このページは、共通のメニューを読み飛ばすことができます。直接本文をご覧になるかたは「このページの情報へ」というリンクをクリックしてください。
サイト共通のメニューへ
このページの情報へ

院長ブログ

ゴリラの帝王切開

2月23日、イギリスの動物園でゴリラの赤ちゃんが帝王切開で生まれた、というニュースがありました。

執刀したのは産婦人科の医者だったとか。

もしかしたら、帝王切開は人だけにするもの、と思われているかもしれませんが、

帝王切開は牛や豚、犬でも行います。

gorilla_a07

ただ、ヒトを診る医者がゴリラの帝王切開をするとしたら稀なこと。

他の動物と違って、ゴリラは人間と似ているので、帝王切開じたいはやりやすいかもしれない。

 

帝王切開はよく行われる手術です。対象を選んで、油断しなければ、安全に行うことができます。

ちょっと知っている人は「シーザーの時代からあった手術(cesarean section)だから、昔からよく行われていたんだね」

という人もいますが、俗説らしいです。

近世まで帝王切開による死亡率は高く、1860年代に術後死亡率は85~92%だったという記録があります。

1882年にSangerという人が子宮の傷を縫うことを提唱して、術後死亡率は50%前後になりました。

帝王切開はつい最近まで「放っておけばたぶん死ぬ」人だけにたいして行われていたのです。

いろいろな理由で帝王切開の分娩の割合は上昇しています。

日本ではまだ、医学的な必要性がある人だけに帝王切開を勧めていますが、

世界で帝王切開率が最も高い(50%近く)のブラジルをはじめとして、アメリカ、中国でも

「お産の痛みを感じなくて済むから」

「帝王切開のお産は”高級なお産”と考えられているから」

「帝王切開をすることによって、利益を得たいという病院側のインセンティブ(動機)がある」

「医者が訴訟になるリスクを回避するため」

「産後の膣の締まりが保たれるから、性感を損なわない」

「運勢の良い日に産ませたい」

というような要因があって、広く行われるようになっています。

経膣分娩を良しとする日本の文化は、先進国の中ではかなり特異な方です。
さて私も、動物を使って手術をしたことがあります。

内視鏡の練習のために、生きたブタを使わせてもらったことがあります

(1回40万円!自分の持ち出しはありませんでしたが)

豚の皮膚は人間より柔らかく、子宮は人間と違って二つあります。

カメラで見ながら、電気メスで腹膜を焼いていると・・・

焼き豚の匂いがしてきました。

ぶたさんごめんなさい。

と思いました。

 

 

  • 診療予約
  • 採用情報
  • ブログ
アクセスマップ

〒438-0002
静岡県磐田市大久保896-39

診療時間

9:00~12:00 15:00~18:00

水・土は午前のみ/日・祝は休診

アクセスマップ
ページの先頭へ
トップに
戻る