このページは、共通のメニューを読み飛ばすことができます。直接本文をご覧になるかたは「このページの情報へ」というリンクをクリックしてください。
サイト共通のメニューへ
このページの情報へ

院長ブログ

磐田の銘菓

お正月は誰かと楽しい時間を過ごしましたか?

私のところも、神奈川に住む妹夫婦が両親の実家に来て集まり、年末年始の時間を過ごしていきました。

妹夫婦が帰る時になって、私の母(77歳)がお土産にこの土地オリジナルの和菓子を渡しました。

磐田の和菓子屋と言えば、玉華堂(ぎょくかどう)と又一庵(またいちあん)です。

玉華堂の「みそまんじゅう」はテレビで芸能人が紹介していることもあり有名ですが、「きんつば」を売っている又一庵というところも有名。

HPより転載

HPより転載

又一の「きんつば」はアンがしっかりしていて甘すぎないのが良い。

又一の「きんつば」を渡すとき、母はこう言いました。

マタキン、持ってきない(持ってきなさい)」

「マタキンだって、やだー」と妹にはウケて笑ってました。

「又一のきんつば」→「マタキン」!

磐田の銘菓がこう呼ばれているとは私も初めて知りましたが、母だけの冗談だったかもしれません。

私の母はアッチ系のネタには反応する人で

先日も「サザエさん一家」で飼っている猫、オスかなあメスかなあ」という話題が出て、「しぐさがおとなしいからメス猫だろう」「活発だからオスだろう」という家族の中で意見が出る中、私の母は

「オスだよ、きっと」

即答しました。何故か聞くと

「名前がタマだから」だそうです。

かつて私が小学生の頃、漢字ドリルで「紅顔の美少年」と答えさせる問題で「コウガン(   )の美少年」という問題みて一人でゲラゲラ笑っていました。

子供の頃、おなかがすいた私が「お母さん、なにか食べるものない?」と聞いた時

共食いだよ

と言ってバナナを手渡したことがあり、子供の私は何と反応したらいいか唖然(あぜん)としたことがあります。

こういうネタを面白がってしまう母のDNAが、もしかしたら私の中に流れているかもしれない。

 

 

 

  • 診療予約
  • 採用情報
  • ブログ
アクセスマップ

〒438-0002
静岡県磐田市大久保896-39

診療時間

9:00~12:00 15:00~18:00

水・土は午前のみ/日・祝は休診

アクセスマップ
ページの先頭へ
トップに
戻る