このページは、共通のメニューを読み飛ばすことができます。直接本文をご覧になるかたは「このページの情報へ」というリンクをクリックしてください。
サイト共通のメニューへ
このページの情報へ

院長ブログ

愛するダイコン

これからの日本は、農業だ!

家庭菜園の楽しさを知ってしまった私は、小さな畑でいくつか野菜を栽培しています。

この季節、野菜がぐんぐん育つ季節。自分の好きなものを植えて楽しんでいます。

甘いもの、ほっこりしたもの、見た目のいいもの、という基準で選ぶと、

去年はカボチャ、スイカ、トウモロコシ、ニンジン、トマトを作ってみましたが、

今年はこれに加えて、パプリカやブロッコリー、ダイコンに挑戦しています。

私の勤めるクリニックの厨房に持っていくと、「先生の作ってくれた野菜おいしいです!」と言って(お世辞でしょうが)入院患者さんの食事の材料にしてくれるので、ますます農業に力が入ります。

 

かぶ ドット混んでいたので間引きしました
かぶ ドット混んでいたので間引きしました

アマチュアなので失敗をおそれません。

手術用の手袋をはずした後は、農業用の軍手をはめて、農業にいそしんでおります。

こないだ、ダイコンが大きくなって収穫期に入りました(写真)。

作物を栽培していると、一つ一つが可愛らしくなってきて、ほおずりしたくなります。

ダイコン一つに顔を描いてしまいました。

かわいいダイコン!顔を描いてみた

かわいいダイコン!顔を描いてみた

 

 

 

 

 

 

 

 

産婦人科で、生まれてくる赤ちゃんをみていると、農作物と似ていると思います。

最初は種からはじまって、10か月かけてだんだんと大きくなってきます。

一例でも失敗作を作ってはいけないところが、人間ができるときの厳しさです。

  • 診療予約
  • 採用情報
  • ブログ
アクセスマップ

〒438-0002
静岡県磐田市大久保896-39

診療時間

9:00~12:00 15:00~18:00

水・土は午前のみ/日・祝は休診

アクセスマップ
ページの先頭へ
トップに
戻る