このページは、共通のメニューを読み飛ばすことができます。直接本文をご覧になるかたは「このページの情報へ」というリンクをクリックしてください。
サイト共通のメニューへ
このページの情報へ

院長ブログ

冬の痒み

ボリボリ・ボリボリ・・・

冬になって乾燥すると、痒みが出ませんか?

私は冬になると足の皮膚がかさついて痒(かゆ)いです。

冬は乾燥で痒く、夏は虫刺されで痒く、春と秋は良いのです。

油分が抜けやすい肌なので痒いのですが、保湿ができれば治るといわれます。

妊娠中に起こる痒みは、これとは別の原因といわれています。

乾燥で起こる痒みについては、尿素、セラミド、ワセリン、ヘパリン類似物質であるヒルドイドなどが皮膚の水分を保持して良いです。抗ヒスタミン剤かステロイド剤も痒みの感覚をしずめるのに良い。

ちなみにヒルドイドの語源は、あの血を吸う「ヒル(蛭)」と関係があります。ヒルが血を吸って体の中で血が固まらないのは、ヘパリン様物質という血が固まらない成分があるからです。ヒルドイドの成分は「ヘパリン類似物質」です。

痒いからといって、石鹸や界面活性剤の入った洗浄剤でゴシゴシこするのは、余計に皮脂を落としてしまうので良くないです。清潔が良いといって必要以上に皮脂を落としてしまうのはよくないのです。

痒い、膝、太陽

を英語で発音すると、日本語の「1,2,3」になるって知ってました?

「itchy, knee, sun, she, go,・・・」

英語圏の人が日本語で数え方を覚えるときは「痒い、膝、太陽、彼女、行く」

と言うよう教えられるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 診療予約
  • 採用情報
  • ブログ
アクセスマップ

〒438-0002
静岡県磐田市大久保896-39

診療時間

9:00~12:00 15:00~18:00

水・土は午前のみ/日・祝は休診

アクセスマップ
ページの先頭へ
トップに
戻る