このページは、共通のメニューを読み飛ばすことができます。直接本文をご覧になるかたは「このページの情報へ」というリンクをクリックしてください。
サイト共通のメニューへ
このページの情報へ

院長ブログ

花粉症の対策

クシュン、クシュン。ズルズル

今年も花粉症の季節がやってきました。
診察室に来るマスクの人の着用理由が、インフルエンザから花粉症に変わってきました。

今年は花粉の量も多いらしい。

目の粘膜、鼻の粘膜にスギ花粉がつくことによっておこるアレルギー反応ですが

 

アトピー性皮膚炎や気管支喘息とともに、こうした免疫異常は現代の大きな謎ですが鼻詰まり、鼻水、くしゃみなどの症状を抑えるためには抗ヒスタミン剤がよく効きます。

花粉症の予防として、抗ヒスタミン剤をシーズン前から飲んでおくといいらしい。眠気の副作用が抑えられた第二世代が良いです。

ステロイドのスプレー剤も効果あり、最近のガイドラインでは第一選択になりました。

また、減感作療法といって、直接スギ花粉の成分を皮下や舌下に投与して、だんだん花粉の成分に体を慣らしていく方法もあります。長期間、何回も通院する必要があります。

手術的に、鼻の花粉の付着する粘膜の部分をレーザーで焼いてしまう方法もありますが、できる医者が少ないのと焼き加減が難しいのがネックらしい。

私は今 花粉症ありませんが、将来 花粉症は出るかもしれない。

予防のための方法をいくつか挙げてみます。

1.息をする時は鼻呼吸で

現代人は口を開けて呼吸している人が多い。
口を開けているとスギを含めた抗原物質が直接気道や肺に送られ、アレルギー反応を起こしやすくなるという説あり。鼻毛でブロック。

2.鼻の洗浄をする

空気中のゴミや抗原物質がまずひっかかるのが鼻の粘膜。
外から帰ったら、鼻に水を通して洗浄する。うがいより効果的かもしれない。

3.発酵食品を多く摂る

人はもともと、雑多な微生物と共存していました。
ヨーグルトを摂取するとアレルギーの発生率が低下することは知られていますね。
発酵食品により腸内フローラ(細菌バランス)を改善し、Th1(ヘルパーT細胞)とTh2のバランスがとれた状態にするとアレルギー疾患の改善につながります。

4.寄生虫を飼う(半分冗談

発展途上国の人や昔の日本の人にアレルギー病がなかったのはお腹に寄生虫を飼っていたからだと元東京医科歯科大学の藤田博士は言っていました。

寄生虫に対するIgE抗体が産生されることで、花粉へのIgE産生が抑えられる。

たしかにギョウチュウ、回虫、サナダ虫など、寄生虫が一斉駆除で日本から消えていった時期と花粉症などアレルギー病が増えてきた時期は見事に一致します。(半分本気です)

kahun

 

 

 

 

 

 

***

 

外来でいつもの患者さんが先日、目を赤く充血してマスクをかけてクリニックに来たので

「とうとう花粉症、ですかあ」

と聞いたら

「ゆうべ寝不足で、今朝あわてて、メイクもせずに出てきたんで・・・」マスクをしている、とのことでした。

顔パンツ、ですね。

とくに病気ではないが、顔を隠したいからマスクをする習慣も一般的になりました。

私も、朝寝起きで仕事が入ってそのまま、ヒゲを剃らずに外来の診察を始めるときは顔パンツです。が健康な人の場合は、マスクはしない方がよいと思います。顔の印象が伝わりにくい。

感染予防に、医者としてマスク着用したほうがいいと思っていますが、マスクのデメリットもいろいろあります。

1)声がはっきり聞こえない

私は話すときに口の開き方が小さいので、マスクをすることで声がさらに聞き取りにくくなります。子音がとくに。

 

2)マスクのベルトで耳が痛くなる

長時間していると、耳の後ろが痛くなるんですよね。

自分の耳の形のせいかもしれないし、マスクのゴムひもの引っ張りが強いだけかもしれない。

私の頭がデカイせいで

 

  • 診療予約
  • 採用情報
  • ブログ
アクセスマップ

〒438-0002
静岡県磐田市大久保896-39

診療時間

9:00~12:00 15:00~18:00

水・土は午前のみ/日・祝は休診

アクセスマップ
ページの先頭へ
トップに
戻る