このページは、共通のメニューを読み飛ばすことができます。直接本文をご覧になるかたは「このページの情報へ」というリンクをクリックしてください。
サイト共通のメニューへ
このページの情報へ

院長ブログ

ネコの避妊手術

飼っていたネコが出産を終えたので、避妊手術をしてもらうことになりました。

獣医のところに連れていったところ、メス猫の避妊手術は、子宮と卵巣を摘出すると聞いてビックリ。

子宮と卵巣を取る?

ネコまくら 気持ちいいです

ネコまくら 気持ちいいです

私は医者として人間の避妊手術もやっていますが、人間(女性)の避妊手術はそんなに難しくありません。

卵管を切ってしばるだけです。

なぜ、ネコは子宮まで取らないといけないんだ!

余計なことを!

獣医に聞いてみたかったのですが、ちょうどその時、私の担当する帝王切開や卵管結紮の手術で忙しく、ついに聞きに行くことができませんでした。聞いたとしても、ネコを偏愛する飼い主からのクレームと思われたでしょう。

人間も動物も生殖器官は、おなかのすみっこの方にあるので、手術は基本的に同じはずで、私が手術してもよかったのですが、ネコの麻酔につかう薬剤の量の加減がわからないのであきらめました。

ちなみに、人間以外の犬や猫では子宮は二つに分かれています。

人間は子宮は一つ。

しかし稀に人間でも「双角子宮」といって、100人のうち数人の割合で子宮が二つに分かれている人がいます。普通に妊娠が可能な人は多いのですが、中には早産を起こしやすい人もいます。

他の病院で聞いた話ですが、妊娠初期に出血を起こして、エコーで見たところ、子宮の中には何も見えず、「流産ですね」と先生が診断していたら、手術後しばらくしてだんだんとおなかが大きくなってきました。

双角子宮に気づかず、さらにその片方で妊娠が継続していたことに気づかず、流産してしまっていたと思っていたら、片方にしっかり妊娠していて、胎児が育っていた、という事例があります。

 

 

 

  • 診療予約
  • 採用情報
  • ブログ
アクセスマップ

〒438-0002
静岡県磐田市大久保896-39

診療時間

9:00~12:00 15:00~18:00

水・土は午前のみ/日・祝は休診

アクセスマップ
ページの先頭へ
トップに
戻る