このページは、共通のメニューを読み飛ばすことができます。直接本文をご覧になるかたは「このページの情報へ」というリンクをクリックしてください。
サイト共通のメニューへ
このページの情報へ

院長ブログ

  • FGM female genital mutilation

    normal

    以前のブログで男の子の性器の皮を切る手術の話をしましたが、イスラム社会、ユダヤ教の社会では、広く行われている習慣で、

    「割礼」とも呼ばれます。

    世の中には女性版の「割礼」もあります。

    女性器のクリトリスや小陰唇を切除してしまうもので、FGM(female genital mutilation)(女性性器切除)と呼ばれます。

    中央~西アフリカの一部で現在でも行われています。

    女性のこの習慣については、西側諸国の女性人権団体が、「すぐにやめるべきだ」と運動しています。

    男性の割礼、FGMともその社会の中の通過儀礼として「誰もが経験すること」とされているので、なかなかやめさせるのが難しい。

    今の日本に住む私たちからすれば、皮を切るなんて、なんて残酷、と思うかもしれませんが、

    かつて日本でも、性器を手術したいと考える人が沢山いた時代があったのです。

    私が産婦人科医になる、もっと前の時代。たぶん今から40年~50年くらい前のころ。

    お産で子供を産むと、膣が広がってしまい、産後のセックスで性感が得られない、と考える人が、かつては多くいました。

    そこで、お産をしたときに、医者に頼んで、「わざと膣が狭くなるように縫う」ことがかなり行われていたようです。

    処女信仰のある時代には「処女膜再生術」という手術の方法もありました。

    正確な資料は持ってませんが、私がかけだしの医者の頃、私に「膣を小さく塗ってください」という産婦がいました。

    また、数年前に「尿がちゃんと出ない」と言って、私のところに診察を受けにきた60代の女性がいましたが、

    尿道の出口のところで、左右の小陰唇が、縫い合わせられた状態になっている症例を見ました。

    本当のところは教えてくれなかったのですが、産後に膣を狭くする目的で縫合したとしか考えられませんでした。

    膣の皮を縫って狭くしたくらいでは、産後の性感が良くなることはなく、痛みがひどくなるだけなので、

    この手術は時代とともに廃れていったと思われます。

     

    時代が変われば考え方も変わります。

    今普通と思っていることが、将来は普通でないかもしれない。

    自分をしばっているものがローカル・ルールだったとわかると、生きるのが楽になることがあります。

     

     

     

  • しょうゆとプリンで → ウニの味がする

    プリンにしょうゆをかけるとウニの味になる」という話聞いたことありますか。

    他にも食べ合わせについてはいろいろあって、

    「きゅうりに蜂蜜をかけるとメロンの味になる」、とか

    「かっぱえびせんにマヨネーズを塗るとエビフライの味がする」

    「牛乳+たくあん→コーンポタージュ」

    とかいう話、聞いたことありませんか?

    ある日「プリン専用醤油」というモノが売り出されたのを知って、早速注文してみました。

    これでウニが食べ放題だ1

    これでウニが食べ放題だ1

    一回使っただけで、食欲なくして、余ったらどうしよう、と思っていましたが、

    届いたのはミニボトルで、お試しで使える大きさで安心しました。

    最初に普通の醤油と比べてみましたが、魚介類のアミノ酸が多く、魚醬のような感じもします。

    さて、プリンといえば、「ぷっちんプリン」。コンビニで買って、

    こいつに、ちょろっと、たらして、おそるおそる、口に含んでみました。

    プリンのトロリとした食感に、しょうゆの潮の香が漂いました。

    うん、おいしい!

    と思いましたが、

    本当のウニの味って、どんな味だっけ?

    自分はウニ食べる回数も多くないので、味が近いのかどうか、評価に苦しむ・・・

    でも卵かけごはんには良いようです。

     

     

  • ビールの代わり

    暑いですね!

    ビアホールに行きましたよ!

    冷たいビールをぐっと飲みほした・・・・飲み干したいところですが、仕事で呼び出される可能性がある私はビールの代わりの「ノンアルコールビール」で乾杯でした。

    雰囲気で酔えればノンアルコールでもオッケーですが、最近アルコールの入らない宴会増えてませんか?

    ジンジャーエール・ウーロン茶もビールの代わりとしてよく飲まれるそうです。

    ビールのノドごしの良さを味わうなら、炭酸水もいいです。

    価格がそこそこで炭酸も刺激の強いウィルキンソンをよく飲みます。250mlの飲みきりサイズが良い。私の好きな飲み方は「りんご酢」とかフルーツ酢の炭酸割りです。さっぱりして結構いけます。

    炭酸水の健康効果については二酸化炭素が血中に増えると血管拡張が起こり、血流が改善されるとか。デトックス効果がある、とか腸の運動を改善させ便秘にもいいとか、の書き込みがネットにありましたが

    医学的な根拠は不明です。飲みすぎて害はないようです。

     

    炭酸はおいしいのですが、ただ一つ、難点が。

    飲んだ後、ゲップが出る。

    こないだ患者さんと話していてゲップが出そうになりました。

     

  • センチュウ(線虫)

    おしっこの匂いでガンがわかる!?

    というニュースがありました。微生物である線虫(センチュウ)はガン患者の匂いをかぎ分けることができて、健康な人の尿の匂いには寄っていくが、ガンの患者の尿からは逃げるそうです。

    無料イラスト、今やこんなのまで見つかりました!

    線虫は体長が1㎜に満たない生き物ですが、その一種のC.elegansは嗅覚受容体が犬の1.2倍もあります。これをガンの診断に使われる血液中の物質「腫瘍マーカー」と比較しても、見劣りしない感度が報告されています。

    線虫の飼育が簡単で低コストのため、健康診断などでのがんの診断に実用化が近いと言われています。

    線虫は遺伝情報が簡単で、多細胞生物では世界で初めて1998年にDNAが解読された生き物です。このため遺伝子の研究などもやりやすい。

    長寿遺伝子と呼ばれるサーチュイン遺伝子も線虫が持っていることが知られていて、おなかを減らした(飢餓)状態にすることで寿命が延びるのではないかとここ10年くらい論争が続いています。

    長生きするには腹八分」という昔からの言い伝えがありますが、これを立証するエビデンスではないかと言われています。

    いろいろと新しい知見をもたらしてくれる線虫ですが、人体にはやっかいもの。

    1980年頃までは日本もフィラリア症(別名「象皮病」)がみられていました。西郷さんのキンタマは腫れていた、という史実があります。当時鹿児島や奄美に蔓延していて下半身のリンパ浮腫を引き起こすフィラリア症にかかっていた可能性があります。これも線虫の寄生によるものです。

    一方で線虫は農家の大敵です。

    ネコブ線虫や大豆シスト線虫は植物に寄生して、栄養分を吸い取ってしまい、作物をダメにします。

    マリーゴールド植えてます

    私の畑にもトマトやナスが植えられていますが、線虫の予防のため、マリーゴールドを植えました。マリーゴールドには線虫を予防する効果があるそうです。

    線虫について、いろいろなニュースがあるのですが、私が一番線虫のことを思い出すのは、朝ごはんの時。

    おかずの釜揚げシラスをみると、線虫に見えてしまいます。

     

    動いてないからいいけど。

     

     

  • 骨盤ベルト

    骨盤ベルト

    腰痛の改善にベルトやテーピングが有効と思いますが、このたび骨盤ベルトの巻き方について話を聞く機会がありました。

    妊娠中は骨盤の関節が変化するので、腰痛を持っている人は多い。

    骨盤とベルトの関係

    骨盤とベルトの関係

     

    スポーツ医学の理論などから、腰痛に近い場所を引っ張ったり、圧迫したりすることで、

    自覚的な痛みは軽減すると思います。

     

    しかし、ベルトがあれば腰痛のすべてが解決する、とは私思っておりません。

     

     

    骨盤ベルトの特許を持つ、某社の説明によれば

    「ベルトをすることで切迫早産の予防になる」

    「開いた骨盤が閉まって、お尻が小さくなる」

    「恥骨結合が開いてしまうのを、ベルトが予防する」

    「冷えやむくみが骨盤ベルトで改善される」

    「胎児のゆがんだ姿勢がベルトで改善される」

    などと書かれていますが、ちゃんとした科学的実証がないので、私は信じていません。

     

    うたい文句を信じて、高い値段を払って購入している、善良な人もいるので、一石を投じたい。

    腰痛の要因として、見逃されがちなのは、

    1)運動不足による筋力低下と

    2)日常生活でのゆがんだ姿勢。

    もちろんそれだけではありませんが

    ベルトさえしていれば、腰痛すべてが解決する、というわけではない。

    ベルトさえしていれば良い、というわけではない

     

    さて、私の医者人生の中で

    ベルトさえ していればよかった、という経験もあります。

    手術着は、ズボンをヒモで縛るので、あわてていると、手術中に緩んでくることがあります。

    手術では、手洗いをして清潔になった手は、術野以外を触ることはできない。

    長時間の手術で、体を移動させていて、手術用ズボンが緩んでしまって、困ったことがあります。

    とうとう、直せないまま、自分のパンツが見えるくらいズリ落ちてしまいました。

    「ひゃー」という声が、周りの看護師から上がりましたが、

    若い看護師に直してもらうのは恥ずかしいので、自分より年上のおばさんの看護師に、ズボンをずり上げてもらいました。

    真剣に手術していたので、私にとって、パンツが見えた程度のことは、どうでもよかったのですが・・・

    後から考えると、

    ベルトがあればよかった・・・

     

     

  • 幸せはゆっくり来る

    雨ひどいですね。

    今日も畑で野菜の収穫・・・と思っていたのですが

    大雨で作業できず残念です。

     

    雨といえば・・・

    いつも通りかかる近所の家の玄関に、雨の日になると広げられて乾かしてある傘がありました

    幸せはゆっくり来ると書かれてます

    この家に住む、幼稚園の女の子の傘です。

    傘には

    Happiness comes slowly (幸せはゆっくり来る)」

     

    という文字が目に入ります。

     

    (そうか、幸せはすぐには来ないんだなあ・・・)

     

     

    疲れた私の頭にそんな考えがよぎりました。

    ゆっくり来る⇒ すぐに来ない

     

    私が病院勤めをしていた頃、独身のナースも大勢いた職場では

    「ゆっくり結婚する人」とは「まだ結婚できていない人」のこと

    アメリカの教育現場では

    「ゆっくり学ぶ人(Slow learner)」とは「なかなか学力が上がらない人」を意味します。

    「先日ご連絡した件、まだお返事いただいてないのですが、メール読んでいただいたでしょうか?」

    という詰問のメールを最近いただいてしまいました。

    読んだけど、忙しくて返信忘れてました!

     

    ゆっくりメールの返事を書いています

    ということにしました。

     

     

  • 暑さの記憶

    このところ暑いですね。35度を越えた地域も多数。

    日曜日は畑でスイカ取りましたよ。今年第一号のスイカです。

    今年はじめてのスイカです

    さて、私が今までの人生で経験した中で、最も暑かった外気温は40度でした。(サウナは除く)

    2002年にアフガニスタンにいた時です。

    私たちの活動拠点の診療所は砂漠の中にある集落のようなところで、やってくる男性患者の95%は農家。

    日陰のない屋外で一日中農作業をしているせいか、太陽に当たりすぎた熱中症の患者が多かったです。

    40度を越える猛暑でも、農民は長袖の服を着ている点が日本と違うのですが、

    カラカラに乾燥している地域では直接皮膚に太陽が当たらないほうが涼しいのです。

    診療所の患者の中には、真夏なのに、日本の冬のドテラみたいな厚い服を着ている人がいます。

    脱水の治療の前に、(お前、その服脱げよ)と言いたくなったのですが、
    アフガニスタンの人にとっては裸でいるよりドテラを着ている方がマシなのだそうです。

    農民の患者のリクエストで多かったのが

    「点滴してくれ」

    でしたが、点滴すれば病気が治ると思っている人の数は日本以上でした。

    さて、アフガンのような暑くて乾燥した気候では、農家の作物も限られ、日本で食べている食材の多くが手に入らない(納豆や豆腐など大豆食品や、魚 豚肉)のですが砂漠でも育つ種類のメロンだけはおいしかったです。水分が少ないだけに糖度が高く、ジューシーでした。

    アフガンの服 右から二番目が私

    アフガンの服 右から二番目が私

    日本で買ったら数千円もするような味のメロンを毎日パクパク食べていたわけで、日本に帰った時に「アフガンでは毎日メロンばかり食べれるよ」とやせ我慢して自慢したのですが、

    「メロンばかり食べている」のは、実は「メロンしか食べるものがない」ということです。

     

     

     

     

     

  • モモクリ3年 カキ8年・・・

    開業の時に植えた杏の木ですが、今年になってとうとう実をつけました。

    開業した7年前は枯れ枝みたいな木だったのに・・・

     

     

     

     

     

     

     

     

    開業した7年前は枯れ枝みたいな苗木で、こんなの育

    7年目で葉も茂り、果実ができました

    つのだろうか、という感じでしたが・・・

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    7年目のこの季節10個くらいの実をつけるまでに成長しました。

     

    うれしいので、つい、地面に落ちたのまで拾って食べてみました。梅の仲間だけあって、青いのは酸っぱい!

    リンゴやバナナとちがって、「あんず」は聞いたことがあるけど、あまり口にしたことがない食べ物ではないでしょうか? 「なんとなく良い」イメージではないですか?

    私の「あんずクリニック」のコーポレート・イメージもそのあたりをねらっています。

    杏林堂という薬屋があることからわかるように、「杏」は昔は薬として使われていたことがあります。杏は杏仁豆腐の成分ですが、種を干したものを「きょうにん(杏仁)」と言ってこの一部が喘息や咳止めの薬として利用されます。

    また杏仁は消化を助ける働きがあるので、中華料理など脂っこいものを食べた後によく合います。

    「どうしてあんずクリニックという名前にしたんですか?」

    と質問を受けることがありますが、一番短絡的な回答としては、

    「お産だって”案ずるより産むが安し”って言うじゃないですか、あっはっは」

    と言ってます。

     

     

     

     

  • なくしてわかる ありがたさ 親と 健康と・・・

    手術した痕をいかにきれいに、目立たなくするか。手術をする医者の課題です。

    帝王切開の手術の痕、人により、瘢痕がもりあがって、見た目が悪くなってしまう人がいる。

    最近の知見では、どうも術後長期(半年後まで)のケアが成否をわけるらしい。

    手術の傷をあまり触らないのが良いようです。

    いかに手術の傷をきれいにするか。こういう悩みに応えてくれる製品が、最近出ました。

    アトファイン

     

    従来のサージカルテープより、張り替えが簡単で通気性が良い。

    優れた製品です(ただし保険適用でないので自分で買っていただきます)

    この製品を作ったニチバンはいい会社だなあ、と考えていたら、あの名コピーを思い出しました。

    なくしてわかるありがたさ 親と健康とセロテープ

    新幹線の三河安城の駅の近くにどでかい看板があって、新幹線が止まると目に飛び込んできます。

    川柳のような語呂の良さと(セロテープってなくして後悔するもんかあ)という絶妙のギャグは見るものに強くアピールするのですが、この春デザイン変わったそうです。

    会社のサイトより転載

    私自身の記憶としては、関西に住んでいた頃、家庭内のもめごとがあって、失意の中で新幹線に乗り、静岡の実家へ帰る途中で、窓からぼーっと外を見ていた時に見た広告でした。

    親不孝だった私に強烈にひびきました。

     

     

     

     

  • 奄美大島

    歯ブラシ80円 短パン1500円。

    奄美大島で買った短パン

    奄美大島で買った短パン、まだ持ってます

    私が名瀬のイオンで買ったもの。

    奄美大島の物価が本土と同じで、驚きました。

    西郷どんで注目された奄美大島ですが、私も10年くらい前に訪れたことがあります。

    加計呂麻島で診療所をやっている友人を訪ねて、一人、空港でレンタカー借りて遊びに行きました。

    ほとんど手ぶらで行って、名瀬で歯ブラシや短パン買って、南へ。

    マングローブ地帯を通過して、渡し舟に乗って、友人の住む加計呂麻島に行きました。

    友人は加計呂麻島で一つしかない診療所で医者として働いていましたが、遊びに来た私のために、自分の船で沖に出て遊んだり、魚を取ってくれました。

    モリをもって水中メガネで水面をのぞいている彼を見て、そんなに簡単に魚がとれるんかいな、と思ってみていたら、「フッ」と言った次の瞬間、引き上げたモリの先に魚が刺さっていて、

    医者というより漁師が似合う人でした。

    日差しの強いこの時期になると、あの南の島を思い出します。

     

     

     

     

     

  • 診療予約
  • 採用情報
  • ブログ
アクセスマップ

〒438-0002
静岡県磐田市大久保896-39

診療時間

9:00~12:00 15:00~18:00

水・土は午前のみ/日・祝は休診

アクセスマップ
ページの先頭へ
トップに
戻る