このページは、共通のメニューを読み飛ばすことができます。直接本文をご覧になるかたは「このページの情報へ」というリンクをクリックしてください。
サイト共通のメニューへ
このページの情報へ

院長ブログ

チョコはチョコっと食べる

バレンタインデーの時期も過ぎてしまいましたが、贈ったり贈られたりしましたか?

先日のニュースで、「養殖のブリにチョコを食べさせると味が良くなる」と報道がありましたが、これってブリチョコ? 冗談かと思いましたが、考えてみるとカカオは強い抗酸化作用があるわけで、その成分で、肉の日持ちがよくなるのでしょう。

ポリフェノールを多く含み健康に良いというのは認知されていて、私も積極的に口にするのですが、一方で糖質の摂りすぎはよくないともいわれます。

では高カカオチョコが良い、となるのですが、いろいろ食べてみると70%以上の高カカオチョコは、あまり楽しく食べれません。某会社の95%のチョコなんて、苦行以外の何者でもない・・・と思いますが、苦行が好きな人が多いようでいまだに売られています。

やっぱり甘いほうがおいしいですよね。

婦人科の診察で、「おなかの中にチョコレートがあるといわれた」という患者がいますが、チョコレートのう胞という卵巣の病変があります。

内膜症の病変がチョコレート状になっているためにそう呼ばれるのですが、以前、摘出したチョコレート嚢腫のデジカメ画像をプリントシールに印刷して配っていた患者がいました。

あまり見て楽しくないはずです。

内膜症には「ブルーベリー・スポット」という病変の名前もあるのですが、これもおいしそうに見えて、あまり喜ばしくないものです。

 

 

 

  • 診療予約
  • 採用情報
  • ブログ
アクセスマップ

〒438-0002
静岡県磐田市大久保896-39

診療時間

9:00~12:00 15:00~18:00

水・土は午前のみ/日・祝は休診

アクセスマップ
ページの先頭へ
トップに
戻る