このページは、共通のメニューを読み飛ばすことができます。直接本文をご覧になるかたは「このページの情報へ」というリンクをクリックしてください。
サイト共通のメニューへ
このページの情報へ

院長ブログ

春はあけぼの

春はあけぼの   春は眠い。

日差しが明るくなって、ぽかぽかと心地よい気温になると 猫のようにうっかりうたた寝をしてしまいそう。

気候が温和になると自律神経のうち、副交感神経が優位になって、眠りが誘発されるのだそうです。

産科医をしている私の場合、夜勤の寝不足が、その眠気に拍車をかけます。

以前 総合病院で仕事をしていた時は、とくにいろいろな夜間の救急が来るのですが 軽症から重症までいろいろありました。

命にかかわる重症の場合、アドレナリン全開で戦闘モードですが、

命にかかわらない、軽症の場合は終わると(サッサと寝たい)、と思ってしまいます。

nebusoku

 

以前私の先輩の医師が当直していたときのこと。

夜中の2時すぎに、高校生の女の子がパジャマを着たまま病院にやってきた。

 

夜間の救急診察を希望して彼氏と病院の救急室にやってきたそうです。

ねぼけ眼で問診すると、セックスの最中にコンドームがはずれて、中に入ってしまったという。

(そんな診察さっさと終わらせて早く寝よう)と最初は寝ぼけモードだったその医師でしたが

膣鏡で膣の中に消えてしまったはずのコンドームが見つからないのです。

その先生もだんだんと目がさえて真剣になってきました。

(おかしいなあ、どこにもないぞ)

だんだんと冷や汗が出てきて、意識が覚醒してきました。

すると突然

「あったあ!」

と女子高生が、すっとんきょうな声を上げたのです。

彼女の花柄のパジャマのお尻の部分にぺったりとつぶれたコンドームが張り付いていた。

頭から湯気が上がるほど腹が立った その医者は、

怒りのために、それから朝まで一睡もできなかったそうです。

  • 診療予約
  • 採用情報
  • ブログ
アクセスマップ

〒438-0002
静岡県磐田市大久保896-39

診療時間

9:00~12:00 15:00~18:00

水・土は午前のみ/日・祝は休診

アクセスマップ
ページの先頭へ
トップに
戻る