このページは、共通のメニューを読み飛ばすことができます。直接本文をご覧になるかたは「このページの情報へ」というリンクをクリックしてください。
サイト共通のメニューへ
このページの情報へ

院長ブログ

猫の出産

二本足で歩くニンゲンは、骨盤底がしっかりしているので、四本足の動物の出産と比べると難産が多い。

人間の出産は動物と比べると大変なんですよ、という話を母親学級ですることがあります。

3匹いる

3匹いる

うちのネコが、こないだ出産しました。

たしかに人間と違って、安産でした。

私が仕事に出ている間に、1時間で3匹の子猫を出産していました。

「出産、おめでとう!」

と猫に声をかけ、なでてあげると、(なんでもないよ)という顔で遠い目をしてゴロゴロ喉をならしていました。

胎盤は食べてしまい、子猫をぺろぺろなめて毛づくろいをしています

まだ目の見えない子猫は母親のオッパイに吸い付いている

誰に教えられたというわけでもないのに。

人間にも、出産、育児する本能、「その時」になったら起動する、隠されているスイッチがあるはずです。

自分も「お酒を飲むとべらべらしゃべりだす」スイッチがある(らしい)のですが、普段はよくわかりません。

 

 

 

 

  • 診療予約
  • 採用情報
  • ブログ
アクセスマップ

〒438-0002
静岡県磐田市大久保896-39

診療時間

9:00~12:00 15:00~18:00

水・土は午前のみ/日・祝は休診

アクセスマップ
ページの先頭へ
トップに
戻る