このページは、共通のメニューを読み飛ばすことができます。直接本文をご覧になるかたは「このページの情報へ」というリンクをクリックしてください。
サイト共通のメニューへ
このページの情報へ

院長ブログ

  • 震災の思い出

     

    非常事態になってはじめて、人の違った一面を見る。

     

    今年も1月17日になると震災のことを思い出す。私にとっては阪神大震災の時のこと。

    私は研修医で、ある大病院の敷地内の官舎に住んでいた。

     

    官舎は研修医のために作られたもので、たしか研修医全員

     

    一人で住んでいた・・・ はずだった。

     

    明け方の大きな揺れの後、みんなそれぞれ寝起きのまま、部屋から飛び出してきた。

     

    私の近くに住む、耳鼻科の先生の部屋からは、

     

    若い女の子が先生と一緒に部屋から飛び出してきた!

     

    見ると手術室のナースだった!

     

    まじめな、耳鼻科の先生だったのに!

     

     

  • カップ麺が犯人か

    冬は暖房器具や火など熱いものに触れる機会が多いですね。

    外国と比べて、日本の子供のやけど(熱傷)はカップ麺、インスタントラーメンで起こることが多い、と皮膚科の先生が報告していました。

    子供の火傷の原因として、即席めんの割合が外国では5%とされている一方、日本では23%だったとか。

    その報告によれば「日本は中国、インドネシアに次いで即席麺の消費量が世界で3番目に多く(世界ラーメン協会公式サイト:2017年5月11日現在)、その調理法の大半は、沸騰した湯を注ぐ形式であることなどが関連している」ためだそうです。

    カップ麺のやけど、というと自分もやったことがあります。

    私が10代だった70年代には、広い駐車場と、コンビニよりは小さい建物に自販機がたくさん並んでいる「ドライブイン」と称する場所がありました。

    磐田の高校生だった私は、自転車でとなりの浜松にいくのが楽しみで、橋を渡ったところにあるドライブインで買い食いをするのもちょっと非日常の気分でした。

    当時はすぐに腹がへったし。

    ドライブインにある、当時のカップ麺の自販機には、便利なことにお湯が出る機能がついていました。カップ麺を買って、ふたを開けてお湯の出口に置くと自動的に熱湯が出る。

    カップ麺を取り出してフタを開ける時、うっかりして熱湯を自分の手の甲にこぼしてしまいました。

    「アッチッチ!」

    水ぶくれができました。カップ麺の買い食いをしたことも罪悪感があって、親には黙っていました。

    その後薬も塗りましたが、やけどの痕は残ってしまい、今に至ります。

    カップヌードルの自販機で現在お湯が出るものは目にしませんが、たぶん使われなくなったのかもしれません。

    ということで、カップ麺、やけどをすることがあるので、気をつけましょう。

    「謎肉」と「乾燥エビ」は自分の大好きなアイテムでした。

    たまに食べたくなります。

     

     

     

     

     

  • 試験の季節

    school_test_kaesu試験の季節

    センター試験からはじまる受験のシーズンですね!

     

    以前ネット上の掲示板に出ていたネタですが、笑えたので転載します。

     

    《 中国人の日本語試験とその回答 》

    問1:「 あたかも 」を使って短文を作りなさい。

     

    答: 「冷蔵庫に牛乳が、あたかもしれない。」

     

    問2:「 どんより 」を使って短文を作りなさい

     

    答;「 僕はうどんよりそばが好きだ。」

     

    問3: 「まさか~ろう」を使って短文を作りなさい

     

    答: 「 まさかりかついだきんたろう。」

     

    問4: 「もし~なら」を使って短文を作りなさい。

     

    答: 「もしもし、奈良県の人ですか?」

     

    問5: 「うってかわって」を使って短文を作りなさい。

     

    答: 「彼は麻薬をうってかわってしまった。」     笑える!

     

  • 磐田の銘菓

    お正月は誰かと楽しい時間を過ごしましたか?

    私のところも、神奈川に住む妹夫婦が両親の実家に来て集まり、年末年始の時間を過ごしていきました。

    妹夫婦が帰る時になって、私の母(77歳)がお土産にこの土地オリジナルの和菓子を渡しました。

    磐田の和菓子屋と言えば、玉華堂(ぎょくかどう)と又一庵(またいちあん)です。

    玉華堂の「みそまんじゅう」はテレビで芸能人が紹介していることもあり有名ですが、「きんつば」を売っている又一庵というところも有名。

    HPより転載

    HPより転載

    又一の「きんつば」はアンがしっかりしていて甘すぎないのが良い。

    又一の「きんつば」を渡すとき、母はこう言いました。

    マタキン、持ってきない(持ってきなさい)」

    「マタキンだって、やだー」と妹にはウケて笑ってました。

    「又一のきんつば」→「マタキン」!

    磐田の銘菓がこう呼ばれているとは私も初めて知りましたが、母だけの冗談だったかもしれません。

    私の母はアッチ系のネタには反応する人で

    かつて私が小学生の頃、漢字ドリルで「紅顔の美少年」と答えさせる問題で「コウガン(   )の美少年」という問題みて一人でゲラゲラ笑っていました。

    子供の頃、おなかがすいた私が「お母さん、なにか食べるものない?」と聞いた時

    共食いだよ

    と言ってバナナを手渡したことがあり、子供の私は何と反応したらいいか唖然(あぜん)としたことがあります。

    こういうネタを面白がってしまう母のDNAが、もしかしたら私の中に流れているかもしれない。

     

     

     

  • 寒い日の風呂

    寒い日が続いていますね。

    こんなとき、暖かいお風呂につかると、

    気持ちいい!・・・

    かもしれませんが、

    私、若いころから40代までは浴槽につかる習慣がありませんでした。シャワーのみ。

    「フロに入らない」と言うと

    「あんた、それでも日本人か」みたいな事もいわれましたが

    そもそも風呂に毎日入るのは日本固有の習慣でしょうか?

    そして風呂に入ることが健康にいいのでしょうか?

    大いに疑問を持っています。

    日本では近代からは銭湯という形で公の浴場ができ

    戦後かなりの時期まで、他人の家に風呂を浴びに行く「もらい湯」もありました。

    しかし日本人は昔から毎日フロに入っていたわけではない。

    また 風呂が健康にいいとは限らない。

    風呂に入る前後で血圧の上下が大きく、体にとって大きなストレスとなります。また風呂は滑って転びやすい。筋力の落ちた人はとくに。

    とくに冬の湯ぶねは高齢者にとっては危険。平成28年の消費者庁の報告では4866人が家庭の浴槽で溺死しこれはそれまでの10年間に1.7倍の増加だったとか。また救急車の搬送からの推計では1万9000人が入浴中の事故死(溺水以外の原因も含む)とされています。

    私が救急部で仕事をしていたころ、お風呂でおぼれた溺死者が運ばれてくることがよくありました。

    救急車から運ばれた時点で裸なので、点滴のために服を脱がす必要はないのですが、溺死して時間が経っていると死後硬直を起こし、ストレッチャーに移すときも両腕を伸ばしたまま、マネキン人形みたいな硬直した状態になっていた症例もありました。

    日本では交通事故による死者の数よりも、風呂で死ぬ人の数の方が多い事は意外と知られていない事実です。

    適度な入浴は新陳代謝を高め、たしかに健康にも良いですが、高齢者は寒暖差の激しい場所を避ける、入浴後に急に立ち上がらない、家族に一声かける、などの工夫をしましょう。

    最近の外国人の観光ブームで「日本ではサルも温泉に入るんだって!」と評判になり、地獄谷のサルが話題になるのですが、サルは人間と違って汗腺の数が少ないので湯冷めしにくいそうです。

     

     

     

     

  • 1月1日が誕生日

    2018年あけましておめでとうございます。

    今年もいろいろ新しいことに出会えるでしょうか。

    「1月1日が誕生日の人が、アフガニスタンでは圧倒的に多い」というニュースがありました。

    今まで公的な出生記録のなかったアフガニスタンでは、自分の生まれた日がいつなのか知らない人が大勢いました。

    しかし、近年アフガンにもインターネット、facebookなどのSNSが普及してきて、最初に自分のアカウントを登録するのに生年月日が必要とされることが多くなったのです。

    「誕生日? よくわからないけど 1月1日にしておこう」

    と便宜的に誕生日を1月1日にする人が多い。

    アフガン人全員が1月1日生まれのような気がする」とインタビューを受けた人は答えていました。

     

    私も2000年代初頭にアフガニスタンに住んでいたことがあります。年齢とか誕生日、知ってて当たり前のような気が、日本人はするかもしれませんが、誕生日なんて知らなくても全然困らないのです。

    近世(明治)以前の日本でもたぶん、大多数の人は誕生日なんか知らなかったはず。

    アフガニスタンで手術

    アフガニスタンで手術

    アフガンで現地スタッフの就職面接をした時、生年月日を含めて身分証明になるものを持っていないので、本人申告を信じるしかないのですが、

    「私は30歳、助産師の仕事を20年以上やってきました」と何のためらいもなく言うので、こちらも

    「あんた10歳の時から助産師の仕事しているのかよ」

    と突っ込むのを忘れてしまうほどでした。

    現地の人の患者の年齢を聞いても、「私? 年齢? 25歳ということにしといてよ」で済んでしまうので、アンケート結果が本当にアテにならない。

    自分の年をカウントするなんてどうでもいいことでしょ?

    という考え方は、日本では受け入れる人少数ですが、間違ってないかもしれない、と最近思います。

     

     

     

  • 味噌汁はミソ・スープだ!

    年末のパーティや年越しの料理で変わったものを食べる機会も多いですね。

    かつてカナダに滞在していたとき、私は現地の人にウケる日本食を作ろうと外国人にもわかる日本料理の本を現地で買いました。

    オーストラリア人の書いた、「日本料理の作り方」の本です(写真)。

    写真がきれいなので、まだ保管しています。

    西洋人の目で書かれた日本食の料理本だけに、日本人の私が読むと、けっこう面白い。

    do’s and dont’s of japanese etiquette(日本料理のエチケット)」というところを読むと、

    「新しい割り箸や竹の箸を使うときはそれらを二つに割り、片方の箸でもう片方をこすって木のトゲをこそぎ取るようにすべし」と書かれている。

    これって、悪いマナーじゃなかったっけ?

    「熱い茶やスープ、麺類をすするときにチュルチュル、ズルズルと音を立てるのはアクセプタブル(acceptable:オーケー)である。

    これは味わっているというサインであるし、熱いものを冷ますためである」

    日本人は何気なくズルズルとラーメン食べるけど、あれって西洋人は気にするようですねえ。

    この本には、日本人がよく食べる、寿司、刺身、味噌汁、そばの作り方が

    載っていますが、名前の訳し方が面白い。いくつか紹介すると

    ツナ・ロール(Tuna rolls)」は「鉄火巻き」

    ということはある程度想像がつく一方

    「いなり寿司」は「seasoned tofu pouch調味された豆腐の袋)」

    と直訳される。

    なんのこっちゃ?という感じである。

    「煮込みうどん」は「individual udon casserole」である。

    キャセロールは聞いたことあるが日本育ちの私は知らない。

    「thick omelette」と書いてあるので

    日本料理でもオムレツを作るのか、と思ってよく見たら

    厚焼き卵」のことでありました。

    「お好み焼き」は「savoury pancake」と訳されている。

    直訳すれば「風味のあるホットケーキ」になります。

    ここの作り方には

    「アオノリは河口や湾の岩の上に成長する藻類から作られ、これを乾燥させ粉末にしたものが売られている」

    と説明がされている。レシピーを読みながら、

    (こんなもん、食うのかよ!)

    と顔をしかめている読者の顔が想像されます。

  • 冬の痒み

    ボリボリ・ボリボリ・・・

    冬になって乾燥すると、痒みが出ませんか?

    私は冬になると足の皮膚がかさついて痒(かゆ)いです。

    冬は乾燥で痒く、夏は虫刺されで痒く、春と秋は良いのです。

    油分が抜けやすい肌なので痒いのですが、保湿ができれば治るといわれます。

    妊娠中に起こる痒みは、これとは別の原因といわれています。

    乾燥で起こる痒みについては、尿素、セラミド、ワセリン、ヘパリン類似物質であるヒルドイドなどが皮膚の水分を保持して良いです。抗ヒスタミン剤かステロイド剤も痒みの感覚をしずめるのに良い。

    ちなみにヒルドイドの語源は、あの血を吸う「ヒル(蛭)」と関係があります。ヒルが血を吸って体の中で血が固まらないのは、ヘパリン様物質という血が固まらない成分があるからです。ヒルドイドの成分は「ヘパリン類似物質」です。

    痒いからといって、石鹸や界面活性剤の入った洗浄剤でゴシゴシこするのは、余計に皮脂を落としてしまうので良くないです。清潔が良いといって必要以上に皮脂を落としてしまうのはよくないのです。

    痒い、膝、太陽

    を英語で発音すると、日本語の「1,2,3」になるって知ってました?

    「itchy, knee, sun, she, go,・・・」

    英語圏の人が日本語で数え方を覚えるときは「痒い、膝、太陽、彼女、行く」

    と言うよう教えられるそうです。

     

     

     

     

     

     

     

     

  • 飛行機の中で陣痛がきたら・・・

    飛行機旅行でLCC(格安航空会社)を使う人も増えましたね。

    31週の妊婦さんに「飛行機旅行は証明書なしで搭乗かまいません」と伝えたのですが、

    ある日、突然、空港から突然電話がかかってきて、某LCCでは、「31週の妊婦は証明必要です。証明書なしには乗せません」とのことで、慌てて連絡ありました。

    従来、日本の大手航空会社では、そのようなルールはなかったのですが、その某LCCでは、外国の搭乗規定をそのままコピーしてきているので、変なルールになっていたようです。

    「変じゃないか」と空港の担当者に断言したのは、私が妊婦の搭乗規定について
    以前詳細に調べたことがあったからです。

    「国際線の飛行機内で妊婦が産気づいたときには
    どうしたらいいか?」について書いてくれ、と
    ある医学雑誌から原稿の依頼が来たことがあります。

    どうして私にこんな変な依頼が来たのか
    見当がつかなかったのですが、とりあえず
    資料を集めることにしました。

    ところが、ないのです。

    妊婦なんて世界中どこに行ってもいるから
    飛行機の中でお産をした例を集めた医学論文も
    簡単に見つかるだろうと思っていたら、

    全然ないのです。

    私は困ってしまい、ある航空会社の医務担当の
    ドクターに聞いてみたのだが、この10年で3例
    程度だとか。

    私は次にインターネットを利用して情報収集を
    しようと、誰でも使えるインターネットの検索
    Yahoo、google などのサイトで
    「妊婦」「分娩」「国際線」といったキーワードを
    思いつくだけ入力してみた。

    やっぱり、ないのです。

    私は疲れてしまって、つい

    今の夫以外に好きな人がいて、妊娠中だけど
    飛行機に乗って彼に会いに行ってしまった」

    女性のブログを読んでいる始末。

    そんなの読んでるから全然リサーチできませんでした。

  • コトバの壁

    先日夜間の緊急手術があり、外国出身で日本語の通じない人に手術をしました。

    説明と同意が大変でした。

    手遅れになるぞ~

    こちらから無理やり拝み倒して、手術をさせてもらった感があります。

    それでも、ちょっと役に立ったのは「google 翻訳」。近年だんだん精度が上がってきているようです。この患者さん、普段は通訳の人が介在していないと、会話が成立しないのですが、

    今回の緊急手術では「気合い」と「google翻訳」で、手遅れになる前に手術が開始できました。

    スマホから翻訳された発音も聞けるのですが、緊急時にそぐわない、のんびりした音声で、ちょっとイラっとさせられました。まあいいけど。

    外国人でコミュニケーションが大変だったこと、数多くありますが、思い出深いものの一つは、私が研修医の頃出会ったロシア人の患者です。

    神戸港の近くにある救急病院でしたが、ある晩「血を吐いた」というロシア人の船員が来ました。

    付き添いの人の片言の英語の説明からすると、胃潰瘍で出血のよう。本人は日本語全くわかりません

    診断のためには直腸診(肛門から指を入れる検査)をして便潜血の有無をみる。

    コトバの通じない人に直腸診!

    さて、困った。

    「ズボンとパンツを脱いでください。」

    「ベッドに横たわり、膝をかかえるようにして丸くなってください」

    「私が指を入れますから肛門の括約筋をゆるめてください」

    これだけの内容を、コトバのわからないロシア人船員のオジサンに説明するのです。

    私はパントマイムで彼にメッセージを伝えることにしました。

    私は診察の椅子から立ち上がり(白衣を着ていた)、

    ズボンのベルトをゆるめ、ズボンとパンツを脱ぐジェスチャーをした。

    (わかった?)と目くばせすると、ロシア人はウンウンとうなずいてくれた。

    ピンポーン!

    そばのベッドに自分が横たわって、膝を丸くするジェスチャー。

    ピンポーン!

    横で看護師がクスクス笑っていましたが、そんなことには構っていられません。

    最後は難関だった。

    「肛門に指を入れます」のジェスチャー。

    こういう非常事態では気合でなんとか通じるもので、私が執拗に人差し指を立てて「カンチョー!」のポーズをすると、最後にはこっくりうなずいてくれた。

    結果は陽性。胃潰瘍からの出血が確認され、ロシア人患者は入院して胃潰瘍の治療をうけることになったのでした。

    スマホの翻訳アプリ、今後の活躍が期待されます。

     

     

     

  • 診療予約
  • 採用情報
  • ブログ
アクセスマップ

〒438-0002
静岡県磐田市大久保896-39

診療時間

9:00~12:00 15:00~18:00

水・土は午前のみ/日・祝は休診

アクセスマップ
ページの先頭へ
トップに
戻る