このページは、共通のメニューを読み飛ばすことができます。直接本文をご覧になるかたは「このページの情報へ」というリンクをクリックしてください。
サイト共通のメニューへ
このページの情報へ

院長ブログ

死にたいと思っている人

座間のアパートで9人の遺体が見つかった事件は世間を騒がせていますが、若い命がなくなるのは、惜しいことです。

自殺願望のある人と連絡を取っていたそうですが、犯人の顔がわりあい私には善人に見えること、警察の調べに簡単に白状していて、あまり悪人のようにも思えないのは私だけでしょうか。

さて、私が医者駆け出しの頃、救急治療室で働いていた経験ですが、自殺企図で救急車で運ばれてくる患者は性差では圧倒的に女性が多い。

リストカット、飛び降り、睡眠薬の多量な服用、いろんなのを見ました。

リストカットは「ためらいキズ」が圧倒的に多い。気持ちが落ち着いたら、形成外科に縫合の手術で紹介。

「飛び降り自殺」は上司の先生が言うには「3階からの飛び降りなら助かる、4階以上だと助からないことが多い」そうです。私の経験した例では5階から落ちたけど、2階下の屋根にバウンドして、樹木のある地面に落ちて助かった人がいました。

睡眠薬は昔と違って、かなり多量に服用しても呼吸停止を起こしにくい。しかし服用がわかれば救急室でひたすら胃の洗浄をします。当時の私は下っ端だったので、ゲロにまみれて胃洗浄をさせられました。

 

なぜ自殺をしようとするのか。

人は「自殺をしたい」のではなく「自殺をしたいと思っている自分を見てほしい」からSNSに書き込みをするのではないでしょうか。

本当は自殺なんかしたくないけど、自殺をしたいくらい悩んでいる自分に寄り添ってほしい、のでは。

 

 

 

 

 

 

 

  • 診療予約
  • 採用情報
  • ブログ
アクセスマップ

〒438-0002
静岡県磐田市大久保896-39

診療時間

9:00~12:00 15:00~18:00

水・土は午前のみ/日・祝は休診

アクセスマップ
ページの先頭へ
トップに
戻る