このページは、共通のメニューを読み飛ばすことができます。直接本文をご覧になるかたは「このページの情報へ」というリンクをクリックしてください。
サイト共通のメニューへ
このページの情報へ

院長ブログ

こむら返り

高校の頃、寒い冬の日、体育の授業で久しぶりのサッカー。

ぼくは走り出した途端に、足のこむらがえりが起こり

その場にへたり込んでしまいました。

「あっ あーっ」

痛くて動けず、唸っている自分に、やさしい体育の教師(♂)がマッサージをしてくれ動けるようになりましたが、

運動場の真ん中でへたり込んでた、あの情けない自分の姿は、いまだに忘れません。

さて、こむらがえり腓腹筋の痙攣ともいわれ、スポーツをはじめたばかりの人によく起こります。

 hirabe

マグネシウムとカルシウムのバランスの崩れや、末梢神経の異常興奮が原因とされています。

 妊娠中の女性にもこむら返りがよく起こります。しかもなぜか妊娠中期に多い

「人生 初のこむら返りでした」と教えてくれた妊婦もいます。

分娩の時に力を入れすぎて、足がつってしまう人もいます。

漢方薬の芍薬甘草湯というのがとても良く効きます。筋肉へのカリウムの取り込みを助ける。

一般に漢方薬は「ゆっくり効く」と考えられていますが、これは即効性の漢方です。

スポーツ飲料や、足の温浴で筋肉を温めるのもいいでしょう。

寝る前のストレッチも効果があります。

足のつる場所には腓腹筋とヒラメ筋というのがあります。ヒラメ筋というのは文字通り、ヒラメみたいな形でくっついています。

hida 足がつるとき、魚のヒラメが膝の裏側でバタバタ暴れているところを想像します。

 

 

  • 診療予約
  • 採用情報
  • ブログ
アクセスマップ

〒438-0002
静岡県磐田市大久保896-39

診療時間

9:00~12:00 15:00~18:00

水・土は午前のみ/日・祝は休診

アクセスマップ
ページの先頭へ
トップに
戻る