このページは、共通のメニューを読み飛ばすことができます。直接本文をご覧になるかたは「このページの情報へ」というリンクをクリックしてください。
サイト共通のメニューへ
このページの情報へ

院長ブログ

発見者

相撲の土俵で倒れた人に、心マッサージをした女性に対して女人禁制だから出ろ、とアナウンスがあったことに対して批判が集まっていますね。

批判は当然と思います。が、その一方で

(診断が正しいという前提で)脳血管障害であるクモ膜下出血で倒れたなら、心臓は動いているので心臓マッサージは必要ないはず。と医者の私は思ってしまいました。医療従事者なら、まず心臓が動いているかどうかを確認すべし。

つまらないツッコミですが、人を助けようとする気持ちは大事なことで、救命行為を無駄だと言っているわけではありません。

私も機会があれば自分の能力を生かして人を助けたいと思っています。

さて、10年くらい前のことです。私はいつものジョギングをしていました。

無題
町外れの民家のガレージの前を通りかかると、

なんとガレージの中で人が倒れているではありませんか!

50代とおぼしき男、ついさっきまでガレージで何か仕事をしているような格好で、横向きに倒れており、

傍らの自転車も倒れていて、

つい今しがた倒れた、と自分の目に映りました。

周りには人がおらず、自分が第一発見者かもしれない。

私は男に近づいて、「大丈夫ですか?」と声をかけてみました。

男はちょっと薄目を開けたものの、再び目を閉じ、そのまま呼びかけに反応しません。

その瞬間、自分の中の医者としてのプロ意識が目を覚ました。

救急のABC」のフローチャート! 頭の中を駆け巡りました。

脈、呼吸、体温をチェック。
呼吸と心拍は保たれている、意識がない。
瞳孔は左右対称、4ミリ。

脳梗塞か脳内出血か??

胸をドキドキさせながら、とにかく人を呼ばねば、

と隣にあるお店に入っていきました。

(あんずクリニックの医師、ジョギング中に意識不明の男性の命を救う!)

などと翌日の新聞に出るかな、と自分の中に功名心がチラッと見え隠れしました

隣の店に入っていって、奥で座っていたオジサンに

「すいません、隣のガレージで人が倒れて意識不明なんですけど」

と声をかけたのですが、

オジサンは全然動じることなく、

「いいんですよ。酒飲んで酔っ払って寝てるだけですから。放っておいてください

と言われてしまいました。

その店の人は一応、確認のために面倒臭そうに店を出てきましたが、

倒れていた男は、私達が騒いでいるのがわかったのか、

「ん ああああ・・・」

意味不明の声をあげ、寝返りを打ちはじめました。

  • 診療予約
  • 採用情報
  • ブログ
アクセスマップ

〒438-0002
静岡県磐田市大久保896-39

診療時間

9:00~12:00 15:00~18:00

水・土は午前のみ/日・祝は休診

アクセスマップ
ページの先頭へ
トップに
戻る