このページは、共通のメニューを読み飛ばすことができます。直接本文をご覧になるかたは「このページの情報へ」というリンクをクリックしてください。
サイト共通のメニューへ
このページの情報へ

院長ブログ

おもしろいロシア

秋田犬「ゆめ」とじゃれているプーチン大統領をテレビで見ていて、「この人、おもしろい人だな」と思いました。

北方領土の譲歩をにおわせながら、日本からの投資を期待しているのでしょうが、

ロシア人口

ロシアの人口は増加に

そこらへんの思わせぶりな態度も、この人ならでは、ですね。
_

私が大学院でリサーチしていた90年代、ロシアはもっとみすぼらしい国でした。

出生数の低下したのは日本よりずっと早く、1999年に出生率1.1まで低下し、2000年以降は年間70万人、人口が減っていました。

、当時のロシア人の平均余命は50歳代と短命で自殺率も高く、将来この国に人がいなくなってしまうのではと懸念されていました。

ウォッカの生産国のためかアルコール中毒が多く男女の平均余命の格差が大きい。

こんな未来のない国はどうなっちゃうんだろう、と思っていました。

このたび、プーチン訪問を機会に、その後この国がどうなっているのか、調べてみるとビックリ。

出生数は2010年頃から回復、出生率も1.83まで回復しているではないですか。

出生率回復のカギは何なのか?(以下まとめサイトより引用)

それは、「子供をたくさん産むと大金がもらえる」という制度が創設されたためです。

母親資本」といって、2人以上子供を産むと家が買えるくらいの育児手当金が出るようにしたのです。(引用終わり)

(以下私見)

プーチン大統領の奇策が結果を出したわけで、やっぱり、この大統領 タダモノではない。

最近の原油価格の上昇で、世界第一位の原油輸出量を誇るロシアは、大儲けするでしょう。

地球温暖化のおかげで、作物が増える。

温暖化は、この国の穀物生産には有利に働くわけで、ツンドラで耕作不可能だった地域も、温度上昇で耕作可能な土地が増え、小麦の収量も増加するのではないでしょうか。

ロシアって面白い国だと思います。

 

 

 

  • 診療予約
  • 採用情報
  • ブログ
アクセスマップ

〒438-0002
静岡県磐田市大久保896-39

診療時間

9:00~12:00 15:00~18:00

水・土は午前のみ/日・祝は休診

アクセスマップ
ページの先頭へ
トップに
戻る