このページは、共通のメニューを読み飛ばすことができます。直接本文をご覧になるかたは「このページの情報へ」というリンクをクリックしてください。
サイト共通のメニューへ
このページの情報へ

院長ブログ

  • 背広を着る日

    最近ちょっと涼しくなりましたね。服装も変わってきました。

    ふつうのサラリーマンと比べると、医者はふだんスーツ(背広)を着る機会があまりないです。洋服の青山とかAOKIとかの売り上げ数を競っていますが、まったく貢献していません。

    私の場合、礼装以外の背広は持っておらず、去年1年でブレザーを着たのがたったの2回。紺の背広は虫に食われたので捨てちゃった

    そんな私が何年か前、ある学会で座長を依頼され、めったに着ないブレザー着て出席しました。フォーマルな服を着る数少ない機会が、学会などの公式の場です。

    学会の座長は、ふつうは経験が豊富で人望のある人が依頼されることが多いのですが、この産婦人科という業界、人手不足で、辞めていったりする人も多く、他に適任がいない、という理由で消去法的に私が座長に指名されたのです。

    注目されるのでかっこよくやらなくちゃ、と思いました。

    座長の仕事は簡単で、聴衆の前に座っていて、
    「次の演題の発表は**です。お願いします」という文句と
    「どうもありがとうございました。これに関してご質問はございませんでしょうか」という文句を演者の発表の前後で繰り返せばいいだけの話である。つまらない発表ならば・・・。

    学会当日のあるセクション。私は座長の席に座りました。会場には近隣から50人以上の産婦人科の医者が集まっている。

    ある産婦人科医の発表で早産がどれだけ予防できるかという演題の質疑応答の時間でした。専門家によってとても意見が分かれるところ。

    発表後の質疑応答。

    想定問答も抜け目なくチェックしてきたつもり・・・でしたが。

    質問ございませんか」と私が言った途端、会場から何本もの手が挙がった。
    「私の経験では・・・・」
    とある高名な先生が延々と自分の考えを話し出した。

    発表7分、質疑応答3分と決まっていて、座長はうまくその時間を調節しなければならないのですが、この先生の話だけで、3分近くかかってしまいました。

    「いや、先生それはねえ、違うと思いますよ」

    私が指名するかしないうちに、会場から大声を出してある大学の教授が立ち上がった。
    エビデンスでは**となっている、とまたまた延々と話をし出した。

    発表や質疑応答の時間を調節するのも座長の仕事で適当なところで質問を切り上げないといけない。

    3分・・・5分・・・7分・・・

    制限時間を大幅に越えて、話が続いているので私は焦りだしました。

    しゃべっているのは、その方面ではとてもエラい先生なので、「時間押してますので後は発表後にお願いします」という文句もなかなか言えない。

    エラい教授先生が引っ込んだと思ったら、今度はまた、ある大病院の医長先生が話をしようと立ち上がった。

    あ、あの、じ、時間の関係もあり・・・」と私が言いかけた瞬間、

    座長である私の制止を振り切ってその医長先生が大声で自己主張をはじめた。

    「いや、先生のそこのところはおかしい。私のデータでは・・・」

    えらい先生方の自己主張がぶつかりあって会場は騒然となってしまいました。

    あ、あの、す、すみません、時間が
    と言おうとしている私を無視して

    「いや、先生のところでは、***の処置がされてないんじゃないですか」
    マイクの前の年配の先生は私に手でおっぱらうような合図をしてしゃべり続けた。

    あわ、あわ・・・・じっ時間の方が・・・

    座長である私の存在を全く無視して、議論が暴走を始めた。制限時間はとっくに過ぎてしまいプログラムの進行は大混乱になった。

    大幅なタイムオーバー。

    座長の存在感まるでなし。

    自分の役割が終わって、座長の席から戻ってくると、冷や汗で、シャツのわきの下が10センチくらい、ぐっしょり濡れていました。絞ったら、したたり落ちそうなくらい。

    めったに着ない上着が一週間分くらいの汗で濡れた経験でした。

  • インスタントラーメンが1年で一番売れる日

    雨の日でも風の日でも患者さんのためには診察をしなきゃ、と思っております。

    ただし、先日の台風は別で、うちのクリニックは休診としましたが、当日の朝まで、開けるか休診にするか悩んでました。

    台風なので外来診療を中止にしましょう、という連絡を12日の朝スタッフにしたのですが、一部のスタッフはすでに出勤途中。

    「なんで早く伝えてくれなかったんですか?」

    とクリニックに出勤してきたスタッフに怒られました。私自身は、職場に出てくるのが当たり前だと思っているのですが、スタッフとは立場が違うと痛感させられました。

    私はかつて山岳部に所属し、高度3000m級の南アルプスの山中を台風の中歩いた経験もあり、多少の風雨は何とも感じないのです。むしろ楽しんでいたりする。一般の女性は、雨の中外出することにはとても抵抗があるでしょう。

     

    カップ麺食べるの久しぶりでした。

    風雨が強まっている時間、外に出られないので、非常用として買っておいたカップ麺を食べてみました。

    最近「糖質控えろ」とか「塩分控えろ」とか周りには言っているので、すっかり食べなくなってしまったラーメン。

    本当は私ラーメン好きで、子供の頃はインスタントラーメンを食事以外に2袋食べていた日もありました(大食いだった)。高校の頃はインスタントラーメンの袋をコレクションして、30種類くらい集まりましたが、それを自分の部屋の壁に貼ってうっとりしていました。それほどのラーメン好きです。そう思えば今回のインスタントラーメンは久々のごちそうです。

    ラーメン大好き小池さんのように私の頭はもじゃもじゃです

    今ではスープを口に入れるたび(塩分濃いな)と思ったり、麺を咀嚼するたび(カロリー大丈夫か)と余計な事を考えてしまい、純粋においしいと思って食べていたあの日に帰りたいと思いました。

    台風明けの日にスーパーに行ったら、インスタント麺売り場は商品がなくなっていてガラガラ。台風前にみんなラーメンを買いあさっていったのでしょう。

    台風の前は一年で一番インスタントラーメンが売れる日だということがわかりました。

  • サツマ という名のフルーツ

    秋も本格的になり、私が作っているサツマイモの収穫も近づいてきました。

    サツマ」とついた食べ物といえば、みなさんは何を思い出しますか?

    イモですよね。あるいは「さつま揚げ」?

    米英の人には「さつま(satsuma)」といえば、温州みかんのことです。むこう(英語圏)の辞書にものってます。

    (日本の辞書では「マンダリンオレンジmandarin orange」が一般的ですが「satsuma mandarin」とも呼ばれる)

    19世紀に米国の日本大使によって、温州みかんの苗木が米国に送られたことに由来するらしい。

    **

    ペルーでも「サツマ」が栽培されているが、形が不ぞろいだったり、カビがついて品質基準にあわないものも多く、消費者の口に届くまでに30%が廃棄されてしまう、とNational Geographicの記事に書かれていました。食品の廃棄物を少なくして、エコに貢献しましょうという趣旨の記事でしたが。

    **

    fd401266

    さて、

    静岡のミカンをたくさん食べる人は糖尿病の発症リスクが低くなる、とする結果が、最近発表されました。

    浜松医科大などのチームが10年間の追跡調査を行った結果βクリプトキサンチンが、有効成分ではないかとのこと。

    クリプトキサンチンは抗酸化物質としてガンの予防効果も知られています。

    またみかんには薄毛を予防したり育毛する成分があります。果皮に含まれるリモネンという成分には

    抜け毛を促進する5αリダクターゼを阻害する働きがあることが知られています。

    風邪の予防にも効果があるといわれるビタミンCも豊富なのは、よく知られたところですね。

    こんなに健康に良いみかんなのに、日本での消費量は年々減っているとのこと。

    私の住むイナカでも近所にみかん農家は多いですが、市場に出ず、廃棄が多いのが気になります。

    「三ケ日(みっかびみかん」というのは、静岡西部で生産される有名な温州みかんのブランドですが、

    地元に住んでいながら、私は子供の頃、こう思っていました。

    カビのついたみかんなんて やだなあ・・・)

    農産物の輸出が見直されるこのご時世、

    静岡の「サツマ」として世界にデビューするといいのに。

     

     

  • 早い 安い うまい散髪

    近くのららぽーと磐田の格安ヘアカットに行ってきました。

    「クイックカットBB」という店で一回1200円。

    10月に入ってから訪れたのですが、消費税が上がって、髪の毛を切る料金も上がっているのかと思っていたら、この春すでに上がっていたそうです。そういえば1080円だったような。

    私の髪は天然パーマ(いわゆる”天パー”)で、理髪店でどのようにキレイで精緻なカットをしても、長さが伸びてくると、コントロールできなくなる。

    起き抜けの私のくせ毛はひどい

    だから、お金をかけて、高い店でカットしても、格安の店でやっても、結果は同じ。常に近所で一番「安い」髪切りを探しますが、磐田市内だったら、このららぽーと磐田、カインズ豊岡店の「カットコムズ」、今之浦にある「ラッキー理容」に行きます。

    今回担当の理容師は、話をしてくれる理容師でした。

    お客さんも話しかけられるのが嫌いという理由で10分ヘアカットを利用する人もいるので話しかけにくいとか。

    本当は時間をかけて髪の毛切りたいんだけど、と言っていました。

    「この(格安ヘアカット)業界は牛丼といっしょで『早い』、『安い』、『うまい』だからね。」と苦笑しながら言っていました。

    「私が昔通っていた別の地域の格安ヘアカットは、

    『早い』、『安い』、『痛い』でしたよ。」と私は答えました。

    安くて早いけれど、バリカンで刈るときに、髪の毛がひっかかって、鳥の羽をむしられるように痛いのです。

    ブロイラーのチキンにされた気がしたものです。

     

  • サプリメント

    サプリメントを買うことはありますか?

    宣伝文句には疑わしい目を投げかける私ですが、「エビデンスがある

    というフレーズには敏感に反応してしまい、心が動き、買ってしまいます。

    例えばDHA。EPAとともに、コレステロール値改善 アルツハイマー予防として知られています。

    例えばビタミンC。シミの治療に良いと聞けば薬局に走ってしまう。処方薬で薬用のビタミンCもあり、値段で言えばそちらが安いのですが、知り合いの医者に処方箋を書いてもらうのが恥ずかしいという理由で市販薬を買います。

    その一方で手を出さないサプリメントもあり、コラーゲン、ヒアルロン酸の類は、ちゃんとしたエビデンスがない(と思っている)ので、買いません。

    私の手元に「サプリメント事典」、「健康食品サプリメントのすべて」などの本も置いてありますが、どの本にも「すべて」は書かれていない気がします。

    ビタミンAや葉酸など摂りすぎの弊害も知られていて、サプリメントやビタミン剤を効能別に複数のむよりは、野菜など自然の食材から摂ったほうがいいと言われています。

    *****

    先日私のよく行くドラッグストアの一角で、 母親に連れられた小学生くらいの子供が、 ある品物を見てうれしそうに叫んでいた。

    「ねえねえ、お母さん! 見て見て!

    こんなとこで、ウンコ売っている! ウンコだよ!

    ナマのウンコ売ってるよ!」

    ついに人糞もサプリメントになって売られるようになったのか!?

    私はぎょっとして、その商品が並んでいる棚を見た。

    それは「生ウコン」のことだった。

     

     

     

     

     

  • すごいことになってた

    先日のラグビーアイルランド戦、すごかったですね。

    私、たまたま試合前の時刻にスタジアム近くの愛野駅前を歩いてました。

    かつてないほどの数の外国人(アイルランド人)が愛野駅前に集結

    自分と同じ身長で体積は2倍ありそうな人が大勢

    ビール飲みながら歩く酔っ払いも多数。

    仮設トイレの数も増設してましたが大行列で半端なかったです。ビール飲んだら、出るもの出ますからね。

    お祭り騒ぎの露店を見て帰りましたが、アイルランド人と思しきサポーター試合前には勝った雰囲気でした。

    押すな押すなの人の列

    初めてこの地に来た外国人。

    「近くの駅はどこですか?(Where is the nearest station?)」

    と聞かれたら、こう答えましょう。

    「I know!」

    エコパ近くの駅は「愛野I know駅」です。

    ラグビーワールドカップの勝利!

    ラグビーをこれほど身近に感じたのは初めてです。

     

    私自身はラグビーとは全く無縁でした。

    学校でやったことないし、、やったことある中でラグビーに一番近いのは

    修学旅行の枕投げでした。

    医者になって、私が卒後研修をしていた病院でも神戸製鋼のラグビー選手の患者を診ることが多かったのですがケガの割合が高く、体格的には普通の人の2~3倍ありそうなごつい人が来るので、

    「患者が大きすぎて手術室の入り口で患者転送用の台に乗らない

    「整形外科の手術の時に体位変換が大変だ」とか、ナースの間では苦情のタネになっていました。

  • ブルーシートの屋根

    千葉を襲った台風で、いまだに屋根にブルーシートをかけたままの家々をテレビのニュースで目にします。

    ブルーシートと言えば、とりあえず雨をしのぐのに便利なシートですが、私が思い出すのは海外の難民キャンプ。

    ブルーシートを雨避けに使ったテントが延々と続く一帯。難民を集めて、ブルーシートを配って、食料配給している所です。

    かつて私が学生の頃、ネパールにきたブータン難民を調査したことがあります。

    亜熱帯のその地域は森林の緑豊かな地帯なのですが、政治的迫害で住み家を追われ、着の身着のままネパールにたどり着いた人が収容されているキャンプがありました。

    私は周辺の人にインタビューしました。近隣の農家の人は

    「環境が悪くなるし、困っちゃう」といいつつも、国連の支援金が落ちてくるので出ていけというわけでもありませんでした。

    「おれんち、貧しい農家だからさあ・・・」と言っていた農民のおじさんの家の広大な敷地には

    鶏、犬、猫、馬、ヤギ、ロバ、牛が飼われていて、とても賑やかで、私には自然に暮らす豊かな農家に見えたものです。

    nanmin_chutou_muslimお金はないかもしれないけど、生活が貨幣経済に依存しているわけではないので、そんなこと、どうでもいいことです

    亜熱帯の環境なので感染症に気を付ければ、寒さはあまり問題になりません。

    キャンプで問題になったのは、日中、人がする仕事がないこと。

    やることがないと、夜の生活も盛んになるのか、小さな難民キャンプでも、結婚式をよく見かけました。

     

    日常ニュースでしか目にしない難民ですが、日本人ももっと外に関心を持っていいと思います。

    「子供を預ける保育所が見つからない保育所難民」とか

    「オフィスから出て昼ごはんを食べる場所が見つからない昼食難民」が

    今の日本では難民と認定されているようですが、平和だよな、と思うのは私だけでしょうか。

     

     

  • スーパーカー

    このところ「あおり運転」がキーワードになりましたね。

    あおりいか です

    アオリイカ です

    アオリイカの仲間かと思いました。

    私はもともと外に出ているのが好きなのですが、職業柄、建物の中にいることが多いです。外出できない代わりに、新しい自動車の情報をネットで見て、乗ったところを妄想しています。

    子供の頃から、クルマは好きで、男の子ならそうかもしれませんが、高性能の輸入車にあこがれを持った時期があります。

    ベンベ―、見に行くか」

    私が小学校6年の頃はあの「スーパーカー」ブームでした。友達に誘われ、スーパーカーの展示会を見に行ったことがあります。

    ランボルギーニ・カウンタック、フェラーリ、ポルシェなどなど、馬力はいくら、とか、最高スピード、排気量いくらとか小学生なりにスペック暗記して、男の子同士でどっちが「すごい」かを議論したものです。

    「BMW」は今は「びーえむだぶりゅー」と呼ばれますが、当時はドイツ語読みで「ベー・エム・ヴェー」と呼ばれていて、小学生に発音させると「ベンベ―」です。

    小学6年の頃の自分は、親から借りたカメラにも夢中になっていて、スーパーカーの写真を展示会で撮りまくりました。

     

    写真の現像室は赤外線ライトの明かりの下で作業する、ということを中途半端に知っていたのも、この小学六年の頃で、私は大失敗したことがあります。

    フィルムの現像は赤外線の明かりですれば感光せずに現像できる

    →「赤外線コタツの中でカメラのフィルムを見れば、感光しないから大丈夫」

    と信じて、スーパーカーの展示会で取った何十枚ものフィルムの入ったカメラの裏蓋を、自分の家のコタツの中でパカッと開けました。

    「ああ、フィルムってこうなっているんだな」

    とわかって、カメラの裏ブタを閉じて、その後フィルムを巻き取って、写真屋に現像を依頼しました。

    後日、写真屋のおじさんがビックリしていました。

    「撮ったフィルム、ほとんどダメになってるよ! ちょっと撮れたのが残っているけど、画面いっぱいに真っ赤になっているよ!何したんだ?」

    赤外線コタツの中では、赤外線も出ますが、可視光の赤い光も出ているので、そんな場所で、巻き取っていないフィルムのロールを出してしまったら、ダメになるに決まっています。

    小学生時代のサル知恵で失敗した話でした。

     

     

     

     

  • イグ・ノーベル賞

    ノーベル賞の発表、今年も日本人受賞者出ましたね!

    ノーベル賞の受賞も偉大ですが、それ以上に感動させてくれるのが

    イグ・ノーベル賞」です。

    無題

    こちらは「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」に対して与えられる賞ですが、

    日本人で受賞した歴代の立派な「研究」を振り返ると・・・

    95年に「ハトを訓練してピカソの絵とモネの絵を区別させることに成功したことに対して」心理学賞が

    99年に「夫のパンツに吹きかけることで浮気を発見できるスプレーを開発した」功績に対して化学賞が

    2002年に「犬語翻訳機「バウリンガル」の開発によって、ヒトとイヌに平和と調和をもたらした」業績に対して平和賞が

    2003年に「兼六園の銅像にハトが寄りつかないことをヒントに、カラスをよせつけない合金を開発した」ことで化学賞が

    2004年に「カラオケを発明し、人々に互いに寛容になる新しい手段を提供した」業績に対して平和賞が

    2009年「パンダのウンチから採取したバクテリアを用いると、台所の生ゴミが90パーセント以上削減できる」ことを示したことに対して生物学賞が

    2015年は「熱烈なキスには、どのような生物学的影響があるのかを調べた
    (キスでアレルギー患者のアレルギー反応が減弱することを実証した)」研究に対して医学賞が送られました。

    などなどの輝かしい受賞歴があります。

    今年は「5歳児の1日当たりの唾液分泌量の推定」でまた日本人が受賞。

     

    日本には「こいつアホか」と言われそうな人を暖かく見守る文化的な土壌があるのでしょう。

    「眠い時間帯のお産ほど安産の割合が多い」

    「キティちゃんのサンダルを履いて病院に現れる患者にはなぜか感染症の頻度が高い」

    など私なりのテーマもあって、時間に余裕ができたらまとめてみよう。

     

     

     

     

  • 敬老の日

     

    9月第3月曜は「敬老の日」

     

    最初は「年寄りの日」といわれていたそうで、年寄りなんて呼び方はよくないと1964年に今の名前になったそうです。

    私の産婦人科にも老若男女やってきます。お産だけでなく、年配の女性も更年期や子宮脱、膣炎などで来ます。

    産婦人科に一番来ないのが高齢の男性・・・

    のはずでしたが、開院間もない秋のある日、80代くらいの高齢のおじいさんがふらっと入ってきて、黙って、ちょこんと待合室の椅子に座っていました。

    「あの人 誰?」

    スタッフの間で騒然となりました。

    自分も診察室に入って来たら、なんて言おう?

    と思いましたが、そのうちフラフラと自分で出ていきました。

    後で聞くと、認知症で徘徊(はいかい)していた近所のジイさんだったそうです。クリニックに迷い込んだようです。

    さて、最近のおじいさん、おばあさんは元気なのが多いです。

    磐田のようなイナカでは、爺さん、婆さんでも一人一台クルマを持っている人が多い。

    孫が生まれると、家族みんなお祝いにきますが、夫、夫婦の両親がそれぞれ一台ずつクルマに乗ってお祝いに来ることがあります。

    ひどいと一人のお産で4、5台分の駐車区画が埋まります。他の患者から「クルマ停められない」と苦情が出ることもあり、これは開業の時の想定外でした。

    皆さんスマホいじっていたり、ユニクロのシャツを着ていたりして、若々しい。

    子供も産んでくれればいいのに。

  • 診療予約
  • 採用情報
  • ブログ
アクセスマップ

〒438-0002
静岡県磐田市大久保896-39

診療時間

9:00~12:00 15:00~18:00

水・土は午前のみ/日・祝は休診

アクセスマップ
ページの先頭へ
トップに
戻る