このページは、共通のメニューを読み飛ばすことができます。直接本文をご覧になるかたは「このページの情報へ」というリンクをクリックしてください。
サイト共通のメニューへ
このページの情報へ

院長ブログ

カブで、一山あてました

これからの日本は、農業だ!
と思った私は、手始めに小さな畑で野菜を栽培することにしました。

日本の製造業が国外に流出し、人口減少が進んだ後、残るものは、耕作放棄地ばかり。

耕作放棄地を集めて、日本の農業の再興だ!

有機農業で中国のお客さんに買ってもらおう!

と思いましたが、その頃には自分も死んでいるかもしれません。

かぶ ドット混んでいたので間引きしました

かぶ ドット混んでいたので間引きしました

まあ、一番大事なのは「食うための手段」を持っていることです。

貨幣経済に依存しなくても生きていけるのが地方の強みです。

今年は、スイカ、メロン、自然薯、枝豆、人参、ジャガイモ、トウモロコシ、トマト、サツマイモ等10種類以上にチャレンジ。

アマチュアなので失敗をおそれません。

手術用の手袋をはずした後は、農業用の軍手をはめて、農業にいそしんでおります。

こないだ、さっそくカブが大きくなって収穫期に入りました(写真)。

カブ・どっと混む 状態でしたので間引きしました。

 

 

 

 

産婦人科で、生まれてくる赤ちゃんをみていると、農作物と似ていると思います。

最初は種からはじまって、10か月かけてだんだんと大きくなってきます。

一例でも失敗作を作ってはいけないところが、人間ができるときの厳しさです。

 

  • 診療予約
  • 採用情報
  • ブログ
アクセスマップ

〒438-0002
静岡県磐田市大久保896-39

診療時間

9:00~12:00 15:00~18:00

水・土は午前のみ/日・祝は休診

アクセスマップ
ページの先頭へ
トップに
戻る