このページは、共通のメニューを読み飛ばすことができます。直接本文をご覧になるかたは「このページの情報へ」というリンクをクリックしてください。
サイト共通のメニューへ
このページの情報へ

院長ブログ

イソジン

バレンタインデーといえば、チョコレート。

チョッコレイト 、チョッコレイトの「チョコレートは明治

明治と言えば・・・イソジン

イソジン

イソジン

この時期うがい薬がよく売れますが

うがい薬で有名な明治の製品といえば「イソジン」です

うがいをしているカバくんで有名です。

カバくんといえば・・・

カバくんといえば・・・

この「イソジン」の製品が今年、明治からなくなってしまうのだそうです。

(他社の扱いになる予定で、その他社が、同じカバのイラストを使おうとしたために、使用差し止めの仮処分申請を裁判所に出したという、最近のニュースがありました)
明治のイソジンは、成分名をポビドンヨードと言いますが、病院ではよく使われる消毒薬です。

殺菌能力が高く、かつ人体への毒性が低い。

茶色い色と独特の臭気があるのが特徴ですが、手術前の消毒などでも使用されます。

イソジンの色は

チョコレート色に見えなくもないですが、ソースのようにも見えませんか?

昔、私がインドネシア滞在中に、病院で帝王切開の手術を見学したことがあります。

インドネシアでも、手術前の皮膚の消毒はイソジンで行うのですが、薬液の濃度が濃いのか、

私の目には「焼き鳥のタレ」のように見えました。

私が手術をしているドクターたちに、

「この消毒って、サテ・アヤム(焼き鳥)のタレみたいだよね」

と言ったら、大爆笑になりました。

wikipediaより

wikipediaより

冗談好きなインドネシア人ですが、手術の時も冗談には敏感です。

冗談いいながら、ちゃんと手も動いて手術してました。

 

 

 

 

 

 

 

  • 診療予約
  • 採用情報
  • ブログ
アクセスマップ

〒438-0002
静岡県磐田市大久保896-39

診療時間

9:00~12:00 15:00~18:00

水・土は午前のみ/日・祝は休診

アクセスマップ
ページの先頭へ
トップに
戻る