このページは、共通のメニューを読み飛ばすことができます。直接本文をご覧になるかたは「このページの情報へ」というリンクをクリックしてください。
サイト共通のメニューへ
このページの情報へ

院長ブログ

昔は大食いだった

susi_2_r5_c1

 

たしかに、昔の私は大食いだった

私が磐田南高生のころの話。

同級生と一緒に浜松の駅前へ出た私たちは 回転寿司の店で

30皿食べたらタダ

という看板を見つけてしまった。

「やってみよう!」僕たちは奮い立った。

金はないが食欲だけはある。

 

30分で平らげなかったらアウトという規則のもと、

私たちはコンベアに乗って運ばれてくる一組の寿司たちに

果敢にチャレンジしていった。

鉄火巻き、トロ、イクラ・・・

最初の10皿は難なくクリアした。ペロリと平らげた。

納豆巻き、イカ、イナリ・・・

15皿を越えるころからちょっとしんどくなってきた。

サバ、ウニ、ガリ、ガリ、ガリ・・・

20皿に近づくと、味わっているというよりは単に口に押し込んでいるだけ

刺激を求めてショウガをやたらと口にする。

 

友人は20皿を越えたところでギブアップした。

「食えねえ・・・」

彼は泣きそうな顔をしながらポケットから財布を出した。

当時の田舎の高校生にとってはイタい出費だ。

私はあきらめなかった。

ウニ、サバ、ガリ、カッパ巻き・・・

皿に乗せられて運ばれてくる寿司をひたすら

口に詰め込んでいった。

25皿を越えたころから意識が遠のいてきた

マラソンで言えば35キロ地点。

・・・苦しい

でもここであきらめたら

寿司の代金を全部払わないといけない。

うっぷっ・・・

食い意地が私を奮い立たせた。

目標の30皿を平らげたとき、

もう逆噴射寸前、お腹がパンパン。

失神しそうな満腹感と 勝利の喜びにひたった。

「ここに住所と名前書いてくれ」

寿司30皿分をタダにされた店のオヤジは

明らかに不機嫌そうだった。

(この店に二度と来ないでくれ!)

とでもいいたげな顔だった。

****

数ヵ月後同じところを通りかかると

その回転寿司店はすでに廃業していた。

 

 

  • 診療予約
  • 採用情報
  • ブログ
アクセスマップ

〒438-0002
静岡県磐田市大久保896-39

診療時間

9:00~12:00 15:00~18:00

水・土は午前のみ/日・祝は休診

アクセスマップ
ページの先頭へ
トップに
戻る