このページは、共通のメニューを読み飛ばすことができます。直接本文をご覧になるかたは「このページの情報へ」というリンクをクリックしてください。
サイト共通のメニューへ
このページの情報へ

院長ブログ

カンゾー先生

「走ってるの見ましたよ」と声かけてくれた人が、今年は多かったマラソン大会。

今年もハーフマラソンに出場しました。

結果は・・・それなりでした。

練習不足もあって、いつものように筋肉痛がひどかったのですが、漢方薬の「芍薬甘草湯」はよく効きました。

筋肉のけいれんや筋肉痛に効果がありますが、この成分の「甘草(かんぞう)」は読んで字のごとく甘いのです。英語でリコリスと言って、昔からお菓子に使われていましたが、胃薬や風邪薬としても昔から使われ、医療現場では肝臓の機能改善薬としても使われます。分子構造が副腎皮質ホルモンと似ているので、ステロイドと似たような作用があります。

妊娠中にもこむら返りを経験する人は多いのですが、この芍薬甘草湯が効きます。

カンゾー

甘草と読み方が似ているだけなのですが、ちょっと前「カンゾー先生」という映画がありました。戦時中のある開業医の話で、どんな病気でも「肝臓炎」と名付けてしまう医者を揶揄してつけられた名前です。

私、日常の診療で生理不順、不正出血などの相談が多くありますが、こういう病気はどうして起こるのか、簡単に説明しにくいことが多いです。視床下部・下垂体・卵巣系のどこかがおかしいのですが、基礎知識がどの程度あるかわからない初診の患者さんに、月経はどのようにして起こるのかを一つ一つ説明するのは、時間も限られ非常に難しい。

一般の人にわかりやすい表現をしようとすると「ホルモン・バランスの乱れ」と言って片付けてしまうのですが、じつは専門家の間ではこういう言い方をしないので、これって「カンゾー先生」と同じレベルだなあ、と反省の気持ちを伴って感じます。

マラソンはなんとか完走(かんそう)できました。

完走・先生でした。

 

 

 

  • 診療予約
  • 採用情報
  • ブログ
アクセスマップ

〒438-0002
静岡県磐田市大久保896-39

診療時間

9:00~12:00 15:00~18:00

水・土は午前のみ/日・祝は休診

アクセスマップ
ページの先頭へ
トップに
戻る