このページは、共通のメニューを読み飛ばすことができます。直接本文をご覧になるかたは「このページの情報へ」というリンクをクリックしてください。
サイト共通のメニューへ
このページの情報へ

院長ブログ

  • 夜桜のケン

    桜は散る季節になりましたね。

    桜の実物は散りますが、肌に入れるタトゥー(刺青)の花は消えることはありません。

    私が日常診察をしていると、タトゥーをしている女性もたまにいます。

    肩や手の甲にしている人もいますが、下腹部、太ももの後ろ側に入れている人もいて、診察の時に目にすることがあります。腹部の診察や陰部の診察など、普段慣れている自分でも、見慣れないタトゥーがあったりすると、ギクッとします。

    今では技術や安全性も上がってきていますが、刺青も年数が経つと輪郭がボケてきますし、刺青をやめようと思ってもキレイに消えません。どうしても痕(あと)が残ります。

    若気の至りで好きな男性の名前を入れてしまったりすると、数年後からは一生後悔する人もいるので注意が必要です。

    さて、私の思い出す刺青の男性、忘れられない「ケンさん」がいます。

    神戸でヤクザを稼業にしていた、患者のケンさん。高倉健さんみたいですが見た目は全然違う。

     

    私が研修医のときの患者で、60代の男性でしたが、肝硬変で入院していました。肝硬変の末期で、見たところ、おとなしいおじいちゃんでした。

    点滴をする腕には、刺青(タトゥー)がほってありました。刺青も年数が経つと、

    けん

    青い色だけ残って、字の輪郭がにじんでくる。

    「夜桜の研」と彫られてあります。ずっと以前 血気盛んな若い頃に入れたらしい。

    カルテを見ると、患者の本当の名前は「健治」で、「」のところを間違って

    」と彫られてしまったらしい。

    肝硬変はC型肝炎ウイルスによって引き起こされたものですが、

    当時は、刺青などの器具から感染することも多かったのです。

    私の推測するに、刺青をしたときにC型感染ウイルスをもらったと思われます。

    間違った名前で刺青を彫られてしまい、しかも、C型肝炎ウイルスをうつされるなんて。

    今や末期の肝硬変。

    ヤクザな男の一生を垣間見た気がしました。

    成仏してくれよ、ケンさん!

     

     

  • 春の夜のバイト

    雨があがってすっきりした青空でした。

    空気が澄んで日照時間の長いこの季節になると

    自分がガソリンスタンドでバイトした事を思い出します。

    夕焼けの関東平野に日が沈む情景がよみがえります。

    私、今は医者の顔して仕事していますが、

    昔はいろいろなアルバイトを経験しました。

    土木工事、

    居酒屋のウエイター、

    新聞配達、

    郵便配達、

    草むしり、

    スーパーの売り子、

    測量技師の手伝い、

    農家の野菜包装、

    引越しの運送屋、

    新造船の内装工事、

    自転車販売、

    大学の授業の代返

    交通量カウント、

    チラシのポスティング、

     

    などなど・・・いろいろな職種を経験すると世の中をいろんな角度から見られるようになる気がします。

    そんな中で、茨城県の高速道路SAにあるガソリンスタンドで夜間に給油のバイトをしたことがあります。

    「レギュラーですか ハイオクですか?」

    「満タンですか?」

    の簡単なフレーズを覚えればすぐできる仕事です。

    夕方入って朝帰るシフト。学生の割には給料が高く、スタンドでは自分の好きな車やバイクの雑誌が読めて、客が来なければ仮眠自由、好きなFM放送を夜間ずっと聞けるという理由でしばらく働いていました。

    私のバイト中に同僚がうっかりミスでハイオクのガソリンを入れるクルマにレギュラーを入れて、大騒ぎになったことがあり、その後私もすぐやめてしまいました。

    今は「セルフ給油」のスタンドが普及し、自分もセルフでガソリン入れますが、私のバイト歴の中の「またやりたいバイトランキング」では13位か14位です。

    当時の茨城はまだイナカの部分が色濃く残っていて、当時あこがれのスポーツカーのフェアレディZのことを、「ふぇあれでぃ・おつ(乙)」と読む人がいたり、クルマの塗装の色がワインレッドだと「サツマイモ色」と呼ばれていました。

     

     

  • 新しい受付

    当クリニック、予約と受付の方法を少し変えました。

    スマホで予約を取りやすくなる。

    診察前になるとメールで連絡が来る。

    診察が遅れそうな時もメールで連絡が来る。

    妊婦さんには、妊娠週数に応じて提供できる情報が多くなる。

    などメリットがあります。

    当方としては、スタッフの動きの無駄が少なくなるメリットがあります。

    ただ慣れないことにたいしてスタッフの抵抗が大きいと感じました。

    医療もサービス業の一つですが、学校の先生やSEの仕事も「残業当たり前」になってしまっている原因は「今までやってきた業務を減らせない」ことからくる不幸だと思います。

    お客さんのためのサービスには終わりはありません。ならば思い切って、「これ以上はやらない」というところを線引きする事もトップの仕事と今回感じています。

    必要な所は徹底してやる。必要でない所は上手に手を抜く。

    声に反応するAIスピーカーとか、外国人の通訳がその場でできるアプリとか、患者の診察に役立ちそうなものがどんどん出来ている今日この頃ですが、病院に来る人にとっても便利な時代になると思います。

    自分の分身がAIで作られて、自動で患者の診察してくれたら、本物の自分は何もしなくていいなあ、と勝手な妄想をしている毎日です。

     

     

     

     

     

  • 男がブラをする時

    ぶら

     

    勤め人をやめて開業医をやっているといろいろな業種の人と話をします。

    開業前のある日、母乳の出始めた女性がつけるブラジャーや 産後のショーツを販売する業者と面談をしました。

    「こういう形が赤ちゃんにおっぱいをあげやすいんですよ」

    商談の席で、背広を着た男性の業者はブラの見本を袋から出した。

    (本当にそうなのか?)

    私の頭の中に疑問がよぎりました。

    試してみないとわからない・・・

    実際に自分で身に着けてみることにしました。

    私のブラのつけ方はぎこちない。

    苦労している私を見て、周囲から失笑がもれた。

    大人でありながら3歳の幼児の服を気功のワザで数秒で着てしまう、 中国の大道芸人を私は思い出した。

    体格の良い私の背中に回したヒモはパッツン、パッツン、

    乳房が入るスペースは私の貧乳のため、スカスカ。

    結局、このブラが役に立つのかどうか、私の体では確かめることができませんでした。

    でも新しい下着を身に着けた女の気持ちが理解できた気がしました。

    男性用のブラも最近は売られています。

    私もブラが欲しいと思ったことがあります。

    マラソンをしていて、ごわごわしたTシャツを着て走ると   乳首がすれて傷ついて痛いのです。

    絆創膏で代用しています。

     

     

  • 発見者

    相撲の土俵で倒れた人に、心マッサージをした女性に対して女人禁制だから出ろ、とアナウンスがあったことに対して批判が集まっていますね。

    批判は当然と思います。が、その一方で

    (診断が正しいという前提で)脳血管障害であるクモ膜下出血で倒れたなら、心臓は動いているので心臓マッサージは必要ないはず。と医者の私は思ってしまいました。医療従事者なら、まず心臓が動いているかどうかを確認すべし。

    つまらないツッコミですが、人を助けようとする気持ちは大事なことで、救命行為を無駄だと言っているわけではありません。

    私も機会があれば自分の能力を生かして人を助けたいと思っています。

    さて、10年くらい前のことです。私はいつものジョギングをしていました。

    無題
    町外れの民家のガレージの前を通りかかると、

    なんとガレージの中で人が倒れているではありませんか!

    50代とおぼしき男、ついさっきまでガレージで何か仕事をしているような格好で、横向きに倒れており、

    傍らの自転車も倒れていて、

    つい今しがた倒れた、と自分の目に映りました。

    周りには人がおらず、自分が第一発見者かもしれない。

    私は男に近づいて、「大丈夫ですか?」と声をかけてみました。

    男はちょっと薄目を開けたものの、再び目を閉じ、そのまま呼びかけに反応しません。

    その瞬間、自分の中の医者としてのプロ意識が目を覚ました。

    救急のABC」のフローチャート! 頭の中を駆け巡りました。

    脈、呼吸、体温をチェック。
    呼吸と心拍は保たれている、意識がない。
    瞳孔は左右対称、4ミリ。

    脳梗塞か脳内出血か??

    胸をドキドキさせながら、とにかく人を呼ばねば、

    と隣にあるお店に入っていきました。

    (あんずクリニックの医師、ジョギング中に意識不明の男性の命を救う!)

    などと翌日の新聞に出るかな、と自分の中に功名心がチラッと見え隠れしました

    隣の店に入っていって、奥で座っていたオジサンに

    「すいません、隣のガレージで人が倒れて意識不明なんですけど」

    と声をかけたのですが、

    オジサンは全然動じることなく、

    「いいんですよ。酒飲んで酔っ払って寝てるだけですから。放っておいてください

    と言われてしまいました。

    その店の人は一応、確認のために面倒臭そうに店を出てきましたが、

    倒れていた男は、私達が騒いでいるのがわかったのか、

    「ん ああああ・・・」

    意味不明の声をあげ、寝返りを打ちはじめました。

  • 卵巣のう腫

    皮様嚢腫(ひようのうしゅ)と呼ばれるタイプの卵巣嚢腫は比較的若い人に多くて、偶然見つかることが多いです。

    ちなみに「嚢(のう)」は「袋」を意味していて、土嚢(どのう)などと同じ語源です。たまに患者さんが「らんそう脳しゅ」と問診票に書いていることがありますが誤りです。


    2年ほど前、18歳の女性がお腹の圧迫感があるということでクリニックにやってきました。

    この人もはじめは腸の病気ではないかと思い内科を受診していた。
    婦人科の病気とは考えていなかったらしい。

    「12㎝ぐらいの大きさの卵巣嚢腫と思われる病変がありますねえ。」

    エコーの画像を眺めながら私が言うと

    彼女は、そんなのあるはずがない、という表情で写真を凝視していた。

    横にいたお母さんが、うなづいていろいろ聞いてくるのだが、
    当の本人は、他人事のように、目をそらして、知らん顔をしている。

     

    (手術をすれば簡単に取れるのに)と私は思った。

    「手術しておいたほうがいいんじゃないでしょうかねえ」

    私はチラチラと、女の子の表情を伺うが、彼女は表情を硬くして、(体に指一本でも触らせるもんか)とでもいいたげな表情で、黙っている。

    人生の中で一番異性を意識する時期で、他人に体を触れられるなんてとんでもない、ましてやメスで皮膚に傷をつけられるなんてもってのほか、という心境だろう。

     

    「でも放っておいてもまだ大きくなるでしょうし、お腹の張った症状は消えませんよ。破裂して腹膜炎という可能性もあります。」

     

    私も手術を拒否する人に対して、押し付けるつもりはないので、

    「最終的にはご本人の判断にお任せしますけどね」

     

    と付け加えたが、本人はどうも踏み切れない気持ちの様子。

     

    (うーむ。困ったなあ・・・)

     

    私は奥の手を使った。

    手術をすれば、 痩せるし

    と、ぼそっと私はつぶやいた。

     

    その瞬間、彼女は目を大きく開き、身を乗り出して、言いました。

    手術やります。

  • かまってちゃん

    クリニックには子連れで来る妊婦さん・患者さんも多いです。

    小さいお子様は、どっかに行ってしまったり、騒いだりして、気を遣うことも多いと思いますが、そういう時待合室ではiPadが役に立つ。

    お絵かきアプリや機関車トーマスの動画は子供をおとなしくさせるのに役立っています。

    診察室にはお子様用にイスを置いてます。

    お子様用のイス クマさんは人気です

    開業当初、私はこんなもの必要なのか疑っていましたが、年配のスタッフが是非置いてくださいと言ったので置いてみたところビックリ。

    2歳くらいの子でもイスを差し出すと、おとなしくちょこんと座るものです。

    2~3歳の小さい子の中には、会話の内容もわからないのに、診察室で会話をしている親と私の間に割って入ってくる子がいます。

    私は「かまってちゃん」と呼んでいます。

    自宅に帰ると今度はネコ

    私がパソコンの前に座ると、わざわざ私の前に割り込んできてキーボードの上に座ろうとします。

    ちょっとジャマなんすけど

    キーボードを勝手に踏みつけるので、文字入力できない。

    あんたのせいでキーボード使えないじゃん!

    こいつも「かまってちゃん」だ

    「こまったちゃん」でもある。

     

     

  • 3・2・1、ゴー!

    3月21日は「世界ダウン症の日」です。

    世界ダウン症連合がダウン症の人とその家族を支援するために2006年から始めたものです。

    医学的には「21トリソミー」と言って21番染色体が3本あることからそう呼ばれています。ダウン症とは何か、ダウン症の人がどのように社会で役割を果たしているかを改めて知る機会です。

    大雑把に言って、1000人の出生あたり一人くらいの割合で産まれてくる。程度も人によっていろいろですが、出生後の身体・精神発達の遅れがみられることがあり、特徴のある顔つきをしています。

    注:顔つきだけでは診断にいたりません (正常でもこういう子はいっぱいいます)

    眼裂斜上、内眼角贅皮、両眼開離 注:顔つきだけでは診断にいたりません (正常でもこういう子はいっぱいいます)

    Down症候群は、命名者の医師がDownだったからだそうで、必ずしも「倒れる」という意味合いはないようです。

    妊娠中の超音波(エコー)で診断がつくのですか?という質問をいただきますが、現在のところ「出生前にエコーで確定診断はできない」が業界の常識です。

    私も何例もダウン症の児の妊娠出産を見ていますが、はっきりした異常を指摘できなかった例も多数あります。(振り返ってみれば、ちょっと小さいとか、心臓の異常があったとか、手足の形が特徴的なものがあった、と手がかりを指摘することはできます)

    生後の社会的なデメリットから、妊娠中に診断をつけようとする動きはあって、現在ではNIPT(母体血胎児染色体検査 いわゆる新型出生前診断)などもあります。

    海外ではクアトロマーカー(トリプルマーカー)などの検査も日本より頻繁に行われている国もありますが、精度が低い(→患者が不安になることが多い)ので日本では情報提供程にとどめ積極的に勧めている検査ではありません。

    ダウン症だからと言って、社会生活が困難とは一概に言えず、立派な書家になっている人もいますし、漫才やったり司会をする人もいます。ダウン症の子を持つ親の会などでは、子供がすごくかわいい、という話を聞きます。

    自己変容といって、現状に自分をあわせていく心の働きもあるのですが、ダウン症も人の一つのタイプとしておおらかに社会の中で見守る気持ちも大切と思います。

    将来家族が病気になったらどうしよう、とかお金がなくなったらどうしよう、とか誰でも不安になることはあります。

    そうなったらそうなったでその時考える、というのも大事かと思います。

    私は、かつて旅行が大好きで、「旅行できなかったら死んじゃう」くらいに思っていました。

    開業医になって長期で旅行もできない仕事場になりましたが、それはそれで何とか楽しくやっています。

    全然死んでません。

     

     

     

     

     

     

  • サクラと言えば花見

     

    桜の花が満開です。

    ちょっと汗ばむくらいの陽気ですね。

    桜と言えば花見・・・

    これから花見をする方も多いでしょう。

    自分が思い出す壮大な花見・・・それは自分が学生の頃、季節は春・・・

    hanami1大阪と神戸の間に夙川(しゅくがわ)と呼ばれる、 地元では有名な花見スポットがあります。

    幅数メートル、深さ20センチほどの小さな川。 両岸には美しい桜並木が1キロ近く続き、人の目を楽しませる。

    花見をする人たちは、川べりの桜並木の下にシートを広げ 思い思いのスタイルで時間を過ごす。

    花見といえば宴会。

    ぼくたちは花など見もせず、明るいうちからビールをグイグイ 飲み干していきました。

    いつの間にか記憶がプッツリ途絶えていました。

    気がつくと、ぼくは川の中に立って、水面から2メートルの高さの両岸から見下ろしている 花見客に「イェーイ」と手を振っていた。

    暗かったのでたぶん、夜8時ごろと思う。

    全身ずぶぬれ。川に落とされたのか、自分で落ちたのか。

    まったく覚えていない。

    川岸から手を振る、見知らぬ花見客から

    「泳げー!」と言われて、シンクロナイズドスイミングのマネをした ことは覚えています。

    それから見事にプッツリ記憶が途絶えて、

    どういうわけか、翌朝、ぼくは自分の部屋で目が覚めました。

    メガネがない

    記憶の断片をたどると、自分はメガネを川の中に落としたらしい。

    川底に落としたメガネを探す方法について、しばらく考えました。

    「おい、夙川の川底で砂金が取れるって、知っているか?」

    などと言って、翌日、同じクラブの後輩4 人を誘い出し、

    川底に落ちたはずの自分のメガネを探しに行きました。

    後輩たちと、落ちたあたりの川底をさらったのですが、

    ビールの空き缶とか、お菓子の袋

    つながったソーセージとか 出てくるばかりで、

    砂金はおろか、自分のメガネも見つかりませんでした。

  • 三千体のひな人形

    桃の節句のお雛様。

    その数三千体。

    可睡斎HPより

    可睡斎ホームページより転載

    成人してすでに使われなくなったひな人形。供養のために集められたひな人形を集めて展示しているお寺があります。袋井市の「可睡斎」という禅寺です。

    先日この可睡斎に行ってみました。3月には「可睡斎ひなまつり」が開かれています。

    圧巻はこのお堂にある32段1200体のひな人形です。

    広間の天井もいい加減高い(3メートルはあると思う)ですが、天井につく高さまで並べられています。

    供養で集められた一万体の人形の中でよりすぐりの精鋭(イケメンと美女)が並べられているそうです。一人としてサボっている人形(そんなのないか)はありませんでした。

    このお堂以外にも拝観の廊下のここかしこにひな人形が並べられています。

    私は男子なので女の子ほど人形に興味はないと思っていましたが、それでも一体、一体よく見ていくと、顔のつくり(しもぶくれでふっくらした顔からほっそりした顔まで)や来ている着物(十二ひとえとか)微妙に違っているのに気づきます。

    ひな人形をながめつつ、長い長いお寺の建物の中を歩きました。

    この寺は禅の道場でもありますが、写経や精進料理の体験ができたり、ぼたんの花の展示があったり、いろいろとアクティビティが高い寺です。

    マインドフルネスにもつながる禅の修行もやっていて、自分も瞑想をしにまた来てみたいと思いました。

    寺の由来は、この寺の和尚が徳川家康の前で居眠りをしていたことからつけられたそうで、睡眠にも関係が深いのだとか。

    静かなお寺の中を歩いていて、三千体ものひな人形を眺め続けていると

    なんだか自分も眠くなってきてしまいました。

     

     

     

     

     

     

     

  • 診療予約
  • 採用情報
  • ブログ
アクセスマップ

〒438-0002
静岡県磐田市大久保896-39

診療時間

9:00~12:00 15:00~18:00

水・土は午前のみ/日・祝は休診

アクセスマップ
ページの先頭へ
トップに
戻る