎、ジフテリア、日本脳炎、破傷風など命を落とす病気にかからなくなったのは、ワクチンをうっているおかげです。

    子宮頸がんのワクチンも子宮がんから命を救うワクチンですから、うつことをお勧めします。

    **

    ワクチンの接種率は、国によって大きく違いますが、国民性もあるようです。

    どうやったらワクチンをうってもらえるか。

    ジョークがあります。

    アメリカでは国民に「ワクチンをうつとヒーローになれます」と説明します。

    ドイツでは「規則ですのでワクチンをうってください」

    イギリスでは 「紳士淑女はワクチンをうってください」

    イタリアでは 「ワクチンをうつと女性(男性)にモテます

    日本では・・・

    もう 他の人はみんなワクチンをうってますよ!

    だそうです。

     

  • 夜桜のケン

    桜は散る季節になりましたね。

    桜の実物は散りますが、肌に入れるタトゥー(刺青)の花は消えることはありません。

    私が日常診察をしていると、タトゥーをしている女性もたまにいます。

    肩や手の甲にしている人もいますが、下腹部、太ももの後ろ側に入れている人もいて、診察の時に目にすることがあります。腹部の診察や陰部の診察など、普段慣れている自分でも、見慣れないタトゥーがあったりすると、ギクッとします。

    今では技術や安全性も上がってきていますが、刺青も年数が経つと輪郭がボケてきますし、刺青をやめようと思ってもキレイに消えません。どうしても痕(あと)が残ります。

    若気の至りで好きな男性の名前を入れてしまったりすると、数年後からは一生後悔する人もいるので注意が必要です。

    さて、私の思い出す刺青の男性、忘れられない「ケンさん」がいます。

    神戸でヤクザを稼業にしていた、患者のケンさん。高倉健さんみたいですが見た目は全然違う。

     

    私が研修医のときの患者で、60代の男性でしたが、肝硬変で入院していました。肝硬変の末期で、見たところ、おとなしいおじいちゃんでした。

    点滴をする腕には、刺青(タトゥー)がほってありました。刺青も年数が経つと、

    けん

    青い色だけ残って、字の輪郭がにじんでくる。

    「夜桜の研」と彫られてあります。ずっと以前 血気盛んな若い頃に入れたらしい。

    カルテを見ると、患者の本当の名前は「健治」で、「」のところを間違って

    」と彫られてしまったらしい。

    肝硬変はC型肝炎ウイルスによって引き起こされたものですが、

    当時は、刺青などの器具から感染することも多かったのです。

    私の推測するに、刺青をしたときにC型感染ウイルスをもらったと思われます。

    間違った名前で刺青を彫られてしまい、しかも、C型肝炎ウイルスをうつされるなんて。

    今や末期の肝硬変。

    ヤクザな男の一生を垣間見た気がしました。

    成仏してくれよ、ケンさん!

     

     

  • 犬を飼う

    犬を飼いたい、と最近思っています。

    実は私も高校生まで犬を飼っていて、毎日世話していました。犬好きなほうです。高校生まで仲の良かった犬と大学生になって犬と離れましたが、犬の死んだ日に私の夢にその犬が出てきたことがあります。犬は自分に別れの挨拶をしたのだ、といまだに思っています。

    さて、どうやって犬を見つけてくるか。いろいろ調べていくと、昔とは全然違うことに気づきます。

    私の子供の頃は、近所で生まれた犬を分けてもらう、とか、捨て犬を拾ってくる、ということが多かった。私が子供の頃飼った犬も、最初は自宅の軒先で放置され鳴いていた子犬でした。

    今ではペットショップで購入というパターンが多いようです。ブリーダーが人気のある犬種を大量に繁殖させ店頭においてあるものより、私は雑種でも健康なのがよいと思って「保護犬お譲りします」などのサイトを見ているのですが、いろいろありますね。

    飼い方も、昔は家の外で飼うのが当たり前だったのですが、最近は家の中で飼うことが多い。販売業者も「家の中で飼う」ことが前提で譲る業者も多い。

    犬の予防接種も、私が子供の頃は狂犬病だけでしたが、今ではパルボウイルス、アデノウイルス、ジステンパーウイルスはじめ3~8種類のワクチンが推奨されています。

    ドッグフードは昔からありましたが、私が子供の頃は、人間が食べたごはんとみそ汁を犬の食事として与えているのが日常の風景でした。

    さらに、犬のオムツ、犬の保険やら、犬のお葬式やら、昔では考えられなかったことが今では当たり前になっていることに驚かされ、浦島太郎状態でした。

    むかしは歩いていて、道でうっかり犬のウンコを踏んでしまう、ということがたまにあった気がしますが、今はありません。

    ウンコが道端に落ちていなくなりました。

    昔はウンコを踏んだ時、こう言ったものです・

    ウンがついていて良かったねえ♪」

     

  • 無痛分娩

    無痛分娩を希望される方が時々おります。

    無痛分娩というと全く痛みのないお産のように思われるので当院では最近まで「和痛分娩」と呼んでいました。痛みはあるが和らぐというニュアンスです。

    背中から針を刺して脊髄の硬膜外にカテーテルを留置し、鎮痛剤を入れるものです。適切に入れば分娩の痛みがかなり和らぎます。産後の疲労も少ない。

    無痛分娩は欧米ではよく行われているお産の方法で、欧米に住んでいて出産したことがある人からは希望が出ます。麻酔の安全性については、私自身は200人以上は行っていますが、大きなトラブルを起こしたことはありません。

    時々妊婦様から依頼があるので行っていますが積極的にやっているわけではありません

    陣痛が来るのは昼でも夜でも、いつになるかわからないので、24時間対応できる覚悟が必要。

    麻酔針の穿刺は非常に注意が必要です。カテーテルの先端が硬膜外腔にうまく入っていないと麻酔が効かず、カテーテル再挿入。

    安全に処置を行うためには、30分ごとに血圧測ったり、スタッフが頻繁に状態をチェックする必要あり。

    効いたか、効いていないかは、麻酔を受けている人の主観的な判断によります。客観的にはわからない。私が「うまく入った」と思っても、産婦さんが、「効いてないです」と言えばやりなおし。(どっと疲れます)

    分娩お産の痛みの経験のある経産婦さんに和痛分娩を行うと、「かなり痛みが軽減した」と効果が実感できるので喜ばれますが、初産婦さんには、「麻酔をしたけどやはり痛かった」と、全く無痛の状態でお産できると思っていた人にはガッカリされることもあります。

    麻酔科医でないと麻酔ができない、というものではありませんが、産婦人科医の中でも和痛分娩の技術を持っていない医師もいます。

    和痛分娩をするための資格試験は現在ありませんが、もし必要になるなら、和痛分娩を行える病院の数は今より少なくなるでしょう。私も資格が必要なら取ろうかなと思いますが、資格取得のためにクリニックを一日休診させるくらいの手間が必要なら、取らないかもしれません。

    資格と言えば、こないだ私の父親に草刈り機の操作の仕方を教えてもらいました。

    農薬を使わない うちの畑の雑草は、あっというまに育ってしまい、手に負えません。

    草刈り機って、先端に円盤状のノコギリの刃がついていて、みるからに危ないですよね。指を切るとかの事故も毎年あるらしい。

    でも、草刈り機の免許は必要ないらしい。私のような素人でも、あの危ない機械をすぐに使っていいのだそうです。

    畑の雑草がズバズバ切れました。

    気持ちい~い。

    畑の雑草刈りとってストレス発散しています。

    かぶ ドット混んでいたので間引きしました

  • 人生ゲーム

    なぜか突然、人生ゲームがやりたくなって、ネットで購入しました。

    なぜか人生ゲームをやりたくなりました

    私が小学生の頃すごく流行った盤ゲーム。盤上のルーレットを回して、駒を進めたり、止まったマスの指示に従ってお金をもらったり、失ったりするゲームです。

    時代が変わって、内容も変わっているそうですが、全く変わらないと感じたのは ルーレットの手ごたえや、作りこみ。 ルーレットを回した時、ペナペナしたプラスチックが数字を刻んでいって、回転がゆっくりになり、最後にどっちの数字に入るか、凝視して、ドキドキするあの瞬間、子供の自分に戻っていました。

    大筋変わってませんが現代風のアレンジがあります

    人生の中で職業を持って、結婚して、子供を持って、ゴールというゲームですが、職業を持っている人がいきなりフリーターになったり、ゴール目前で大金を失ってビリになったりと、結構面白いです。

    ちなみに、私も周りの参加者とゲームをやってみましたが、私は億万長者でゴール目前に、悪いマスで大金を失ってしまい、ビリに転落してしまいました。

    リアルの人生では2020年のマスでは「コロナで外出できず、2回休み」でしょうか。

    実際の人生もルーレットみたいなもので、頑張ってみたってしょうがないよと、ゲームに教えられている気がします。

     

  • 診療予約
  • 採用情報
  • ブログ
アクセスマップ

〒438-0002
静岡県磐田市大久保896-39

診療時間

9:00~12:00 15:00~18:00

水・土は午前のみ/日・祝は休診

アクセスマップ
ページの先頭へ
トップに
戻る