このページは、共通のメニューを読み飛ばすことができます。直接本文をご覧になるかたは「このページの情報へ」というリンクをクリックしてください。
サイト共通のメニューへ
このページの情報へ

院長ブログ

薬と名前

「薬はジェネリックにしましょう」というテレビでのコマーシャルを聞いたことありますか。

ジェネリック医薬品とは、先に開発された薬と成分は同じだが、特許が切れて、他の会社が作り始めた医薬品のことです。

 

GUM06_PH08048

ジェネリックのは、先発の薬品と比べて安いので、主に政府や患者の保険を負担する団体から、採用するよう勧められています。

上記の人たちからは「処方する医者は、ジェネリックを出すように」と言ってきます。

安いほうがいいに決まっている、でしょう?

でもジェネリックの中には、同じ成分と言っていても、製法や添加物が微妙に違っていて、効果が十分でなかったり、副作用が出やすいものがあります。

処方する医者は、患者からの反応をみて、「このジェネリックはちょっと副作用が多い・・・」という製品があることを知っています。だから自分が良く知っているブランドの薬を使い続けることが多いのです。

昔は製薬会社から医師に宴席への接待などして優先的に使ってもらうような働きかけがありましたが、今はありません。

さて、ジェネリックの増えた現在、処方する私が困るのは、後発品の名前だけ聞いて、一般名(薬品の成分につけられている名称)がわかりにくいこと。

患者の持ってきた薬手帳をみて、「これなんだっけ?」と言いながら、薬の本で一般名を探していると、「この医者薬のこと知っているのか」と不安になるんじゃないでしょうか。

薬の名前、ときどき、面白い名前に出くわします。

サルブタモール(商品名ベネトリン、サルタノール)は気管支拡張剤として、業界ではよく知られた薬剤の一つ。

「サル」「ブタ」とか、名前だけ聞くとなんか笑えてきませんか?

再春館製薬というところから出ている「ドモホルンリンクル」という化粧品。

薬剤ではないけど、「モホ」とか「春」とか妙に淫靡な響きがありますね。

便秘には「サラリン」。わかりやすいですが、この他に「ヨーデル」という処方薬もあります。

製薬会社の人も、間違えることのないよう、苦労して命名したのでしょうが、実際医療の現場で使われている薬剤でも 変な名前の薬剤はいろいろあります。

ブスコパン」 お腹が痛いときに使われることのある薬剤。美人だろうと、そうでなかろうとこのクスリを使います。

ドブタミン

出血多量で、ほっておくと命にかかわるような場合、このクスリを使うことがあります。 血圧が下がってしまって、どうしようもない状態で

「おいっ!ドブだ!ドブをいってくれ!」

と焦った声でこの薬剤を使い始めるのですが、 治療している側としては、ドブの中を這いずり回るような絶望的な状態のことが多い。

エピネフリン」(商品名ボスミン) 恋をしたりしてコーフンしているときに体内でも分泌される 昇圧物質です。(アドレナリンともいわれます。)

ドラマミン」抗ヒスタミン剤ですが、退屈なドラマを見ているように眠くなります。

ホルモン系の薬剤にも変な名前がいくつかあります。 「メストラノール」(商品名デボシン)は「メス」に効きそうな女性ホルモンのクスリです。

オバホルモン」(一般名エストラジオール)というホルモン剤は いかにも更年期の女性にも効きそうなクスリですが実際使われます。

 

  • 診療予約
  • 採用情報
  • ブログ
アクセスマップ

〒438-0002
静岡県磐田市大久保896-39

診療時間

9:00~12:00 15:00~18:00

水・土は午前のみ/日・祝は休診

アクセスマップ
ページの先頭へ
トップに
戻る