このページは、共通のメニューを読み飛ばすことができます。直接本文をご覧になるかたは「このページの情報へ」というリンクをクリックしてください。
サイト共通のメニューへ
このページの情報へ

院長ブログ

薄い財布

機能的なものは美しい。

モノが本来持っている役目のためだけに存在していて、無駄なものがそぎ落とされたものは美しい、と私は考えます。

クルマなら、走って曲がって止まればよい。時計なら時刻を教えてくれる機能だけでいい。

財布なら薄ければいい。

男性と女性で好みがかなり別れるところですが、私はぼってりした財布が嫌いです。レシートとか小銭とか、割引カードやクーポン、余計なものがたくさん入ってふくらんではちきれそうな財布は、眺めていてあまり「美しく」ない。

そう思って、財布にも薄いものを求めていました。カードと小銭が入って、薄いもの。

たしかに薄い 13㎜だそうです

Abrasusというブランドの財布をネット通販で購入しましたが、たしかに薄い。

購入後初めて封を開けた時には美しさすら感じました。

機能しているものは美しい。

「金持ちになりたいなら、長財布を持ちなさい」

とどっかの本で書いてありましたが、金持ちにならなくてもいいのでジーンズのお尻に入るサイズを求めました。お札は二つ折りですが、スマートでかっこいい。これで良いです。

 

近年カードや電子マネーで決済することが多くなり、たしかにコインやお札の出番は減ってきましたね。

この財布、スマートでかっこいいのですが、唯一泣き所があります。

小銭がたくさん入らない。

きれいにおさまっている

粋なオトコは小銭をジャラジャラさせるもんじゃない」という美学がこの財布に見え隠れするのですが、実際のところ、スーパーで買い物すると、大量の小銭が渡されることがあります。

アイスとチョコ買って233円。小銭がないので千円札渡すと767円が戻ってきます。薄い財布には最大999円(500円 100円 50円 10円 1円をそれぞれ入れて)でピッタリになるように設計されていて、それ以上は全く入りません(ずいぶんと精緻に設計されていますね)。

そこまで緻密に小銭を勘定しない私は、複数の店で買い物するとたちまち小銭があふれる。ポケットや鞄の中でジャラジャラ小銭が出現します。

この財布、買って一年半になりますが、男の美学についていけなくなってきました。

男の美学を追求するか、実用に走るか。

ちょっと悩んでいます。

 

 

 

 

  • 診療予約
  • 採用情報
  • ブログ
アクセスマップ

〒438-0002
静岡県磐田市大久保896-39

診療時間

9:00~12:00 15:00~18:00

水・土は午前のみ/日・祝は休診

アクセスマップ
ページの先頭へ
トップに
戻る