このページは、共通のメニューを読み飛ばすことができます。直接本文をご覧になるかたは「このページの情報へ」というリンクをクリックしてください。
サイト共通のメニューへ
このページの情報へ

院長ブログ

性教育

少子化対策で、見落とされているところは、若い人の性の問題です。

10代の妊娠、いけないことですか? 

近世以前の社会では10代後半になれば、結婚し子供を作りはじめていました。

子供を持ちながら、社会参加できる世の中になることが大事かと思っています。

開業する以前、産婦人科医の私は、依頼があって、ある街の高校(私立の女子高)へ出かけていって 避妊と性教育の講演をしたことがあります。

妊娠すること、子供ができることの意味を話しました。

倫理性を問われる教師にとっては性に関する話題はタブーなので、ここは第三者が、なにか強いメッセージを伝えねば。

中絶の話のときに、実際に中絶で取り出された胎児の標本の写真を見せました。

生徒の間でキャーキャー言われながらも回覧されていきました。

これで話が終わってしまってはただのホラー教室になってしまうので、

妊娠、出産することの喜びと、なぜ中絶という方法を 選ばなければならなかったのか、ということについて時間をかけ説明しました。

でも、一緒に話を聞いていた学校の先生方には受けが悪かったかもしれない・・・ 無題

 

避妊ということを知ってもらう意味で一人に一つずつコンドームも配りました。

「えー?なにこれー?」という目で見ている子から

「ラッキー!」とつぶやいている子までいろいろあって 高校生の反応はいろいろだったのですが、

 

これも一歩間違えると、教育者たる高校の先生方のご機嫌を損ねかねないので、

私は笑顔で話しながらも内面ヒヤヒヤしていました。

10代の妊娠の増加、クラミジア感染症など いろいろ問題はあるにもかかわらず、

高校の先生方は見て見ぬふりをしようとしている・・・ という印象があったのですが、

話を聞いている高校生の表情を見ていると、 JKと言われ、テレビや雑誌で流れてくる世間ずれした高校生はほんと少数で、

大部分は素朴で、まだ異性と手をつないだこともないような、あどけない表情の少女が大半だったので

性教育は難しいと実感しました。

  • 診療予約
  • 採用情報
  • ブログ
アクセスマップ

〒438-0002
静岡県磐田市大久保896-39

診療時間

9:00~12:00 15:00~18:00

水・土は午前のみ/日・祝は休診

アクセスマップ
ページの先頭へ
トップに
戻る