このページは、共通のメニューを読み飛ばすことができます。直接本文をご覧になるかたは「このページの情報へ」というリンクをクリックしてください。
サイト共通のメニューへ
このページの情報へ

院長ブログ

私のサイズは「異常」

小頭症を起こすジカ熱という感染症が、南半球を中心に流行しています。

妊婦が感染すると、小頭症の新生児が増えるのではないかとWHOが報告しています。

小頭症とは病的に小さい頭の子供ですが、蚊によって媒介されるこのウイルスは、

冬季の間は日本での流行はなさそうです。
妊娠中、胎児の頭の大きさは常に測りますが、今の日本の妊婦健診では

「頭のサイズが大きい」と言われて心配している妊婦のほうが圧倒的に多いのです。

妊娠30週前後に、胎児の頭のサイズが大きく見える(+1.5SD(標準偏差)以上の)人で結果が正常だった人は結構多いのです。

医者の頭の中で考えている(ちょっと大きめかな)と思ってつぶやいた「大きい」は

妊婦にとっては「病的に大きい」と聞こえているので、
他の産科で「頭が大きい」と聞かされて「産むのが大変」と自分で結論づけている妊婦も多い。

なので、私はうかつに「大きい」とか「小さい」とか、健診中にあまり言わないようにしています。

異常ですか、正常ですか」と聞かれて、正常とも異常とも言えない、ことは多いのです。

結局、話を聞いた人が「心配するか、しないか」を基準に決めることになります。

 

もったいないので、ランニングシューズの底だけ貼り替えたいんだが・・・

もったいないのでランニングシューズの底だけ貼り替えたいんだが・・・
サイズは28.5㎝

医学的に「正常範囲からはずれている」のは正規分布の集団の、

標準偏差1.5倍より外側(集団全体の平均をはさんだ90%の部分より外側)のところをさします。

「母集団から大きく外れている」ことが異常とするなら、私は異常です。

先日新しく、靴を買いに行った所、私の足のサイズ(28.5㎝)に適合する希望のトレッキングシューズは

店に置いてなく、ほしいブランドでは大きいサイズを作ってなく、取り寄せもできないことがわかりました。

靴や服探しでは、本当に苦労しています。

ネットで注文したこともありますが、履いてみて、足幅のサイズが合わなかったりして、返品しましたが

手続き面倒で、、ネットでの靴購入はやめようと思いました。

店舗ではためしに履けますが、自分のサイズがなかなか見当たらない。

身長も靴のサイズも、私は日本人全体の正規分布の標準偏差プラス1.5倍から外れています。

自分の足が「異常に」大きいことを思い知らされます。

 

 

 

 

 

 

  • 診療予約
  • 採用情報
  • ブログ
アクセスマップ

〒438-0002
静岡県磐田市大久保896-39

診療時間

9:00~12:00 15:00~18:00

水・土は午前のみ/日・祝は休診

アクセスマップ
ページの先頭へ
トップに
戻る