このページは、共通のメニューを読み飛ばすことができます。直接本文をご覧になるかたは「このページの情報へ」というリンクをクリックしてください。
サイト共通のメニューへ
このページの情報へ

院長ブログ

将棋中毒

藤井四段の活躍で注目をあびた将棋というゲーム。

自分も子供の頃はハマっていた時期もありましたが、藤井四段の将棋のタイトル獲得などニュースを聞いていて、自分もやりたくなってきました。

スマホ版のアプリもありますが、私はPCでオンラインでやれる無料の将棋にハマっています。

AI強い、でも勝てることもあります

AI強い、でも勝つこともあります

無料ですが、そこそこ強いです。コンピュータ側が3回勝って、私が1回勝てるかどうか、という強さですが、一部ランダムな動きをするので、毎回ゲームに引きずり込まれるように没頭してしまいます。

私の読みはスキだらけなので、すぐに重要なコマが飛車や角にさらわれてしまうのですが、唯一私が勝つことができるコツがあります。

それは「と金」戦法です。

相手が油断しているスキに「歩」を大量の「と金」に変えてしまいます。人間だったらこんな戦い方をしないので卑怯とも言える戦略です。

夜間の呼び出される仕事があって仕事終わってもすぐ眠れないような時間帯や、簡単に解決できない問題でイライラしている時など、ついやってしまいます。眠いと、(これでやめておこう)という脳内のブレーキがかからないので、勝っても負けても、延々と勝負を続けてしまいます

これはもう、中毒です。大麻やアルコールなどの依存症に近い。

ベストセラー「スタンフォードの自分を変える教室」(ケリー・マクゴニガル著)で書かれていましたが、ダイエットとか、ネットサーフィンをするクセとか、浪費癖とか、やめたくてもやめられない行動は、やめようと強く意識するとかえって行動が増強されてしまうそうです。

他のことに注意を向けて、少しずつフェードアウトするのがいいらしい。やめることができなかった自分に罪悪感をもたないこと。だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

  • 診療予約
  • 採用情報
  • ブログ
アクセスマップ

〒438-0002
静岡県磐田市大久保896-39

診療時間

9:00~12:00 15:00~18:00

水・土は午前のみ/日・祝は休診

アクセスマップ
ページの先頭へ
トップに
戻る