このページは、共通のメニューを読み飛ばすことができます。直接本文をご覧になるかたは「このページの情報へ」というリンクをクリックしてください。
サイト共通のメニューへ
このページの情報へ

院長ブログ

いつも通った道

兵庫県の明石に実家があり、お産するときに帰省するということで、その妊婦さんと話をしたのですが、

私が学生時代から15年近く過ごした神戸・明石の風景を思い出しました。

記憶の中で美化されているので、今住んでいる人に聞いたら「違う」と言われるかもしれませんが、

瀬戸内海を眺めながら走った海岸沿いの道は、

80年代終わりから90年代の景気のいいバブルの頃で、ドライブデートに使われるカフェやレストランも散在していて

日常をちょっと離れた感覚がありました。

神戸の繁華街を抜けてから、明石の駅前に至るまで、カーブの位置、道幅、渋滞箇所、よく覚えています。

明石海峡大橋

明石海峡大橋

「運転免許試験場の近くじゃないですか!」

私はその妊婦さんに話しました。

神戸から明石までの海沿いの道。

どうして自分がよく覚えているかというと、当時私はバイクの限定解除(750㏄以上)の免許を取るために明石の運転免許試験場によく通っていたからでした。

大学の講義をサボって、中型(400㏄)のバイクに乗って、明石の試験場に通いました。

大きいバイクに乗るのは、当時の私の

当時は限定解除(750㏄以上のバイクに乗れる)の免許を取るためには、講習はなく、ぶっつけ本番で、路上の試験に合格しなければなりません。

大きいバイクなので、操作が難しい。

一本橋で落ちたり、ジグザグの細い道ではみ出たり、急制動で規定の距離をオーバーしたり、一個でも失敗するとその瞬間に

「はい失格。お帰りください」となる。

私はこの試験で6回落第し、7回目にやっと、晴れて限定解除の免許を取ることができました。

(そのわりに、その後550㏄のバイクにしか乗りませんでした)

6回も試験に落ちましたよ。

何回も通った運転免許試験場までの道のりは、記憶の中に鮮烈に残っています。

 

 

 

 

 

  • 診療予約
  • 採用情報
  • ブログ
アクセスマップ

〒438-0002
静岡県磐田市大久保896-39

診療時間

9:00~12:00 15:00~18:00

水・土は午前のみ/日・祝は休診

アクセスマップ
ページの先頭へ
トップに
戻る